スタンリー・キューブリック

これが原点。「天才少年」と謳われた若きスタンリー・キューブリックの写真作品


「2001年宇宙の旅」、「時計仕掛けのオレンジ」、「シャイニング」などで知られる映画界の巨匠スタンリー・キューブリック監督が1940年代に撮影した写真をご紹介します。

1940年代、17歳から22歳の頃にルック誌の見習いカメラマンとして働いていた時代です。キューブリックはニューヨークの人々を捉えています。決して生き生きとした人物達が捉えられているわけではなく、どこか影のある人物やアングルで撮影されています。

この頃から独自の視点をもっていたことがわかりますね。関係者には「天才少年」と言われていたようです。ルック誌での活動の後、短編ドキュメンタリー「拳闘試合の日」を製作しルック誌を辞めています。映画を撮る以前、若いキューブリックのこれらの写真を残していることがとても興味深いですね。
















everyday_i_show: photos by Stanley Kubrick
スタンリー・キューブリック wiki

スタンリー・キューブリック ドラマ&影:写真1945‐1950
スタンリー・キューブリック ドラマ&影:写真1945‐1950

 
 
 

2014年4月1日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

着眼点が秀逸。シャボン玉の中に広がる世界を捉えたフォトグラファーの作品「World in a Bub... こちらはフォトグラファーTom Stormの「World in a Bubble」というプロジェクトの一連の写真作品です。アメリカ、ヨーロッパ、アジアの各国のランドマークを背景に多くのシャボン玉を撮影しています。 写し出されたシャボン玉はまるでシャボン玉の中にその風景が広がっているようでとても...
夢の中のよう。浮遊感溢れるガーリーでドリーミーな写真シリーズ「distorted gravity」... 女性が浮遊する写真と言えば、「本日の浮遊 Today's Levitation」の林ナツミが日本ではとても有名ですが、海外にも多くの浮遊する女性を撮影しているフォトグラファーがいます。 こちらはポルトガルを拠点に活動するフォトグラファーAnka Zhuravlevaの写真シリーズ「distor...
40年以上前に撮影された写真。子どもの夢にインスパイアされた作品がリアルにゾクゾクする・・・... こちらはアメリカのブルックリン生まれの写真家Arthur Tress(アーサー・トレス)(1940-)の「The Dream Collector」という写真シリーズです。 子どもたちの夢に触発されており、モノクロームであることやシンプルな演出がとてもリアリティを感じさせます。不安や焦燥感を掻き...
自然の中で生きるインドネシアの村人たちの日常生活を捉えた写真... ジャカルタを拠点に活動するフォトグラファーHerman Damar(ハーマン ダマール)の写真をご紹介します。インドネシアの魅力的な島々を訪れ村人たちの日常生活を捉えています。 木漏れ日がスポットライトのような演出をしていて絵画のようなドラマティックな空間が切り取られています。 関連の記...
プロ並みの腕前。豊かな自然と人々を捉えたタイの警察官が撮影した写真が素晴らしい。... タイのWanon niwas警察署に務める警察官Saravut Whansetは故郷のタイを写真を500pxに多く投稿しています。被写体となったのはタイの豊かな自然とそれと共生する人々。趣味とは思えない臨場感のあるハイレベルな写真を見ることができますよ。撮影技術も素晴らしいですが、なにより、母国への...
失われた農村風景。福島・奥会津を40年以上モノクロームで撮り続けた写真家・竹島善一... こちらは昭和50年代に撮影された竹島善一(たけしま・よしかず)の写真作品です。竹島善一は40年以上、福島県の奥会津に通い続け当時そこに暮らした人々を撮影しました。 茅葺民家で生活する人々、失われた農村の風景が映し出されています。上の写真は福島県田島町針生で1982年(昭和57年)に撮影された写...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る