【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵

イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。

Kim Nobleは14歳から20年間にわたり、入退院を繰り返し、2005年頃から介護人の提案で絵を描き始めます。Kim Nobleの特異なところは人格ごとに全く異なる絵を描くということです。それぞれの人格が描き始めて、約1年ほどで、個展を開くほど精力的に絵を描いています。

ここでその人格ごとに描かれる絵をご紹介します。だいたい12〜20人くらいの人格が入れ替わるそうで、名前の本名の「Kim Noble(キム・ノーブル)」という人格は存在しないそうです。映画いているのは主に13人で、13人のアーティストがそれぞれ独自のスタイル、色、テーマを持っています。

主人格である「パトリシア(Patricia)」は最近現れた人格で自身の娘(エイミー)を生んだ記憶もないそうです。生んだ際の人格は「ドーン(Dawn)」です。かなり複雑に人格が入れ替わっているようですね。そんな状況が絵にも現れているようにも思えます。

精神分析学のV・シナソン博士によると多重人格の大きな原因の一つは身体的、性的、精神的な虐待であることが分かってきたそう。幼い頃、虐待などの辛い体験が続くと、それを経験しているのは自分ではなく別の存在であると思うようになります。多重人格は自分の中に痛みや苦しみを担う他者を作り出すことで本来の自分を守る仕組みだと考えられています。キムの場合、その身を守るため20通りの人格を生み出すことが必要だったのだと思われるそう。

1枚の作品として多重人格である事を言わなければ、パトリシアの人格の時の絵やアノンの時の絵においては「現代美術作家の作品」にも見えてもおかしくなかったかもしれませんが、一番彼女の心理的な状態が明確に伝わるのが、リア・プラットの時の絵だったのかもしれません。 

彼女がどのような環境で育ったかは分かりませんが、美術作家というよりは一人の人間としての作品という印象がとても強い「リア・プラット」の体験的な絵には、なんだか彼女がされた体験に基づいているような光景に見え、かつての忌まわしい記憶を訴えたかった手段として絵画があったのではないかと、そう感じました。

彼女のような多重人格者ではなくても若者に多く見られる「自分とは何か」という疑問を抱く自己の喪失の事を「アイデンティティークライシス」【identity crisis】と呼ぶようですが、美術における表現のインプットアウトプットと心理的な側面がこんなにも近しく、切っても切れないものであることや自分という人間がいかに脆弱で繊細なものか考えさせられます。

自分という人間は1人しかいないという事が、全ての人において「当たり前に通用する」とは限らないという事をまざまざと感じる作品群です。






パトリシア(Patricia)

エイミーが母と呼んでいる日常生活を切り盛りする人格で20の人格の代表
多重人格者の絵「パトリシア(Patricia)」

リア プラット(Ria Pratt)

人物らしきシルエットが描かれていますが、幼児を虐待しているかのような光景や、血が飛び散っているなどかなりショッキングな内容となっています。実体験なのか、何かしらに影響を受けたのか、人物の配置などリアリティがあります。
多重人格者の絵「リア プラット(Ria Pratt)」

多重人格者の絵「リア プラット(Ria Pratt)」

多重人格者の絵「リア プラット(Ria Pratt)」

多重人格者の絵「リア プラット(Ria Pratt)」

多重人格者の絵「リア プラット(Ria Pratt)」

多重人格者の絵「リア プラット(Ria Pratt)」

アビ(Abi)

作品は表現的に洗練されている印象はあります。意図的な構図や人物描写など、とても上手ですね。以下に作品が多く掲載されていますのでご覧ください。こちら⇨Abi – Kim Noble
多重人格者の絵「アビ(Abi)」

アノン(Anon)

多重人格者の絵「アノン(Anon)」

ボニー(Bonny)

多重人格者の絵「アノン(Anon)」






ドーン(Dawn)

多重人格者の絵「ドーン(Dawn」

ケイ(Key)

文字と記号で構成されています。中心に人型が配置され、その周りを囲むように象徴的な記号が描かれています。矢印が中心に向かって指されています。
多重人格者の絵「ケイ(Key)」

ジュディー(Judy)

人格年齢は15歳の少女。シンメトリーの構図を多用しています。性格となんらかの関係があるのでしょうか。
多重人格者の絵「ジュディー(Judy)」

多重人格者の絵「ジュディー(Judy)」

カレン(aren)

多重人格者の絵「カレン(aren)」

多重人格者の絵「カレン(aren)」

ケン(Ken)

多重人格者の絵「ケン(Ken)」

ミミ(Mimi)

多重人格者の絵「ミミ(Mimi)」

MJ(Missy)(ミッシー)

描き殴ったような跡や、首を吊っているような人物が描かれていたりとなかり闇画深そうな人物ですね。色も赤、白、黒とほぼ単色。感情的に描いているような感じさえ伺えます。
多重人格者の絵「MJ(Missy)(ミッシー)」

多重人格者の絵

スージー(Suzy)

多重人格者の絵「スージー(Suzy)」

他の人格

その他の人格が描いた絵。結構、特徴的な作品がありますね。描いている対象とかシチュエーションとか、何をテーマに描いたのかきになるところですね。

多重人格者の絵

多重人格者の絵

多重人格者の絵

VirtualGalleries Kim Noble & Co

重人格者が題材の本(推理小説・サスペンス)など

多重人格で世界的に有名人と言えば、アメリカのビリー・ミリガン(Billy Milligan)を思い浮かべる方もおおいはずです。作家のダニエル・キイスの1981年に発表された著作「24人のビリー・ミリガン」や「ビリー・ミリガンと23の棺」がありますね。

多重人格探偵サイコ コミック 1-24巻セット (カドカワコミックス・エース)
田島 昭宇
KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング: 57,136
十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)
貴志 祐介
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 99,596
スプリット (字幕版)
(2017-07-20)
売り上げランキング: 112,913
新訳 ジキル博士とハイド氏 (角川文庫)
スティーヴンソン
KADOKAWA (2017-04-25)
売り上げランキング: 43,000






多重人格の本(ドキュメンタリー・ノンフィクション)

妻は多重人格者

多重人格者 あの人の二面性は病気か、ただの性格か (こころライブラリー イラスト版)

多重人格者の真実 (講談社SOPHIA BOOKS)

 
 
 

2013年11月28日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【6選】繊細緻密な絵画の世界。奇跡のリアリズムとも言うべき日本の写実画家達の作品... 日本の写実画家の作品をご紹介します。当サイトではスーパーリアリズム、フォトリアリズムを多く紹介してきましたが、こちらも同様にリアルに描かれていますが、写真を用いて対象を克明に描写するフォトリアリズムとは違い、画家自身がモチーフ、女性や対象と向き合いそれぞれの解釈で描いています。 描かれた画面か...
包帯を巻いた痛々しい子供達。超リアルでシリアスな光景を描いたゴットフリート・ヘルンヴァインの絵画作品... アイルランドとロサンゼルスの両方を拠点として活動しているオーストリア系アイルランド人の画家、写真家のGottfried Helnwein(ゴットフリート・ヘルンヴァイン)の絵画作品をご紹介。 彼の作品の中でも傷ついた包帯を頭部や手首全体に巻きつけた少女の作品は代表作とも言えるほど有名です。苦し...
【7選】甘くて美味しそう!!ヨダレが出そうなほど超リアルなスイーツを描いた絵画作品まとめ... デザート、お菓子などをモチーフにしたリアルな絵画(フォトリアリズムペインティング)を制作している現代の画家を紹介したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Mary Ellen ...
夢の中のような非現実感。少女たちを描くイギリスのアーティストStephen Mackeyの絵画作品... こちらはイギリスのアーティストStephen Mackeyの絵画作品です。 混合技法ということで油絵の具と他の絵の具や描画材を使って描いています。17〜19世紀の絵画に強くインスパイアされているようで、どことなく同じ構図や色調の絵画作品を見たことがあるのではないでしょうか。親近感と共に、既視感...
まるで宇宙。石を描いているのに石には見えない超リアルな絵画... 1947年に生まれアメリカのメイン州の画家Alan Mageeはアクリル絵の具と油絵の具でかなりリアルな石の絵を描きます。リアルなことにも驚きなのですが、描かれた石の構成が素晴らしい。 明らかに、ただの石ではなく、1つ1つの石が惑星や宇宙の一部分かのような神秘的なものを感じさせます。石の表面に...
奇妙な世界。擬人化された猫や動物たちを描いたダークファンタジーな絵画作品... オランダはアムステルダムのアーティストFemke Hiemstraは擬人化した猫や動物たちをモチーフにした絵を描いています。猫だけでなく、鼠や鳥なども描かれており、おとぎ話のような独自の世界観を魅せています。 擬人化はされていますが、人間界とは違う全くの別世界を描いているようでとても興味深いで...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る