【押さえておくべき名作・23選】過去200年で歴史を揺るがした衝撃的で革新的な芸術作品

【押さえておくべき名作・23選】過去200年で歴史を揺るがした衝撃的で革新的な芸術作品


美術史の中で名を残す革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。

Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。






1.「マドリード、1808年5月3日」フランシスコ・デ・ゴヤ(制作年:1808)
戦争の恐怖の描いた画期的な作品。1808年5月2日夜間から翌5月3日未明にかけてマドリード市民の暴動を鎮圧したミュラ将軍率いるフランス軍銃殺執行隊によって400人以上の逮捕された反乱者が銃殺刑に処された場面を描いています。

2.「オランピア」エドゥアール・マネ(制作年:1863)
「草上の昼食」と共に、マネの代表作。タイトルの「オランピア」は「娼婦」の通称。構図はルネサンス、ヴェネツィア派で最も重要な画家のティツィアーノの作品「ウルビーノのヴィーナス」の構図が模倣されています。ティツィアーノの「ヴィーナス」とは対極にあるような「娼婦」を「ヴィーナス」のように描くこのような表現は異端であり当時、批判の対象となったそうです。

3.「女性大水浴図」ポール・セザンヌ(制作年:1889-1905)
近代絵画の父、ポール・セザンヌの最高傑作のひとつ。セザンヌは同じテーマで50点近くの作品を残しています。中でもフィラデルフィア美術館に所蔵されているこの作品は自然と人間との共存がテーマなった最も完成度が高い作品です。

4.「ターミナル」アルフレッド・スティーグリッツ(制作年:1892)
「現代写真の原点」として残る名作で、アルフレッド·スティーグリッツ自身は「現代写真の父」などと呼ばれるほど象徴的な存在。今では当たり前となっていますが当時では画期的なハンドカメラで撮影された作品です。

5.「Improvisation 31」ワシリー・カンディンスキー(制作年:1913)
「抽象画の先駆者」ワシリー・カンディンスキーの記念碑的作品。「Improvisation」とは即興という意味。音楽的アプローチ法を絵画に導入し抽象絵画の基礎を作り上げたとされています。

6.「泉」マルセル・デュシャン(制作年:1917)
既成品である便器にサインをしてオブジェとして提示した歴史的一作です。これら一連の作品は「レディ・メイド」と呼ばれています。
一九一七年、ニューヨーク最初のアンデパンダン展に出品を乞われたデュシャンは、彼のレディ・メイドのひとつ、「泉」と名付けた既製品の便器を出品しようと企てます。
しかし、「泉」は当然予想されたように、展示を拒否されます。それは当時の前衛芸術の範疇からは理解をこえた芸術表現でした。
「メディア上のインスタレーション」 マルセル・デュシャン(前編)

7.「ゲルニカ」ピカソ(制作年:1937)
ピカソの代表作としてとても有名な作品ですね。スペイン内戦中に空爆を受けた町ゲルニカを主題に描いた絵画で縦3.5m、横7.8mの大作です。戦争の悲劇、罪のない民間人の苦しみを表現しています。この作品は永続的な反戦のシンボルとして認識されるようになりました。






8.「自画像」フリーダ・カーロ(制作年:1940)
当サイトでもご紹介した画家フリーダ・カーロの自画像です。生涯多くの自画像を描いています。フリーダ・カーロは個人的な事柄と政治的背景をうまく絵画に取り入れた画家です。いばらの首飾りはキリストの殉教と夫であった画家ディエゴ・リベラと離婚した時の苦痛を表現していると言われています。

9.「ブロードウェイブギウギ」ピエト・モンドリアン(制作年:1943年)
抽象絵画の巨人ピエト・モンドリアンの代表作の1つ。ジャズ音楽のリズムを抽象化した巨大なグリッドを使った作品です。以降の視覚芸術に大きな影響を与えています。

10.「One: Number 31」ジャクソン・ポロック(制作年:1950年)
ご存知の方も多いとても有名な作品ですね。アクションペインティングの代表格にあたる作品。近代絵画とは全く異なる表現法で次の世代に多大な影響を与えた抽象表現です。

11.「ベラスケス『インノケンティウス十世像』による習作」フランシス·ベーコン(制作年:1953年)
バロック期のスペインの画家ディエゴ・ベラスケスが描いた「教皇インノケンティウス10世」を元にした作品です。ベーコンは生涯50点もの「インノケンティウス十世像」を描いています。まるで処刑されているようですね。歪み、叫びを上げた不気味な肖像を描いた背景には権力に対する反抗や父親の虐待が影響しているのではないかと言われています。






【次ページ】 ロバート·ラウシェンバーグ、アンディ・ウォーホル、ダミアン·ハーストなども

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【デロリの世界】一度見たら忘れられない異様な迫力。日本画壇の先駆者達の濃ゆ〜い近代絵画... 明治から大正期にかけて描かれた画風や絵のテイストが濃く奇妙、奇怪、不気味な作品でビジュアル的にインパクトのある作品をご紹介します。 これらの作品は「デロリ」という言葉で形容されることが多く、その言葉から作品の異様さが表現されています。もちろんいい意味で。「デロリ」というのは画家・岸田劉生が甲斐庄楠...
【7選】甘くて美味しそう!!ヨダレが出そうなほど超リアルなスイーツを描いた絵画作品まとめ... デザート、お菓子などをモチーフにしたリアルな絵画(フォトリアリズムペインティング)を制作している現代の画家を紹介したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Mary Ellen ...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト(15選... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...
「森ブルー」と呼ばれる神秘的な青。エアブラシを使用して描かれた森秀雄の絵画作品... 画家点森秀雄(1935-2012)の絵画作品をご紹介します。森秀雄さんは絵具を霧状に噴射するエアブラシを使って描かれるリアルな絵画シリーズ「偽りの青空」を制作することで有名です。青い空を背景にして彫像や絵画作品などが浮かび上がるような空間が描かれています。 夢の中のような幻想的でイマジネーショ...
包帯を巻いた痛々しい子供達。超リアルでシリアスな光景を描いたゴットフリート・ヘルンヴァインの絵画作品... アイルランドとロサンゼルスの両方を拠点として活動しているオーストリア系アイルランド人の画家、写真家のGottfried Helnwein(ゴットフリート・ヘルンヴァイン)の絵画作品をご紹介。 彼の作品の中でも傷ついた包帯を頭部や手首全体に巻きつけた少女の作品は代表作とも言えるほど有名です。苦し...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る