【超リアル】スローモーション映像のようなJeremy Geddessの絵画作品


こちらはオーストラリア在住のアーティストJeremy Geddess(ジェレミー・ゲディーズ)の絵画作品です。宇宙飛行士が現実世界を浮遊する姿を描いた作品シリーズがとても有名です。

丹念に描かれている画面も素晴らしいですが形にされたイメージが素晴らしいです。どういう背景が隠されているかが気になるところです。イマジネーション溢れる作品ですね。

朝日新聞出版から発売されている小説集「メアリー・スーを殺して 幻夢コレクション」の単行本でJeremy Geddessの「A PERFECT VACUUM(パーフェクトバキューム)」という作品が表紙で使われています。






拡大











メアリー・スーを殺して 幻夢コレクション
Posted with Amakuri at 2018.12.3
乙一, 中田永一, 山白朝子, 越前魔太郎, 安達寛高
朝日新聞出版

 
 
 

2014年1月23日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

細密描写と鮮烈な色彩。ウィーン幻想派ルドルフ・ハウズナーの絵画作品... ウィーン幻想派は第ニ次大戦後の1960年代にウィーンを中心に始まった幻想絵画のグループで、ここで紹介するのは、ウィーン幻想派の中心人物であるRudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)の絵画作品です。 細密な描写と色彩豊かな絵画はとても有名で、無意識下の世界を魔術的ともいえる徹底した写実主義...
奇怪で奇妙。ウィーン幻想派の代表的画家エルンスト・フックスの禍々しい絵画作品... 1950年前後、ウィーン幻想派というオーストリアのウィーンに集まって古典絵画技法(油絵の具とテンペラを併用した混合技法)を再建させた一派がありました。そのウィーン幻想派の中の1人で、Rudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)と並んで代表的な画家で、中心人物のErnst Fuchs(エルンスト...
グスタフ・クリムトが追い求めた美。世紀末のウィーンを象徴する美術世界... グスタフ・クリムト(1862-1918)(Gustav Klimt)はオーストリアのウィーン近郊に生まれます。父エルンストはチェコのボヘミア地方出身の金銀細工師。クリムトは庶民階級に生まれ、2歳年下の弟エルンストと金属彫刻家の弟ゲオルグがおり、グスタフ・クリムトが21歳の時に、弟のエルンストと友人の...
【神は細部に宿る】クリムト作品の丹念に装飾されたディティールが素晴らしい... 帝政オーストリアの画家グスタフ・クリムトは19世紀末から20世紀かけて活躍した象徴主義を代表する画家の1人です。金箔を使い豪華で装飾性ある豊かな画面と人物の写実的な描写を巧みに構成した絵画はあまりに有名で、ロマンティックでエロスを感じさせる画風です。今回はそのクリムト作品の細部画像をご紹介。...
懐かしさ漂う奇妙な世界。虎をモチーフにした絵画など多彩に活躍したタイガー立石... 立石大河亞、タイガー立石(TATEISHI Tiger)(1941-1998)さんは名前にも「タイガー」、「大河亞」と入っていたり、画集もそれにちなんで「TRA(トラ)」と名付けるなど、生涯を通して虎を描き続けました。描かれたのはただの虎ではなく、紐になった形態やロボットのような一風変わったシュ...
なんというリアリティ。大胆で的確な一筆一筆が雪山に変化した超厚塗り絵画... スイスの画家Conrad Jon Godlyによる絵画作品です。厚塗りの油絵の具の一筆一筆が絶妙に重なり合い雪山が描かれています。自身で撮影した写真をもとに描いているようです。豪快かつ正確な筆跡があるからこそ雪山として見ることができます。是非、目を細めて見て頂きたいです。...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る