猫

鋭い観察眼とデッサン力。画家・藤田嗣治が描いた猫たち


藤田嗣治(ふじた つぐはる)(洗礼名:Léonard Foujita)(1886〜1968)の絵画作品をご紹介します。

モディリアーニらとともにエコール・ド・パリの代表的画家として活躍した藤田嗣治(Léonard Foujita)は日本画の技法を油彩画に取り入れながら、独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などは西洋画壇の絶賛を浴びました。

「裸婦と猫の画家」と言われるほど、猫と女を得意なテーマとしていました。上の画像は1940年に描かれた「猫 争闘」(東京国立近代美術館蔵)という作品です。躍動的で表情豊かな猫が描かれています。他にも多くの猫たちが描かれていますのでご覧下さい。

藤田に寄り添うように描かれた猫や、猫同士でじゃれ合う姿など、生き生きとした猫が描かれています。

2015年にはオダギリジョー主演、小栗康平監督によって藤田嗣治を描いた映画も公開されましたね。ご存知の方も多いと思います。






猫と一緒に描かれた自画像

すべての画像を見る






藤田嗣治画文集 「猫の本」
藤田嗣治画文集 「猫の本」

 
 
 

2013年11月5日に投稿された記事を再編集しています。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る