すげー!!何万個ものカラーボールを使ったインスタレーションが圧倒的

オーストラリア出身のアーティストNike Savvasのインスタレーション作品をご紹介します。こちらはゴムボールに着色しワイヤーを使うことで宙に浮かせた空間芸術です。等間隔に並べられたボールによるカラフルな空間が圧倒的ですね。

シドニー生まれのNikeですが作品はキューブリック映画とはまた一味違った遠近感がありますね。インスタレーション内に佇む人間と壮大なカラーボール空間を1枚の写真にすると、カラーボールがどこか絵具のタッチのような風合いで、まるで1枚の絵画に位置付けているかのようです。日本では草間彌生さんの「Infinity mirrors」が同じような遠近感のある作品として顕著かもしれませんが、今回のNikeの作品は明るい部屋で見ることによってカラーボールの色鮮やかさがより鮮明に感じ取れるでしょう。

「もしブラックライトに反応して光るタイプのカラーボールだったら?」とか「素材に触ってみたい!」とか、「カラーボールに動力があったら面白そう」などなど、1つの作品における鑑賞者の好奇心はとどまる事を知らないかもしれません。
安全性や制作面においても1人で空間に設営するのは非常に大掛かりな作品かもしれませんが、スケールや迫力は写真では伝わりきらないというか、ぜひ実物にお目にかかりたいです。

HPを拝見すると、手法や素材としてグラスやカラーボール、照明などが扱われていたりして多種多様な印象を受けますが、表現の方向性は「ドット」が一貫して多く、シンプルと言えます。











Nike Savvas






 
 
 

2013年12月16日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

光を当てると放つ強い存在感。ガラスを使って空間を演出する芸術作品が幻想的で儚い美しさ... 青木美歌(あおき みか)のインスタレーション作品をご紹介します。青木美歌(あおき みか)はガラスを使ってとても幻想的な空間を作り出しています。 1つ1つ繊細に作られた、まるで植物や微生物のような形態のガラス作品を空間に配置しています。光を当てることで輝きを増す透明で微細な造形は儚くもありますが...
虹色に光る幾何学模様。ビスマス結晶が圧倒的美しさ... ビスマス結晶をご存知でしょうか?その美しさがあまりに凄いのでご紹介します。 一般的には人工的に作られ、販売されることが多く、その結晶はカラフルで、水面の油膜やシャボン玉の色と同じく光の干渉の原理による発色します。天然で発見されることもあり、普通は硫化物の形で金属鉱石中に少量混じっているので、他の金...
素晴らしい共同作業!!息子の原案を元に描かれるアニメクリエーターのイラスト... フランス人アニメクリエーターのロマン・トマのTwitterアカウント(@Thomasintokyo)では、息子の描いた絵を元に、ロマン・トマが新たにイラストを描き、そのイラストを投稿しています。 長男、次男くんの描いた元の絵ももちろん素晴らしいのですが、ロマン・トマのイラストがかっこいい!!ス...
すべてを肯定する「YES」の1文字。ジョンとヨーコの出会いを決定付けた記念碑的作品「天井の絵」... こちらはオノ・ヨーコとジョン・レノンの出会いのきっかけとなった作品「天井の絵/イエス(YES)・ペインティング」です。 1966年、前衛芸術家として活躍していたオノ・ヨーコはロンドンのインディカ・ギャラリーで個展「未完成の絵画とオブジェ」を開催します。その前日にジョン・レノンがギャラリーを訪れ...
人間に懐く姿が可愛い。使い手感が演出できるドラゴンを首に巻くアクセサリー... 映画、ゲーム、小説などのファンタジー作品でドラゴンが登場することはよくありますね。凶暴な肉食獣であったり、召喚すると一緒に戦ってくれる仲間だったり、知性があり、言葉を話したりなど様々な設定がありますね。 カナダのグラフィック・アーティストAelia PetroのEsty shop「ArtByA...
これは胸アツ!?アーマタイプの装甲型レギンスがカッコイイ。... バンクーバーのデザインスタジオ「Mitmunk」の販売しているレギンスをご紹介します。メカニックなビジュアルをレギンスに再現しました。まるで漫画やSF映画の世界のようですね。コーディネートが難しいそうですが。コスプレなんかにいいかもですね。 価格は7,900円とレギンスにしてはちょい高めですが...
     

SNSで更新情報を配信中!!