誰もいない風景。名画から描かれた人物を完全削除したデジタルアート

ハンガリーのアーティストHajdu Benceさんのデジタルアートです。あのレオナルド・ダ・ヴィンチ の名画「最後の晩餐」から人物を消し去るなんてなんとも素晴らしく奇抜な発想ですね。

レオナルド・ダ・ヴィンチ の「最後の晩餐」だけでなく、フラ・アンジェリコ、アンドレア・マンテーニャなどが描いた名画から描かれている人物を画面の中から画像処理によって消し去っています。

消し去られて誰もいなくなった風景は不思議な空間となっています。元の作品を知っているだけに物足りなさは感じますが、風景だけも充分に鑑賞に耐えうるということが証明されていますね。背景を考察するのにはちょうどいいかもしれません。

画像処理された作品の下にある小さい画像が元となった絵画作品です。






レオナルド・ダ・ヴィンチ Leonardo da Vinci

ダビッド Jacques-Louis David

クロード・ロラン Claude Lorrain






フラ・アンジェリコ Fra Angelic

アンドレア・マンテーニャ Andrea Mantegna

こちらは実際に展示された様子です。とても興味深い作品です。






 
 
 

2012年10月12日に投稿された記事を再編集しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で