【薬物】芸術家が実験台に。LSDを投与しながら描いた絵の結果が興味深い

注意
薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。
当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。
The use and possession of drugs is strictly prohibited by law.
This article is not intended to promote, but is an article that appeals to danger.

危険ドラッグやマリファナ、ヘロイン、覚せい剤、LSD、など、世の中には薬物があり、それらの服用した事件や犯罪が世界各国で多発していますね。本当に怖いです。

今回、ご紹介するこれらの9つのドローイングはある芸術家がLSDの影響下で描いた変化の過程を記録したものです。描かれているモデルとなった人物は彼の担当の医師だそうです。薬物の怖さが分かるとても恐ろしい実験結果となっています。

本記事は薬物の危険性を訴える実験結果を紹介したものであり、薬物摂取を推奨した記事ではありません。ダメ。ゼッタイ!!!

こちらもおすすめです。⇒⇒⇒統合失調症を発症したイラストレーター、ルイス・ウェインの作品変遷が凄まじい。






50ug。投与20分後。患者は木炭で描画をすることを選択します。頬や額の骨格が意識され描かれていますね。画家らしいです。

50ug+50ug。投与85分後。線が錯乱していますね。

投与2時間30分後。身体が活発になり色彩が鮮やかに見えたそうです。眼鏡の形が三角に。

投与2時間32分後。再度描き直したもの。2分後なのにさらに酷くなっています。

投与2時間35分後。一筆描きに近い線ですね。芸術家は笑い始め、床にあるものに驚いている様子。






投与2時間45分後。ヘンな言葉を口ずさみ、木炭から絵の具で描くことに変更しています。もはや顔とは思えないですね。一気に爆発。

投与4時間25分後。2時間睡眠し、描画材を水彩絵の具に変更。顔らしきものが見えますね。

投与5時間45分後。水彩絵の具からクレヨンに変更。

投与8時間後。幻覚が減ったと本人から報告。最後に「帰りたい」とつぶやいたそうです。お疲れさまでした。

一覧で見てみると・・・。4枚目あたりから異質なものを感じますね。6枚目でマックスパワーに。






ドラッグ・内面への旅―インドの阿片・LSDから幻覚性茸・覚醒剤までドラッグ・内面への旅―インドの阿片・LSDから幻覚性茸・覚醒剤まで
真中 史雄

電子本ピコ第三書館販売
売り上げランキング : 232211

Amazonで詳しく見る

アシッド・ドリームズ―CIA、LSD、ヒッピー革命アシッド・ドリームズ―CIA、LSD、ヒッピー革命
マーティン A.リー,ブルース・シュレイン,越智 道雄

電子本ピコ第三書館販売
売り上げランキング : 494762

Amazonで詳しく見る

 
 
 

2013年11月18日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【薬物】LSDを摂取した女性が描いた自画像... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
【絵を描く】驚くべき進歩。上達の過程を年齢別に比較した画像に愕然... 絵の上達ぶりを年齢で追った画像を紹介。まさに見張る上達ぶり。それぞれで上達の過程や段階などはもちろん違いますが、好きで描き、惜しみない努力と苦労があったことは結果を見ればわかりますね。 結果と過程を見るとその年代でどんな作品が好きになって、どんな作品に影響されたのかがわかります。ただ上手になる...
ダリにピカソ、クリムトなど。巨匠芸術家が親しい人に手描きで書いた手紙... 巨匠芸術家が書いた手紙をご紹介します。とても珍しいものばかりです。 今では手紙を書く機会がめっきり減りましたね。用事があれば電話やEメールなどで済ませてしまうことが多くなりました。昔の人々は今に比べたら手紙を書くことは多かったでしょう。 ここで紹介する手紙は言葉だけでなくアイデアスケッチ...
なんというコラボ!!3歳の女の子が描いた絵にお母さんが加筆するとこうなる・・・... 子どもの描く絵は自由でなにものにとらわれていないのびのびとした絵がとても魅力的ですね。カナダ人アーティストRuth Oostermanは自身の3歳の娘イブちゃんの描いた絵に加筆することで作品化しているようです。 左がイブちゃんが描いた絵、右がRuth Oostermanがさらに描いた絵となって...
コカインやLSDなど。20種類の薬物を毎日使い続けて描いたデザイナーの自画像... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
不気味でゾッとする。「死」を描いたポーランドの画家ベクシンスキーの独自世界... 不気味さと特有の世界観などからネットでは「見たら死ぬ」、「見ただけで呪われる」などと言われることがあるポーランド南東のサノク出身ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński)(1929-2005)は、主に「死」をテーマとした絵画作品を多く残しています。 曽祖父は1863年に...
     

SNSで更新情報を配信中!!