今なお衝撃的。イマジネーションと情念の世界、メキシコの女性画家フリーダ・カーロの作品【10選】


メキシコを代表する画家、フリーダ・カーロ(Frida Kahlo)さんの作品を特にインパクトが強い作品を集めていたいと思います。フリーダ・カーロといえば、特徴ある自画像を思い出す方が多いと思いますが、生涯200点以上の作品を残し半分以上が自画像だったそうです。

絵を描くようになったのは父親の影響と1925年のバスが路面電車と衝突した事故に遭いベッドの上での生活を余儀なくされ退屈を紛らわせるためだと言われています。作品の多くにその体験の影が多く残されています。夫は多くの壁画作品で知られる画家のディエゴ・リベラさんです。後に離婚しています。ではご覧下さい。






1.テワナ衣装の自画像 Self Portrait as a Tehuana (1943)
フリーダ・カーロといえば自画像がとても有名ですね。自画像からとても有名な作品を1つ。眉毛が印象的ですね。自身でこの繋がった眉毛のことを「私の額の一羽の小鳥」と言って気に入っていたようです。とても詩的な表現に驚きですね。眉毛の上の人物は夫で画家のリベラ。
 photo kahlo_tehuana_zps59a565a0.jpg

2.傷ついた鹿、あるいは、小鹿、あるいは、私はかわいそうな野生の動物 The Little Deer(1946)
矢に撃たれた鹿、その顔は自身の顔。自画像なのか、なんなのか。
 photo deerpreview_zps4dc5e320.jpg

3.死の仮面を被った少女 Girl with Death Mask She Play(1938)
なぜ少女が死の仮面を被っているのか。手に持つ花と地面に転がる不気味な首は動物の首なのでしょうか。
 photo girl-with-death-mask-she-plays-alone-1938_zps651f117c.jpg

4.ヘンリー・フォード病院、あるいは、飛ぶベット(1932)
胎児の他にカタツムリ、骨盤、花?などがへその緒と繋がっています。地平線上に描かれた工場も意味深。流産の経験が反映されているようです。
 photo Frida-Kahlo-Henry-Ford-Hospital_zps7f1c71ac.jpg

5.I was born(1932)
顔が布で覆われています。乳母によって育てられ母親の愛情とは疎遠だったことが表現されているようです。
 photo FridaKahlo-592272_zpsf6220f0e.jpg

6.My Nurse and I
こちらも幼児期の気持ちや思い出を表しているのでしょうか。
 photo my-nurse-and-i-1937_zps3894f8c6.jpg

7.水の中に見たもの、あるいは、水がくれたもの What the Water Gave Me(1938)
なにがどうなっているかはよくわかりませんが湯船に映る様々なイメージがとても面白いですね。
 photo frida-kahlo-bell-and-bain_zpsdf52445a.jpg

8.自画像「Self Portrait with the Portrait of Doctor Farill」(1951)
医者の肖像画が描かれたキャンバスに心臓のパレット、血が滴る何本もの筆。描いている自分を描くというメタ的な表現ですね。
 photo kahlo_dr_farill_zps9d5f5e3a.jpg

9.2人のフリーダ The Two Fridas(1939)
夫で画家のディエゴ・リベラはフリーダの妹クリスティナと関係を持ちました。そして離婚をせまられた後に描かれ作品です。2人のフリーダ。愛されたフリーダと裏切られたフリーダ。
 photo the-two-fridas_zps08f17365.jpg

10.Without hope
悪夢を見ているのでしょうか?それなら脳みそなはずですが、吐瀉物のように描かれています。
 photo wihouthope_zps41904363.jpg

合わせてこちらもご紹介。カーロが綴った日記の一部です。
 photo img080_zps96ce37d6.jpg

 photo img083_zps3704318a.jpg

 photo img433_zps268cf68f.jpg

 photo img434_zps45669a74.jpg

 photo img432_zps68408ed7.jpg

バス衝突後のフリーダのレントゲン写真
 photo radiografc3ada_zps923d1bb6.jpg

本人が撮影されています。

スポンサード リンク

参考サイト一覧
Frida Kahlo 1907-1954 Mexico (thumbnails only)
Frida Kahlo 1907-1954 Mexico (thumbnails only)
フリーダ・カーロ wiki
愛憎の相克
Frida Kahlo

フリーダ・カーロ―引き裂かれた自画像 (中公文庫)フリーダ・カーロ―引き裂かれた自画像 (中公文庫)
堀尾 真紀子

中央公論新社
売り上げランキング : 24954

Amazonで詳しく見る

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【7選】甘くて美味しそう!!ヨダレが出そうなほど超リアルなスイーツを描いた絵画作品まとめ... デザート、お菓子などをモチーフにしたリアルな絵画(フォトリアリズムペインティング)を制作している現代の画家を紹介したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Mary Ellen ...
父親が撮影したメキシコの画家フリーダ・カーロが幼少から大人になるまでの肖像写真... 画家フリーダ・カーロ(Frida Kahlo)(1907-1954)と言えば、強烈なインパクトのある自画像がとても有名ですね。(今なお衝撃的。イマジネーションと情念の世界、メキシコの女性画家フリーダ・カーロの作品【10選】)彼女の父ギジェルモ・カーロが撮影した若かりし頃のフリーダ・カーロの写真が...
空飛ぶ蒸気機関車に単眼の奇怪なセーラー服少女。画家・中村宏の代表作「円環列車」... 画家・中村宏の代表作と言える「円環列車・A-望遠鏡列車」、「円環列車・B-飛行する蒸気機関車」をご紹介します。これらの作品は1968、1968年に描かれた作品です。 構図やモチーフ、タイトル、どの要素を取っても不可解で不思議な絵です。この妖怪のようなセーラー服の少女達はどこに向かっているのでし...
【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵... イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。 Kim...
包帯を巻いた痛々しい子供達。超リアルでシリアスな光景を描いたゴットフリート・ヘルンヴァインの絵画作品... アイルランドとロサンゼルスの両方を拠点として活動しているオーストリア系アイルランド人の画家、写真家のGottfried Helnwein(ゴットフリート・ヘルンヴァイン)の絵画作品をご紹介。 彼の作品の中でも傷ついた包帯を頭部や手首全体に巻きつけた少女の作品は代表作とも言えるほど有名です。苦し...
【押さえておくべき名作・23選】過去200年で歴史を揺るがした衝撃的で革新的な芸術作品... 美術史の中で名を残す革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。 Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。 ...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る