必殺技感が凄過ぎ。吸い込まれそうな万華鏡ライトペインティングがMAXファンタジック!!


こちらはアメリカのアーティストJeremy Jacksonが制作したライトペインティングです。まるで万華鏡のような幻想的な世界が表現されています。写真だけで見ると、何かの必殺技?幻術か何か?と思えて、とてもファンタジックです。

Jeremy Jacksonにとって夜の風景は大きなキャンバスなのかもしれません。幾何学的なパターンやフラクタルなど様々な要素を取り入れているようです。素晴らしいですね。

ライトペインティングといえばやはりピカソですね。こちら→「60年以上も前にピカソが描いたライトペインティングが未だ壮絶!」Jeremy Jacksonの作品もピカソの作品から派生したと考えると表現の進化を感じますね。
















 
 
 

2014年1月29日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

羽毛がフワッ、フワッ。水彩絵具で鶏を描いた絵画作品... セルビアのアーティストEndre Penovácの水彩絵の具の「にじみ」で描いた作品を以前紹介しましたね。以下。ねこの毛を巧みに「にじみ」で描きつつも、動物の骨格を意識した描法に驚かされました。 絵の具の「にじみ」で描く猫 Endre Penovácは猫だけでなく、鶏も水彩絵具で描いてお...
【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵... イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。 Kim...
「森ブルー」と呼ばれる神秘的な青。エアブラシを使用して描かれた森秀雄の絵画作品... 画家点森秀雄(1935-2012)の絵画作品をご紹介します。森秀雄さんは絵具を霧状に噴射するエアブラシを使って描かれるリアルな絵画シリーズ「偽りの青空」を制作することで有名です。青い空を背景にして彫像や絵画作品などが浮かび上がるような空間が描かれています。 夢の中のような幻想的でイマジネーショ...
遺体安置所で働いたアルコール中毒患者の画家ヨゼ・ティスニカルの不気味で暗い絵画... Joze Tisnikar(ヨゼ・ティスニカル or ヨージェ・ティスニカル)(1928-1998)はスロヴェニアの画家です。生前は、スロヴェニ・グラデツ病院の遺体安置所で病死した患者の遺体を解剖して調べる剖検(ぼうけん)のアシスタントとして勤めていました。 病院に勤務しつつ、絵を描いていまし...
包帯を巻いた痛々しい子供達。超リアルでシリアスな光景を描いたゴットフリート・ヘルンヴァインの絵画作品... アイルランドとロサンゼルスの両方を拠点として活動しているオーストリア系アイルランド人の画家、写真家のGottfried Helnwein(ゴットフリート・ヘルンヴァイン)の絵画作品をご紹介。 彼の作品の中でも傷ついた包帯を頭部や手首全体に巻きつけた少女の作品は代表作とも言えるほど有名です。苦し...
一筆の緊張感。無駄なものをすべて排除した余白の芸術... 李禹煥(リ・ウーファン)さんの絵画作品をご紹介します。李禹煥さんは1960年代末に始まった日本の現代美術の「もの派」という大きな動向の一員として有名で現在ヨーロッパを中心に活動している国際的評価の高い美術家です。 ここでは特に一筆で成立している絵画作品を中心にご紹介します。画面に引かれた一筋の...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る