皮膚感覚的グロテスク。身体を抜け殻のような脱皮した姿で表現した彫刻作品


イタリア出身のFrancesco Albano(フランツェスコ・アルバナ)(1976生まれ)の立体作品をご紹介します。このアーティストはまるで身体が脱皮したかのような彫刻作品を制作しています。

表面の質感がとてもリアルで生々しいものを感じますね。多少グロテスクなので耐性のない方はご遠慮下さい。

Francesco Albano(フランツェスコ・アルバナ)はこれらの作品以外にも、ドローイングや写真、映像作品なども制作しており、どの作品も骨や皮膚、人体の一部分をモチーフとして、社会的圧力と心理的暴力に焦点を当てたテーマを元に制作しています。

francesco albano











すべての画像を見る






彫刻の解剖学―ドナテッロからカノーヴァへ (イメージの探検学)

彫刻の解剖学―ドナテッロからカノーヴァへ (イメージの探検学)彫刻の解剖学―ドナテッロからカノーヴァへ (イメージの探検学)
諸川 春樹,喜多村 明里,足達 薫,金井 直,金山 弘昌,松浦 弘明

ありな書房
売り上げランキング : 284011

Amazonで詳しく見る

世界の彫刻 1000の偉業

世界の彫刻 1000の偉業世界の彫刻 1000の偉業
ジョゼフ マンカ,セーラ コステロ,パトリック ベード,籾山 昌夫

二玄社
売り上げランキング : 479573

Amazonで詳しく見る

 
 
 

2013年11月22日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...
これ食べられないの!?ガラスや磁器で作られたスイーツがスーパーリアル... ガラスアーティストのShayna Leib(シェイナ・ライブ)は磁器とガラスの要素を組み合わせて、まるで本物のような超リアルなスイーツ作品「PÂTISSERIE」シリーズを制作しました。 本当にスイーツに見えるだけでなく、美味しそうなので、そっちにもビックリ。チョコレートの光沢やゼリーの透明感...
超絶技巧。細密な装飾が施された植物をモチーフにした陶芸作品... アーティストHitomi Hosonoさんの陶芸作品がとても素晴らしいです。植物をモチーフに1つ1つの葉や花びらに命を吹き込むかのごとく装飾され、まるで本物のような存在感があります。塊からこれらの装飾を作っているのではなく、それぞれのパーツを作り、つなぎ合わせることで、全体の有機的なフォルムを作り出...
溢れる生命感。海洋生物の標本アートを制作する芸術家Steffen Damの作品... デンマークの芸術家Steffen Damは、子どもの頃に祖父母の昆虫や科学的な書籍のコレクションに触れることがとても大好きだったようで、現在制作される多くの作品もその影響下にあるようです。 クラゲや海洋生物の標本をアートとして制作しており、そのガラスで制作された標本の中には気泡も一緒に閉じ込め...
かなりリアル!!香港の九龍市に実在するボロボロのアパートビルをモチーフにしたミニチュア作品... 南オーストラリアのノーウッドに拠点を置くアーティストJoshua Smith(ジョシュア・スミス)の作るミニチュア作品は、「23 Temple Street」は香港の九龍市に実在するアパートブロックがモチーフとなっていて、劣化した壁の風合いや看板にグラフィティ、佇まいまでも、本物をそのまま小さくした...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る