今なお衝撃的。イマジネーションと情念の世界、メキシコの女性画家フリーダ・カーロの作品【10選】

メキシコを代表する画家、フリーダ・カーロ(Frida Kahlo)さんの作品を特にインパクトが強い作品を集めていたいと思います。フリーダ・カーロといえば、特徴ある自画像を思い出す方が多いと思いますが、生涯200点以上の作品を残し半分以上が自画像だったそうです。

絵を描くようになったのは父親の影響と1925年のバスが路面電車と衝突した事故に遭いベッドの上での生活を余儀なくされ退屈を紛らわせるためだと言われています。作品の多くにその体験の影が多く残されています。夫は多くの壁画作品で知られる画家のディエゴ・リベラさんです。後に離婚しています。ではご覧下さい。






1.フリーダ・カーロ「テワナ衣装の自画像 Self Portrait as a Tehuana」 (1943)

フリーダ・カーロといえば自画像がとても有名ですね。自画像からとても有名な作品を1つ。眉毛が印象的ですね。自身でこの繋がった眉毛のことを「私の額の一羽の小鳥」と言って気に入っていたようです。とても詩的な表現に驚きですね。眉毛の上の人物は夫で画家のリベラ。

2.フリーダ・カーロ「傷ついた鹿、あるいは、小鹿、あるいは、私はかわいそうな野生の動物」 The Little Deer(1946)

矢に撃たれた鹿、その顔は自身の顔。自画像なのか、なんなのか。

3.フリーダ・カーロ「死の仮面を被った少女 Girl with Death Mask She Play(1938)

なぜ少女が死の仮面を被っているのか。手に持つ花と地面に転がる不気味な首は動物の首なのでしょうか。

4.フリーダ・カーロ「ヘンリー・フォード病院、あるいは、飛ぶベット」(1932)

胎児の他にカタツムリ、骨盤、花?などがへその緒と繋がっています。地平線上に描かれた工場も意味深。流産の経験が反映されているようです。

5.フリーダ・カーロ「I was born」(1932)

顔が布で覆われています。乳母によって育てられ母親の愛情とは疎遠だったことが表現されているようです。

6.フリーダ・カーロ「My Nurse and I」

こちらも幼児期の気持ちや思い出を表しているのでしょうか。

7.フリーダ・カーロ「水の中に見たもの、あるいは、水がくれたもの」 What the Water Gave Me(1938)

なにがどうなっているかはよくわかりませんが湯船に映る様々なイメージがとても面白いですね。






8.フリーダ・カーロ「Self Portrait with the Portrait of Doctor Farill」(1951)

医者の肖像画が描かれたキャンバスに心臓のパレット、血が滴る何本もの筆。描いている自分を描くというメタ的な表現ですね。

9.フリーダ・カーロ「2人のフリーダ」 The Two Fridas(1939)

夫で画家のディエゴ・リベラはフリーダの妹クリスティナと関係を持ちました。そして離婚をせまられた後に描かれ作品です。2人のフリーダ。愛されたフリーダと裏切られたフリーダ。

10.フリーダ・カーロ「Without hope」

悪夢を見ているのでしょうか?それなら脳みそなはずですが、吐瀉物のように描かれています。

フリーダ・カーロが綴った日記の一部

合わせてこちらもご紹介。

バス衝突後のフリーダ・カーロのレントゲン写真

フリーダ・カーロの動画

本人が撮影されています。






参考サイト一覧

Frida Kahlo 1907-1954 Mexico (thumbnails only)
Frida Kahlo 1907-1954 Mexico (thumbnails only)
フリーダ・カーロ wiki
愛憎の相克
Frida Kahlo

フリーダ・カーロの作品集

カーロ NBS-J (タッシェン・ニュー・ベーシックアート・シリーズ)
アンドレア・ケッテマン
タッシェン・ジャパン
売り上げランキング: 519,943
フリーダ・カーロ―痛みの絵筆
マルタ ザモーラ
リブロポート
売り上げランキング: 332,427
フリーダ・カーロ―引き裂かれた自画像 (中公文庫)
堀尾 真紀子
中央公論新社
売り上げランキング: 262,537

 
 
 

2014年2月14日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【7選】甘くて美味しそう!!ヨダレが出そうなほど超リアルなスイーツを描いた絵画作品まとめ... デザート、お菓子などをモチーフにしたリアルな絵画(フォトリアリズムペインティング)を制作している現代の画家を紹介したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Mary Ellen ...
お尻!お尻!お尻!父親の死後、発見された数多くの「尻画」に家族が仰天。「青木昌三作品集」が絶賛発売中... 「わたしのいない高校」などで知られる小説家・青木淳悟さんの父である青木昌三氏(享年70歳)の絵画作品集「青木昌三作品集」がBOOTHから発売されています。 2015年2月に亡くなった青木淳悟さんの父・青木昌三氏は元々、画家ではなく、作品集に掲載されているのは、死後、青木昌三氏の隠れ部屋から...
享年30歳。飛び降り自殺した画家・深井克美の描く幻想世界... 深井克美(ふかいかつみ)という画家をご存知でしょうか?30歳(1948年~1978年)という若さで亡くなられた函館生まれの画家です。 14歳の時、結核に感染し当時としては難病である脊椎カリエス(肺からの結核菌(けっかくきん)が血行性に運ばれて発症する結核性脊椎炎 出典:goo)を患っていま...
【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵... イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害(多重人格)です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。 ...
豊かなイマジネーションの世界。ポーランドの画家Jacek Yerkaが描くのシュールレアリスム絵画... ポーランド出身の画家Jacek Yerka(ヤチェク・イェルカ)の作品はルネ・マグリットやサルバドール・ダリを彷彿とさせるシュールレアリスム絵画です。 イマジネーション溢れる不思議な風景や生き物と都市、住居などを融合させた絵を描いています。こんな世界があるなら行ってみたいと思えるようなファンタ...
まるで宇宙。石を描いているのに石には見えない超リアルな絵画... 1947年に生まれアメリカのメイン州の画家Alan Mageeはアクリル絵の具と油絵の具でかなりリアルな石の絵を描きます。リアルなことにも驚きなのですが、描かれた石の構成が素晴らしい。 明らかに、ただの石ではなく、1つ1つの石が惑星や宇宙の一部分かのような神秘的なものを感じさせます。石の表面に...
     

SNSで更新情報を配信中!!