江戸時代の絵師・川原慶賀が描いた人魚

こちらは長崎の絵師、川原慶賀(1786-1860)が描いた「人魚図」という作品です。

川原慶賀は長崎の風俗画や風景画、出島での商館員達の生活等を描いた絵師として知られています。人魚はご存知の通り水中に生息する伝説上の生き物で、西洋だけでなく日本では最古の記録として619年に日本書紀に記されています。

日本の人魚の特徴は容姿が大変醜いですね。西洋では画家のジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの「マーメイド」という絵画作品など美しい人魚が描かれています。その分、嵐が起こったり、舟が沈んだりと不吉なことが起こるわけですが・・・。

詳しくはwikiでご覧下さい→人魚wiki
にしても川原慶賀の描く人魚はかなり怖いですね。






人魚・川原慶賀

人魚・川原慶賀

人魚・川原慶賀

人魚・川原慶賀

人魚・川原慶賀






参考画像として。以下も江戸時代に描かれた人魚たちです。
人魚図 江戸時代の瓦版 笹間良彦『図説・日本未確認生物事典』
人魚図 江戸時代の瓦版 笹間良彦『図説・日本未確認生物事典』

鳥山石燕『今昔画図続百鬼』人魚図
鳥山石燕『今昔画図続百鬼』人魚図


川原慶賀wiki
人魚wiki






 
 
 

2014年2月1日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

女性の何気ない美しさ。伊勢生まれの女流画家・伊藤小坡の描いた日常生活の中の美人達... 三重県は伊勢生まれの日本画家、伊藤小坡(いとうしょうは)(1877-1968)の作品をご紹介。直下の作品は1916年に描かれた「つづきもの」という作品です。釜や手ぬぐい、新聞、こんなに生活感溢れる環境でありながら細やかな観察眼で繊細でおくゆかしい女性が描かれていることに驚きます。 自身の家族や...
竹内栖鳳が極めた美。近代日本画を代表する京都の画家...   竹内栖鳳(たけうちせいほう)(1864〜1942)、本名恒吉(つねきち)は1864年(元治元年)に京都の二条城の近くの「亀政」という料理屋の家に、長男として生まれ、10歳上の姉・琴がいました。13歳になると土田英林(つちだえいりん)に絵を学び、17歳で幸野楳嶺(こうのばいれい)の私塾...
美人画の名手。日本画家・志村立美の描く艶やかな美女たち... こちらは群馬県高崎市出身の日本画家・志村立美(しむらたつみ)(1907〜1980)の作品です。連載小説の挿絵を多く手がけた岩田専太郎と並ぶ昭和を代表する挿絵画家です。 初期は挿絵画家として活躍し、美人画を制作し始めたのは晩年になってからです。志村立美の晩年に描いた美人画は非常に評価が高く点...
【展覧会】若冲に、夢チューです!『京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-』 髙島屋 京都・大阪会場に... 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染症拡大防止のため、お客様をはじめ、関係各位の安全を考慮し中止・延期が決定されています。 【中止】3月18日(水) ~4月6日(月)  日本橋高島屋S.C.本館8階ホール 【中止】4月22日(水) ~5月11日(月)  横浜高島屋ギャラリー<...
コロコロ、フモフモ!!江戸時代の絵師が描いたワンコたち(9選)... 江戸時代の日本画家・浮世絵師が犬をモチーフに描いた作品を集めてみました。コロコロ、フモフモしていて本当に可愛い犬たちです。ネット上では犬より猫のほうが人気な傾向があるようですが、犬もなかなか可愛いですよ! 上の作品は山口素絢の「朝顔狗子図」(1792)という作品です。ではさっそくご覧下さい。 ...
奇想の天才絵師・河鍋暁斎の描いた幽霊画... 幕末・明治初期を代表する浮世絵師・河鍋暁斎の描いた幽霊画をご紹介します。 以前も「処刑場を描いた河鍋暁斎の作品がかなり衝撃的」という記事でご紹介しましたね。 今回は幽霊画です。こちらの作品もかなりインパクトがあって素晴らしい作品です。気持ち悪いほど幽霊の存在が際立っています。 ...
     

SNSで更新情報を配信中!!