【薬物】LSDにコカイン、ヒロポンなどのドラッグ顕微鏡写真シリーズ「All you can feel」


こちらはドイツ人アーティストSarah Schoenfeldの「All you can feel」という写真シリーズです。とても興味深い形をしていますね。これらの写真シリーズは薬物の他にカフェインやドーパミンなどもあります。それぞれが特徴的な形態をしています。






コカイン

LSD(非常に強烈な作用を有する半合成の幻覚剤)

クリスタルメス(ヒロポンの名でも知られる)

エクスタシー(合成麻薬の一種)

スピード(メタンフェタミン:代表的な覚醒剤)

MDMA(メチレンジオキシメタンフェタミン)※合成麻薬の一種

アヘン(麻薬の一種で、ケシ(芥子)の実から生産される)

ヘロイン(アヘンに含まれるモルヒネから作られる麻薬)


ケタミン(マリファナタバコや普通のタバコに加えるといった方法で乱用される解離性麻酔薬)









designboom

誰にも聞けなかったドラッグの話―「薬物依存症」回復者が答える96の相談メール誰にも聞けなかったドラッグの話―「薬物依存症」回復者が答える96の相談メール
ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)

アスクヒューマンケア
売り上げランキング : 148219

Amazonで詳しく見る

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

フィリップ・シーモアホフマンの最後のポートレイト「Tintypes」... 「マグノリア」や「カポーティ」などで知られる映画俳優のフィリップ・シーモアホフマンが薬物の過剰摂取による急性中毒で2/2に亡くなられましたね。46歳という若さです。実に残念ですね。 フィリップ・シーモア・ホフマン死去 薬物中毒か (adsbygoogle ...
麻薬中毒の両親と2歳の娘アンフィサちゃんの日常を捉えた写真... 写真家Irina Popovaはロシアのサンクトペテルブルクに住む麻薬中毒者の両親と2歳の娘Anfisa(アンフィサ)ちゃんの日常を撮影しました。 真夜中にベビーカーを引いたり、親の真似をしてタバコをくわえて遊ぶなど普通ではない日常が捉えられています。 この写真がネット上で公開されると反...
香港のネオンサインが楽しめるオンラインエキシビション「NEONSIGNS.HK 探索霓虹」... 香港のネオンサインが楽しめるオンラインギャラリー「NEONSIGNS.HK 探索霓虹」をご紹介します。このサイトでは香港のネオンサインをGoogleマップにマッピングし、どこにどんなネオンサインがあるか見ることができます。「AKIRA」や「ブレードランナー」「攻殻機動隊」などといった近未来のイメージ...
ネオンカラーでギラつく東京。サイケデリックな繁華街を捉えた夜景写真... ベルギーのブリュッセルを拠点に活動するフォトグラファーであり、映像作家でもあるXavier Portela(ザビエル・ポルテラ)は東京やバンコク、香港などアジアの各地を訪れ、多くの写真をInstagramに投稿しています。 東京の秋葉原、新宿などのギラギラとネオンカラーが眩しい繁華街を撮影して...
コカインやLSDなど。20種類の薬物を毎日使い続けて描いたデザイナーの自画像... 芸能人や有名人の覚醒剤による逮捕が話題となり、薬物依存の怖さを身近に感じることが多くなりました。 サンフランシスコを拠点に活動するグラフィックデザイナーのBrian Pollettは自身で薬物を使用し、イラストレーションを描くという実験をシリーズ化した作品「Pixel-Pusha's 20 D...
次の瞬間を想像させる。悲惨な結果の直前を撮影した寸止め写真... フォトグラファーAaron Tilleyの写真がとても秀逸です。撮影されたのは一見すると日常に溢れる普通のモチーフではありますが、絶妙なタイミング、誰もが想像できるであろう悲惨な次の場面の手前で撮影されています。 風船が割れる直前、ペンのインクがシャツに落ちる直前、卵やグラスが割れる直前など、...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る