奪うものから奏でるものへ。押収された銃が生まれ変り楽器になる

メキシコのアーティストPedro Reyes(ペドロ・レイエス)は様々な銃を使って楽器を制作しています。

使われた銃はメキシコ軍が回収した銃などの残骸です。見た目が楽器だけでなく実際演奏も出来る本物の楽器たちです。

動画では木琴、ベース、シンバル、バイオリンなどで演奏している様子がおさめられています。犯罪などで使用されたであろう銃から音が奏でられる光景は銃を使わないでも暮らせる日々を祈っているかのようでもあり、銃としての本来の姿より輝いても見えます。コンセプトが素晴らしい作品ですね。






セッションしている様子。こちらが動画です。

pedro reyes: imagine – musical performance from designboom on Vimeo.






 
 
 

2016年9月27日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
欲しい!いや欲しくない!蛸をモチーフに作られたテーブルの存在感が凄い!!... アメリカの彫刻家ISAAC KRAUSSの制作した「Octopus Table」というテーブルをご紹介します。このテーブルはブロンズで作られています。 以前ご紹介した「海洋生物の造形を取り込んだグロテスクな陶芸作品「BOTTOM FEEDERS」」という陶芸作品もそうでしたが、海の有機的なモチ...
流れる落ちるような艶かしさと美しさ。布の立体感が秀逸な彫刻作品「Ghosts Underground... イタリアの彫刻家Livio Scarpellaの作品をご紹介します。顔にまとわりつく布の表情が秀逸ですね。 イタリア、ヴェネツィアのロココ調の彫刻家Antonio Corradini(アントニオ・コッラディーニ)(1668〜1752)に触発されて制作されたシリーズです。 液体のような布は...
官能的でフェティッシュ。食器の底に口が付いたら超不気味・・・... イスラエルの芸術家Ronit barangaの陶芸作品をご紹介します。皿やコップの底にリアルな口が造形されています。食べる為の道具である食器に口を付けるなんて・・・唇や舌のヌルっとした質感が上手く再現されています。 オブジェ作品ですので実際にこれで食事をすることはないのでしょうが、食べ終わった...
飛び出した肉片を連想させる。動物の剥製を使ったグロテスクなアート作品... トロント在住のアーティストRebecca Fin Simonettiの立体作品です。 奇形やキメラを思わせる剥製の他にポリマークレイ(樹脂粘土)や革などが素材として使われています。剥製の足下や体に付いているものは肉片や生皮を連想させますね。問題を投げかけるような意図や社会的なテーマ、抗議などは...
電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る