静寂と共に漂う不穏な空気。ボロボロのバナナが頭部になった不気味な家族を描いた油彩絵画

Lin Shih Yungの描く世界はコミカルなものではなくどちらかと言えば不気味で不穏で不安になるような負のイメージが覆う作品です。

なぜ頭がバナナ?なぜ痛んでいるの?と謎だらけではありますが、バナナ本人達は意外に少し楽しそうにも見えますね。

克明に描かれておりシュールな要素は現代における家族を表現しているのでしょうか。

Lin Shih Yung









 
 
 

2013年10月30日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

享年30歳。飛び降り自殺した画家・深井克美の描く幻想世界... 深井克美(ふかいかつみ)という画家をご存知でしょうか?30歳(1948年~1978年)という若さで亡くなられた函館生まれの画家です。 14歳の時、結核に感染し当時としては難病である脊椎カリエス(肺からの結核菌(けっかくきん)が血行性に運ばれて発症する結核性脊椎炎 出典:goo)を患っていま...
【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵... イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害(多重人格)です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。 ...
豊かなイマジネーションの世界。ポーランドの画家Jacek Yerkaが描くのシュールレアリスム絵画... ポーランド出身の画家Jacek Yerka(ヤチェク・イェルカ)の作品はルネ・マグリットやサルバドール・ダリを彷彿とさせるシュールレアリスム絵画です。 イマジネーション溢れる不思議な風景や生き物と都市、住居などを融合させた絵を描いています。こんな世界があるなら行ってみたいと思えるようなファンタ...
まるで宇宙。石を描いているのに石には見えない超リアルな絵画... 1947年に生まれアメリカのメイン州の画家Alan Mageeはアクリル絵の具と油絵の具でかなりリアルな石の絵を描きます。リアルなことにも驚きなのですが、描かれた石の構成が素晴らしい。 明らかに、ただの石ではなく、1つ1つの石が惑星や宇宙の一部分かのような神秘的なものを感じさせます。石の表面に...
懐かしさ漂う奇妙な世界。虎をモチーフにした絵画など多彩に活躍したタイガー立石... 立石大河亞、タイガー立石(TATEISHI Tiger)(1941-1998)は名前にも「タイガー」、「大河亞」と入っていたり、画集もそれにちなんで「TRA(トラ)」と名付けるなど、生涯を通して虎を描き続けました。 描かれたのはただの虎ではなく、紐になった形態やロボットのような一風変わったシュ...
【6選】繊細緻密な絵画の世界。奇跡のリアリズムとも言うべき日本の写実画家達の作品... 日本の写実画家の作品をご紹介します。当サイトではスーパーリアリズム、フォトリアリズムを多く紹介してきましたが、こちらも同様にリアルに描かれていますが、写真を用いて対象を克明に描写するフォトリアリズムとは違い、画家自身がモチーフ、女性や対象と向き合いそれぞれの解釈で描いています。 描かれた画面か...
     

SNSで更新情報を配信中!!