【絵画】新聞紙から女性達が浮き上がってくる不思議な絵

韓国人アーティストShin-Young Anの作品「Face Series」をご紹介します。Shin-Young Anの絵画作品はキャンバスではなく、油絵具で新聞紙に描いています。

新聞紙の耐久性はキャンバスとは比べものにならないのですが、あえて新聞紙に描くことによって特徴づいた作品になっていますね。また新聞紙の写真も人物のイメージに重なりあってとても効果的な印象を与えていますね。

描かれている新聞紙に掲載されている報道写真や文字タイトルなどがイメージを膨らませています。ちょっと不気味にも感じますが、視覚的におもしろい作品ですね。描く際に新聞紙にはどんな加工をしているのでしょうか。気になる所ではあります。

最近の作品では人物だけでなく、「Hands & Feet Series」という様々なポーズを取る手と足を描いた作品や「Obama Series」といった新聞記事にオバマ大統領が掲載されている新聞を使い象徴的に描いた、メッセージ性の強い作品を発表しています。






©Shin-Young An

©Shin-Young An

©Shin-Young An






©Shin-Young An

©Shin-Young An






 
 
 

2016年7月14日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

不気味。旧ユーゴスラビア生まれの画家が描いた重厚感ある絵画作品... 暗闇から人物の頭部だけが薄らと顔を覗かせています。とても不安な気持ちにさせられる作品群です。どの表情も悲しげで、目の見えない人物もいます。こちらに投げかける視線にこのアーティストはどういう想いを込めたのでしょうか。 こちらは、旧ユーゴスラビア、サラエボ、1975年生まれのMaya Kuleno...
【6選】繊細緻密な絵画の世界。奇跡のリアリズムとも言うべき日本の写実画家達の作品... 日本の写実画家の作品をご紹介します。当サイトではスーパーリアリズム、フォトリアリズムを多く紹介してきましたが、こちらも同様にリアルに描かれていますが、写真を用いて対象を克明に描写するフォトリアリズムとは違い、画家自身がモチーフ、女性や対象と向き合いそれぞれの解釈で描いています。 描かれた画面か...
享年30歳。飛び降り自殺した画家・深井克美の描く幻想世界... 深井克美(ふかいかつみ)という画家をご存知でしょうか?30歳(1948年~1978年)という若さで亡くなられた函館生まれの画家です。 14歳の時、結核に感染し当時としては難病である脊椎カリエス(肺からの結核菌(けっかくきん)が血行性に運ばれて発症する結核性脊椎炎 出典:goo)を患っていま...
【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵... イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害(多重人格)です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。 ...
豊かなイマジネーションの世界。ポーランドの画家Jacek Yerkaが描くのシュールレアリスム絵画... ポーランド出身の画家Jacek Yerka(ヤチェク・イェルカ)の作品はルネ・マグリットやサルバドール・ダリを彷彿とさせるシュールレアリスム絵画です。 イマジネーション溢れる不思議な風景や生き物と都市、住居などを融合させた絵を描いています。こんな世界があるなら行ってみたいと思えるようなファンタ...
まるで宇宙。石を描いているのに石には見えない超リアルな絵画... 1947年に生まれアメリカのメイン州の画家Alan Mageeはアクリル絵の具と油絵の具でかなりリアルな石の絵を描きます。リアルなことにも驚きなのですが、描かれた石の構成が素晴らしい。 明らかに、ただの石ではなく、1つ1つの石が惑星や宇宙の一部分かのような神秘的なものを感じさせます。石の表面に...
     

SNSで更新情報を配信中!!