山本タカトが描いた舞台版「八つ墓村」のチラシ&表紙イラスト


独特の画風で知られ、「平成耽美主義」と呼ばれるイラストレーターの山本タカトがこれまでに手がけた小説、雑誌の表紙やポスターワークなどをご紹介します。

以前も関智一が座長をつとめる劇団、劇団ヘロヘロQカムパニーの舞台版「八つ墓村」チラシのイラストが「素敵過ぎる…!」だと話題となりましたね。


山本タカトの描いた八つ墓村

舞台の公演は終了していますが、山本タカトはこの「八つ墓村」の他にも横溝正史原作の公演チラシを手掛けています。どのイラストも原作のイメージや雰囲気を上手く加味した想像を掻き立てる、怪異と退廃の意匠が散りばめられた素晴らしい作品です。

「獄門島」

「悪魔が来りて笛を吹く」






以下からは小説や雑誌の表紙です。きっと、書店で見かけたら手にとってみたくなりますね。
「エムブリヲ奇譚」山白 朝子

「私のサイクロプス」山白 朝子

「金閣寺の首」朝松 健

「古今探偵十話」岡本綺堂

「岡本綺堂読物集」岡本綺堂

「新吾十番勝負」川口松太郎






「南総里見八犬伝」滝沢馬琴

「忍法帖短編全集」山田風太郎

「女妖記」西條八十

「華音」(雑誌)

舞台や小説の表紙ではないですが、鬼を成敗する狂気に満ちた「桃太郎」も有名ですね。もはや、どちらが正義なのかわからないほどの悪そうな表情ですね。






  

 
 
 

2016年8月20日に投稿された記事を再編集しています。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る