「死」の象徴。頭蓋骨をモチーフにした現代アート作品まとめ

これらの作品は「死」の象徴である頭蓋骨をモチーフにした現代アートです。アートや芸術の世界だけでなく「生」と「死」を創作活動のテーマとすることは世界でもとてもポピュラーな手法ですね。現代アートの世界でも多くの有名なアーティストが頭蓋骨というモチーフを通じて「生」と「死」を表現しています。どのような素材を用いて、どのような表現を駆使しているか、各アーティストによって違いがあるので、その違いを楽しめると思います。






1.ダミアン・ハースト(Damien Hirst)

ホルマリン漬けの鮫や真っ二つの羊など、グロテスクな立体作品やインスタレーションが有名ですね。こちらは本物のダイヤ120億を使った超豪華な作品です。2,156グラムのプラチナと8601個のダイヤモンドが使われています。立体作品としてだけでなくプリントしたものも作品化しています。

2.ガブリエル・オロスコ(Gabriel Orozco)

当サイトでもご紹介したメキシコ生まれのインスタレーション・アーティスト、ガブリエル・オロスコ(Gabriel Orozco)さんの「Black Kites」(1997)という作品です。ガブリエル・オロスコさんの制作の特徴として、日常的に氾濫している物に手を加えるという方法をとっており、こちらの作品も本物の頭骨に黒の市松模様を描いています。過度な演出はなくなるべく素材の味が表に出るようなテイストになっていますね。上記のダミアン・ハーストの作品と比較対象ともなる作品です。

3.スコット・キャンベル(Scott Campbell)

彼はアメリカの彫り師でもありアーティストであります。この作品は日本円にしておよそ約90万円分のドル紙幣を素材にして立方体を作り、頭蓋骨を削りだしています。「死」と「お金」というとても分かりやすいメッセージ性がありますね。他にも紙幣を使った作品を多く制作しています。

4.Haroshi

日本人のアーティストHaroshiさんの作品です。何枚ものスケートボードを重ね1つの塊としてから立体物を作り上げます。この頭蓋骨の作品だけでなく様々な立体作品を制作しています。この作品単体には特に意味はないかもしれません。バリエーションの1つとして制作されたのかもしれせんね。しかしスケートボードという特殊な素材が「死」をファション的に捉えているように見えます。他にはリンゴや腕やスニーカー、マリオなどをスケートボードから制作しています。

5.Subodh Gupta(スボード・グプタ)

インド生まれでニューデリー在住のSubodh Gupta(ストスポド・ガプタ)さんの巨大な立体作品です。鍋やポットなどのステンレスからできている台所用品を用いています。総重量は1t近くあるそうです。インドでは身近な日用品であるステンレス食器を使うことで巨大な人口、庶民生活の近代化・工業化のもつエネルギーを伝えています。

6.Dimitri Tsykalov(ストスポド・ガプタ)

こちらはロシア人アーティストDimitri Tsykalovさんの作品です。果物、野菜を使って頭骨型を作り写真として表現しています。動物や飢餓、食糧の廃棄など、環境に対してのメッセージを発しています。他には生肉を武器に見立てた写真作品などが有名です。






7.青木克世(Katsuyo Aoki)

青木克世(Katsuyo Aoki)さんの陶芸作品です。青木克世(Katsuyo Aoki)さんの特徴は繊細で緻密な装飾に加え、陶芸作品特有の「白」の艶やかで堅牢な表現ではないでしょうか。静謐で緊張感ある造形はファッション性など微塵も感じられないほどです。こちらで制作過程をご覧頂けます→マガジンワールド|ブルータス -BRUTUS-

8.Jacky Tsai

ロンドンを拠点に活動するアーティストです。彼は立体・平面の両方向からのアプローチしています。レザーの造花を密集させた立体物「Floral Skullptures」や平面作品などファッショナブルな作風が特徴ですね。イギリスの有名百貨店ハーヴェイ・ニコルズで展示しています。ファッションへの傾倒が強く、自身の作品がプリントしてあるバッグやシャツなどのオリジナルグッズを販売しています。

9.jim

ロープや紐を使った頭蓋骨作品を制作することで有名なアーティストです。このかたの場合は制作のモチーフを頭蓋骨だけに絞り込んでいます。土着的、呪術的でどこか不気味な雰囲気が漂う作風が特徴的ですね。

9.Joshua Harker

3Dプリンターという最新の技術を使って頭蓋骨をモチーフにした繊細な立体作品を制作しています。サイズは小さく手技では無理な細かい模様が施されています。

関連の記事はこちら

【1】これが現代アート!?James Hoffga落書きのようなドローイング作品
【2】芸術家・画家を目指す方におススメしたいとても参考になるテキスト【10選】
【3】木の記憶をブランド品の紙袋の中に。照屋勇賢のアート作品「告知―森」
【4】遊んでみたい!?骸骨たちが重なり合う不気味なジャングルジム
【5】珊瑚を素材にして作られた骨格標本






現代アートとは何か
現代アートとは何か

posted with amazlet at 19.07.18
小崎哲哉
河出書房新社
売り上げランキング: 27,768
めくるめく現代アート イラストで楽しむ世界の作家とキーワード
筧菜奈子
フィルムアート社 (2016-02-18)
売り上げランキング: 25,664
巨大化する現代アートビジネス
ダニエル グラネ カトリーヌ ラムール 宮津 大輔
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 149,304
アートとは何か: 芸術の存在論と目的論
アーサー・C. ダントー
人文書院
売り上げランキング: 19,070

 
 
 

2013年11月3日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...
ムカデ人間!?人体のパーツが重なりあう不気味な陶芸作品... イタリア、ミラノのアーティストAlessandro Boezioさんの作品です。手や足の指や下半身を複数組み合わせた芸術的な陶芸作品を制作しています。 重なり、連なる下半身や手のひらはムカデなどの節足動物を想起させ、とても不気味に感じさせます。話題となったム・シックス監督のホラー映画「ムカデ人...
空間にさりげなく溶け込んだ植物。草花をモチーフにした木彫作品があまりにリアルで繊細。... 彫刻家・須田悦弘さんの木彫作品をご紹介します。須田悦弘さんは植物をモチーフに木を彫り着色することでリアルなまるで本物のような彫刻作品を制作しています。 展示方法も独特で展示されている作品と思えないほど、何気なく会場に佇んでいます。それはまるで本物の植物のようです。 もちろん近くにはキャプ...
悪夢が形となったような芸術。朽ちた木からミイラが出現する立体作品... こちらはスペインのアーティストJavier Perez(ハビエル・ペレス)の作品「Trans(formaciones) II」です。朽ちた木からミイラが這い出てきたような作品になっています。木の部分はブロンズ、ミイラの部分は動物の皮を加工して紙、羊皮紙や樹脂などが使われて制作されています。 一...
【剥製】蛇をグネグネに変形して制作された芸術作品... これらはイギリスのアーティストPolly Morgan(ポリー・モーガン)(1980-)の作品シリーズで、大理石や木材を台座にして制作されています。最初に見たときはリアルに作ってあるなって感心したんですが、剥製でした。意図的に変形させられたフォルムの良さに人為的なものを感じたせいかもしれません。造形...
「再利用」や「生命」、「人間」などテーマ。ゴミ袋を使って作られるアート作品... こちらはパキスタン出身、ニューヨーク在住のアーティストKhalil Chishti(1964-)のインスタレーション作品です。 このアーティストは未使用のレジ袋やゴミ袋を使って等身大のフィギュア(人型)を作っています。「再利用」「生命」「人間」などテーマにこういった作品制作をしています。 ...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る