黒澤明監督の直筆絵コンテ。実際の映画のシーンと比較した画像がとても興味深い


黒澤明監督は自分で絵コンテを描くことで有名ですね。晩年の作品「影武者」と「夢」、「乱」、「八月の狂詩曲」の絵コンテと実際に映像化された静止画を比較した画像をご紹介します。若い頃は画家を志していたこともあったそうです。

実際の映画のシーンを見てみるとかなり忠実に再現しています。映画作りの支柱としてこれらの絵が大きな役割を担っていることが分かりますね。以下は黒澤明監督の言葉です。

「画コンテを描く時、随分、いろんな事を考える。その場所のセッティング、その場面に出る人物の心理や感情、その人達の動き。それを掴まえるキャメラ・アングル、光線の状態、衣裳や小道具、そう云ういろんな事を具体的に考えないと、その場面を画には描けない。
いや、それを考えるために画コンテを描くのだ、と云った方がいいかも知れない。私は、そうやって、映画の一つ一つの場面のイメージを眼に見える様にかため、ふくらませ、しっかり掴んで、それから映画の撮影に臨む。
しかし、どうもこの作業は、シナリオを書く時から、私の頭の中で始まっているらしく、書き損なった原稿用紙の裏にいろんな画が描いてあるのを時々見つけることがある」






映画「影武者」

映画「影武者」

映画「乱」

映画「乱」






映画「夢」

映画「夢」

映画「夢」

映画「八月の狂詩曲」






 
 
 

2013年11月1日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

遺伝子が覚醒した大男に隠された真実とは・・・ホラー・サスペンス映画「ウェア -破滅-」が12月6日(... 12月6日(金)まで公開されている「パラノーマル・アクティビティ」シリーズの製作陣が新たに贈る、最新作の映画「ウェア -破滅-」のご紹介。この映画、 ホラー、パニック、スリラーの分野で過去にも次々と世界中を恐怖に巻き込み、異彩を放つ鬼才たちによる新作だけを集めた「遺伝子震撼!!映画まつり」で上映され...
期待に胸が高鳴る。ナチスドイツの禁断の人体実験を描いた「武器人間」の予告編が公開!!... 「武器人間」の予告編が公開されました!ナチスドイツが禁断の人体実験を行っていたという設定で描かれる、アクションホラー「武器人間」ですが、なんと予告編のナレーションは「ドラえもん」の大山のぶ代です。なんとうギャップ(笑)道具のように紹介される予告動画に凄まじいセンスを感じますね。この「武器人間...
新デザインのエイリアン、巨大宇宙船などが掲載された続編映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」... 「インデペンデンス・デイ」は1996年に公開されたローランド・エメリッヒ監督、ウィル・スミス主演のアメリカのSF映画ですね。その「インデペンデンス・デイ」の続編映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(2016年7月9日全国ロードショー)の公式アート&メイキングブック「アート&メイキン...
脳味噌が胎児。映画「プロメテウス」ポスターの意味深なデザイン... リドリー・スコット監督による2012年のアメリカのSF映画である「プロメテウス(Prometheus)」をテーマにした映画ポスターです。脳味噌が胎児になっていて、よく見ると近くにエイリアンもいて、臓器や気管、船室を思わせるようなフォルムなどが多く描かれており、意味深なデザインになっています。...
【必見】巨匠ホドロフスキーの特集上映!!「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」など全6作が上映... アレハンドロ・ホドロフスキー監督の待望の最新作である「エンドレス・ポエトリー」の上映を記念して、過去の作品である「エル・トポ」、「ホドロフスキー監督インタビュー映像」(約30分)、「ホーリー・マウンテン」、「エンドレス・ポエトリー」メイキング映像(約30分)、「サンタ・サングレ/聖なる血」、「ホドロ...
【予告編】奇想天外な大傑作「快楽の園」に迫るドキュメンタリー映画「謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス」... ヒエロニムス・ボスの傑作「快楽の園」とボス自身に迫ったドキュメンタリー映画「謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス」が12月シアター・イメージフォーラムほか全国で順次ロードショーされます。生年月日不明、現存する作品は25点のみという謎に包まれた画家ヒエロニムス・ボスの「快楽の園」は、スペインのマド...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る