人生交差点。不忍池に出没する奇妙な人々を撮影したポートレイト写真「Thirteen Orphans」

写真

山縣 勉(Tsutomu Yamagata)さんの写真シリーズ「Thirteen Orphans」をご紹介します。

このシリーズは東京都台東区の野恩賜公園にある不忍池(しのばずのいけ)で山縣 勉さんが出会った人々を撮影した作品です。以下のコンセプトを読むとわかりやすいと思います。

公園で出会ったそれらの人びとには何か不思議と私を引き付けるものがある、彼等の外見や彼等が語ること以上の何かが。

注視する者をさらに引き付ける力、目に見えず音もさせずに人を引き付ける、磁力のようなものが。ではその磁力とは一体なんなのか、私の心の琴線に静かに触れる、彼等を注視する者の心に触れるその力とは。

彼等の写真を撮ることで、如何にしてその力を捉える事ができるか、表現することができるか。このポートレート作品で私はこの問題を追究している。(引用元)

Tsutomu Yamagata






20年前に性転換手術した元ダンサー

6ヶ月前に売春婦になった女性

新宿の小さなバーをオープンしました。景気の悪さにもかかわらず、お客様で賑わっているようです。(時計が気になる・・・・)

ネズミ講の講師

元ヘヴィメタルバンドのリードボーカル。現在はレッスン中。週6日でスーツを着て働いているそう。

日雇い労働者






30年間ずっとフランスのに住んでおり、クラス会に出席するために久しぶりに日本に戻りました。

真冬にTシャツ短パンで彷徨う人

先月、前立腺癌を宣告された人。奥さんにはまだ言ってません。

24年間ずっと池の端に立っているそう。男。






 
 
 

2013年12月6日に投稿された記事を再編集しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
1 / 1