簡素で的確な描写。日本画家・竹内栖鳳の描いた猫


竹内栖鳳(たけうち せいほう)(1864〜1942)は戦前の日本画家で、「動物を描けば、その匂いまで描くといわれた達人」だったそうです。この簡単に描かれた猫からもその異名の由来がわかりますね。

かなり、サクッと描かれていますが、的確に引かれた線に、ものすごい観察力と造形力を感じずにはいられませんね。素晴らしいです。






「竹内栖鳳」といえばこちらの猫を描いた作品『班猫(はんびょう)思い浮かべる人も多いはずです。後ろ姿が好きだったのでしょうね。

『班猫(はんびょう)』 1924年(大正13年) 栖鳳が沼津に滞在していた際、八百屋の店先で猫を見て「そうだ、猫を書こう」と思い立ったという。そして八百屋のおかみと交渉して猫を譲り受け、画室に自由に遊ばせながら丹念に観察して作品に仕上げた。竹内栖鳳 wiki






検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る