エキゾチックで刺激的。瓢箪を削って作られた芸術作品がまるでフラクタルのようで美しい

こちらはMark Doolittleが瓢箪を削って作った芸術作品です。瓢箪は完全に乾燥すると、木材のように硬い皮に変化しますので、これらの装飾的な彫り物が可能なわけですね。フラクタルアートのようでもありステンドグラスのようでもありますね。Mark Doolittleが彫り、妻のKathy Doolittleがカラフルな模様を貼付ける作業をしています。

以前ご紹介した作品→「これは鳥肌・・・3D化されたフラクタルアートがとんでもなく美しい!!」に近いものがありますね。Tom Beddardの作品はデジタルでしたがこちらは手作業によって制作されています。

ちなみに「瓢箪アート」で検索してみると、同じく瓢箪を削って作品にしたり、照明にしたり、その上に描いたり、ビーズを付けて装飾したりなどのことをする方々もいるみたいですね。どちらかというと工芸色が強い作品です。
















 
 
 

2013年11月28日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

芸術的再構成。骨を3Dプリンターで印刷して美しく組み上げた不気味な美しさを持つ作品... チェコのアーティストMonika Horcicovaの立体作品をご紹介します。3Dプリンターを使って骨を印刷し車輪や奇妙なパターンに再構成しています。 骨を円で組み上げる意味や手ではなく脚を選んだ理由がこの作品のコンセプトになっているように見えますね。多少不気味に感じますが規則的に並べられた骨...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
ファンタジー系アニマル。珍獣感溢れるハンドメイドぬいぐるみがカワイイ... Santaniはdeviant Artで多くのぬいぐるみの作品を公開しています。これが本当に可愛い。ファンタジー映画にでてきそうな少し気持ち悪いけど愛嬌たっぷりな動物たちです。 丸い眼や顔の表情、足裏の肉感などかなり作り込みがされているのが分かりますね。少しだけですがファービーやポケモンに似て...
異種混合が新しいオブジェの誕生へ。トミカがお寿司を運ぶアート作品「トミ寿司」... 「中野裕介/パラモデル」の作品をご紹介。以前もご紹介したパラモデルの作品ですが→おもちゃで覆い尽くされた空間!プラレールを使った大規模なアート作品が凄い! こちらもとてもユニークで面白いです!使われているのはおもちゃの車で有名なトミカ、とお寿司の食品サンプルです。この2つが本当にジャストサイズ...
手で彫ったとは思えない。台湾のアーティストChien Chu Leeの制作する細密な鉛筆彫刻... 過去に鉛筆を素材に使った彫刻作品、鉛筆彫刻を制作するアーティストは何人も紹介してきたと思います。アメリカのアーティストCindy Chinnやハンガリーのアーティストcerkahegyzoなど。 今回は台湾のアーティストChien Chu Leeの制作した鉛筆彫刻です。Chien Chu Le...
悪夢が形となったような芸術。朽ちた木からミイラが出現する立体作品... こちらはスペインのアーティストJavier Perez(ハビエル・ペレス)の作品「Trans(formaciones) II」です。朽ちた木からミイラが這い出てきたような作品になっています。木の部分はブロンズ、ミイラの部分は動物の皮を加工して紙、羊皮紙や樹脂などが使われて制作されています。 一...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る