顔に酸を浴びせられた(アシッド・アタック)パキスタン女性たちのポートレイト集「Domestic Violence」

スペイン出身の写真家Emilio Morenatti(エミリオ・モレナッティ)は報復により顔に酸を浴びせられたパキスタン女性たちを撮影しました。撮影された女性たちの顔は見るも無惨な状態になり何度も整形手術を受けてもなお、痛々しい表情を残しています。

プロポーズを断ったら、離婚するように夫に言ったら・・・と要因は男性の身勝手な理由がほとんどです。パキスタンではこのような酸によるる報復「アシッド・アタック(硫酸攻撃)」が多発しているようです。彼女たちが味わった失った顔への絶望と皮膚が焼き焦げる苦痛は想像を絶するものでしょう。

硝酸はタット・マリナの美しい髪を焼き、整った顔面を焼き、皮膚を溶かした。2リットルの硝酸が、彼女の上半身を舐め尽くしてしまった。皮膚が焼き焦げる苦痛に気絶から覚め、彼女は絶叫を上げて苦悶した。そんな姿を見て、暴漢たちは逃走した。

この凄まじい凶悪な事態にどう対処していいのか分からず、まわりの人々は呆然と苦しみのた打ち回る彼女を為す術もなく見ていたようだ。硝酸のかけられた箇所は、最初は白くなり、それから赤く膨れ上がったという。

後にインタビューを受けた彼女は、泣きながらこう言った。「私はあの時に死ぬべきでした」 -Darkness-

詳しくはこちらをお読み下さい。
女性に酸を浴びせて顔を損壊させる事件の裏に何があるのか











Emilio Morenatti






 
 
 

2014年3月5日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

ギャグみたいなアート。まぶたにリアルな目を描かれたモデルたちの写真シリーズ「How We See」... 漫画やアニメ、ドラマなどでまぶたに目を描いて起きているふりする古典的なボケがありますが、それをモデルにやった写真シリーズがLaurie Simmons(ローリー・シモンズ)の作品「How We See」です。 ニューヨークを拠点に活動するこの方の作品は以前もご紹介していますが、(コスプレ・アニ...
猫と男の2ショット・ポートレイトシリーズ「Men & Cats」... 猫派、犬派で言うと女性の猫派率は高い印象はありますが、猫派の男性も多くいますね。 ニューヨークを拠点に活動するDavid Williams(デイヴィッド・ウィリアムズ)の「Men & Cats」は猫を飼う男性とその猫を撮影した写真シリーズです。 とても仲良さそうな光景が捉えられていますが...
インドネシア最後の海上遊牧民「バジャウ族」たちを捉えた写真... ロンドンを拠点に活動するフォトグラファーのJames Morgan(ジェームズ・モーガン)はバジャウ族の人々を2011年に撮影し写真シリーズ「BAJAU LAUT: LAST OF THE SEA NOMADS(バジャウ・ラウト:最後の海の遊牧民)」として発表しています。マレーシア、インドネシア、フ...
【完全ホラー】顔が歪んだファッションモデル達の奇妙なポートレイト... ハンガリーのフォトグラファーFlora Borsiの制作する女性のポートレイトが奇妙。 歪な表情を投げかける女性達はトップモデル達。ファッション紙などに掲載されているファッションモデル達に施されたフォトレタッチは普通、美しく見せる為に修正するものですが、Flora Borsiは真逆のことをして...
シュールで幻想的なシーンを作り出すフォトグラファーNicholas Scarpinatoの不思議な写... ADB(ARTIST DATABASE)ではこれまでに多くの若い人たちを中心に多く制作されているシュール系の写真を紹介してきましたが、Nicholas Scarpinatoの写真作品もそこに分類されるのかもしれません。 Nicholas Scarpinatoもまた、ドラマティックで幻想的な光景...
不忍池に出没する奇妙な人々を撮影したポートレイト写真「Thirteen Orphans」... 山縣 勉(Tsutomu Yamagata)の写真シリーズ「Thirteen Orphans」をご紹介します。 このシリーズは東京都台東区の野恩賜公園にある不忍池(しのばずのいけ)で山縣 勉が出会った人々を撮影した作品です。以下のコンセプトを読むとわかりやすいと思います。 公園で...
     

SNSで更新情報を配信中!!