猫

鋭い観察眼とデッサン力。画家・藤田嗣治が描いた猫たち

藤田嗣治(ふじた つぐはる)(洗礼名:Léonard Foujita)(1886〜1968)の絵画作品をご紹介します。

モディリアーニらとともにエコール・ド・パリの代表的画家として活躍した藤田嗣治(Léonard Foujita)は日本画の技法を油彩画に取り入れながら、独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などは西洋画壇の絶賛を浴びました。

「裸婦と猫の画家」と言われるほど、猫と女を得意なテーマとしていました。上の画像は1940年に描かれた「猫 争闘」(東京国立近代美術館蔵)という作品です。躍動的で表情豊かな猫が描かれています。他にも多くの猫たちが描かれていますのでご覧下さい。

藤田に寄り添うように描かれた猫や、猫同士でじゃれ合う姿など、生き生きとした猫が描かれています。

2015年にはオダギリジョー主演、小栗康平監督によって藤田嗣治を描いた映画も公開されましたね。ご存知の方も多いと思います。






猫と一緒に描かれた自画像

すべての画像を見る






藤田嗣治画文集 「猫の本」
藤田嗣治画文集 「猫の本」

 
 
 

2013年11月5日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

やはり秀逸!!猫のフワフワ感を「にじみ」で描くアーティストの水彩絵画... 以前、猫をモチーフにしたセルビアのアーティストEndre Penovácは水彩画を紹介しましたが、新作の水彩画も引き続き素晴らしいことになっています。 やはり、猫の毛先やフワフワ感がとても巧く表現されていますね。素敵!!水彩絵の具とブラックインクを使って描いています。新作では、ネコだけでなく、...
【猫】蜘蛛を狙うネコを描いた日本画家・大出東皐... 江戸後期から明治時代に活動した大出東皐(おおいでとうこう)(1841–1905)の「猫と蜘蛛」というメトロポリタン美術館に所蔵されている作品です。 首輪がとてもおしゃれです。真剣な緊張感ある表情がとても秀逸ですね。次の行動が凄く気になります。 ...
【超写実的】光と影が美しい。鉛筆で描かれた超リアルな絵画作品... 真っ暗な暗闇から人物が浮き出るように出現する絵を描く、イタリア、バロック絵画の巨匠ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョはとても有名ですね。国立西洋美術館でもカラヴァッジョ展が開催され一躍話題となったことは記憶に新しいと思います。 【傑作約10点】イタリアの天才画家カラヴァッジョの作品が...
【ネコ写真】通称「穏やかな巨人」。メインクーン(Maine Coon)の睨み顔を捉えた猫ポートレイト... フォトグラファーRobert Sijkaは通称「ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」として知られる猫「Maine Coon(メインクーン)(品種名)」たちを撮影しました。 「メインクーン」は長毛種でペットとして愛される猫の中でも大きな品種で、体調は約100cm、体重は約6〜10キロにまで成...
【10/12〜】日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊で開催... 10/12(月・祝)〜10/18(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊にて開催されます。 前回、開催された個展では赤々とした龍たちが黄色い線光は火花のように描かれていました。迫力ある画面と線描がとても印象的でした。 今回は、向日葵がモチーフとなっており、龍の力強さ...
女性の何気ない美しさ。伊勢生まれの女流画家・伊藤小坡の描いた日常生活の中の美人達... 三重県は伊勢生まれの日本画家、伊藤小坡(いとうしょうは)(1877-1968)の作品をご紹介。直下の作品は1916年に描かれた「つづきもの」という作品です。釜や手ぬぐい、新聞、こんなに生活感溢れる環境でありながら細やかな観察眼で繊細でおくゆかしい女性が描かれていることに驚きます。 自身の家族や...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る