奪うものから奏でるものへ。押収された銃が生まれ変り楽器になる

メキシコのアーティストPedro Reyes(ペドロ・レイエス)は様々な銃を使って楽器を制作しています。

使われた銃はメキシコ軍が回収した銃などの残骸です。見た目が楽器だけでなく実際演奏も出来る本物の楽器たちです。

動画では木琴、ベース、シンバル、バイオリンなどで演奏している様子がおさめられています。犯罪などで使用されたであろう銃から音が奏でられる光景は銃を使わないでも暮らせる日々を祈っているかのようでもあり、銃としての本来の姿より輝いても見えます。コンセプトが素晴らしい作品ですね。






セッションしている様子。こちらが動画です。

pedro reyes: imagine – musical performance from designboom on Vimeo.






 
 
 

2016年9月27日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
欲しい!いや欲しくない!蛸をモチーフに作られたテーブルの存在感が凄い!!... アメリカの彫刻家ISAAC KRAUSSの制作した「Octopus Table」というテーブルをご紹介します。このテーブルはブロンズで作られています。 以前ご紹介した「海洋生物の造形を取り込んだグロテスクな陶芸作品「BOTTOM FEEDERS」」という陶芸作品もそうでしたが、海の有機的なモチ...
流れる落ちるような艶かしさと美しさ。布の立体感が秀逸な彫刻作品「Ghosts Underground... イタリアの彫刻家Livio Scarpellaの作品をご紹介します。顔にまとわりつく布の表情が秀逸ですね。 イタリア、ヴェネツィアのロココ調の彫刻家Antonio Corradini(アントニオ・コッラディーニ)(1668〜1752)に触発されて制作されたシリーズです。 液体のような布は...
官能的でフェティッシュ。食器の底に口が付いたら超不気味・・・... イスラエルの芸術家Ronit barangaの陶芸作品をご紹介します。皿やコップの底にリアルな口が造形されています。食べる為の道具である食器に口を付けるなんて・・・唇や舌のヌルっとした質感が上手く再現されています。 オブジェ作品ですので実際にこれで食事をすることはないのでしょうが、食べ終わった...
NIKEスニーカー×甲冑。戦国時代と現代のファッションが見事に融合した立体作品... こちらはスタイリスト三田真一、ステインアーティストの土屋秋恆、ファッションデザイナーのスズキタカユキによるユニットTENKIの作品です。ディレクションは三田真一が手がけています。こちらの作品は甲冑をイメージして作られました。 使われたのはNIKEのスニーカーであるAIR FORCE1で、これら...
柔らかい骨。かぎ針編みで表現された小動物の骨格... 「かぎ針編み」とはかぎ針と呼ばれる道具を用いる編み物で、帽子などの小物類、バッグなどを編むことができる手法の1つです。 Caitlin T. McCormack昆虫やカエル、タツノオトシゴ、架空の生き物など、小動物の骨格をかぎ針編みで表現しています。糸の集積から生まれるフォルム感や筋肉の繊維、...
     

SNSで更新情報を配信中!!