強いメッセージ性。象や動物たち鉛筆で描いた絵画作品「Elephants」

アメリカ人アーティストAdonna Khare(アドンナ・クヘア)の作品をご紹介。この作品は「Elephants」というタイトルで「ArtPrize 2012」で展示されたものです。

鉛筆だけで象やオランウータン、コアラや鳥達など様々な動物たちがいきいきと描かれています。一見すると、みんなで肩を寄せ合い、仲良く佇む姿はどこかユーモラスでとても愛らしく感じさせますが、よく見ると、皮膚が縫い合わせてあったり、痛々しい傷が見えたりと細部にさまざまなメッセージが込めれています。

何かに怯えているようにも、お互いを守り合っているようにも見えてとても意味深。この作品は高さ約2.5メートル幅約10メートルの大作。実際、目の当たりにしたら見応えたっぷりのでしょうね。

この作品の他に、Adonna Khare(アドンナ・クヘア)の作品は、ロングビーチ美術館、グランドラピッズ美術館、クリスタルブリッジ美術館などにコレクションされています。






 






「ArtPrize 2012」の展示風景

Adonna Khare Artist






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

メメント・モリ。女性たちの背後に忍び寄る「死」を色鉛筆で描いた作品シリーズ... ドクロヘアーという名前が似合いそうな髪型の女性を描いたトロントをベースに活動するアーティストWinnie Truong作品です。 色鉛筆で描かれており、描かれたすべての女性の髪の毛で髑髏を形作られています。色鉛筆の柔らかい印象とは裏腹に不吉なイメージを想起させます。ファッション的な要素というよ...
「森ブルー」と呼ばれる神秘的な青。エアブラシを使用して描かれた森秀雄の絵画作品... こちらは三重県出身の画家・森秀雄(もりひでお)(1935-2012)の絵画作品です。森秀雄は絵具を霧状に噴射するエアブラシを使って描かれるリアルな絵画シリーズ「偽りの青空」を制作することで有名で、エアブラシ技法の第一人者として知られています。青い空を背景にして彫像や絵画作品などが浮かび上がるような空...
懐かしさ漂う奇妙な世界。虎をモチーフにした絵画など多彩に活躍したタイガー立石... 立石大河亞、タイガー立石(TATEISHI Tiger)(1941-1998)は名前にも「タイガー」、「大河亞」と入っていたり、画集もそれにちなんで「TRA(トラ)」と名付けるなど、生涯を通して虎を描き続けました。 描かれたのはただの虎ではなく、紐になった形態やロボットのような一風変わったシュ...
包帯を巻いた痛々しい子供達。超リアルでシリアスな光景を描いたゴットフリート・ヘルンヴァインの絵画作品... アイルランドとロサンゼルスの両方を拠点として活動しているオーストリア系アイルランド人の画家、写真家のGottfried Helnwein(ゴットフリート・ヘルンヴァイン)の絵画作品をご紹介。 彼の作品の中でも傷ついた包帯を頭部や手首全体に巻きつけた少女の作品は代表作とも言えるほど有名です。苦し...
サングラスの映り込みを描いた超リアルな絵画作品シリーズ「Reflections」... こちらはアーティストSimon Hennesseyの超リアルな絵画作品シリーズ「Reflections」です。ただでさえ、眼鏡やサングラスをかけている人物は描きにくいのに、このアーティストはそれが描きたいが為に目とサングラスに接近してリアルに描いています。 サングラスには有名な建物や風景が写り...
【押さえておくべき名作・23選】過去200年で歴史を揺るがした衝撃的で革新的な芸術作品... 美術史の中で名を残す革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。 Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。 ...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る