【閲覧注意!?】うわぁぁぁ・・・残念過ぎる。食欲が失せるアンティーク調の食器セット

ドイツ人アーティストEvelyn Bracklowはアンティーク調の食器になんともリアルな蟻を手描きで追加しました。とても食欲が失せる作品ですね(笑)これで食事するかと思うとちょっとゾッとしてしまいます。

1匹1匹もリアルですが食器に群がる光景はテーブルの回りの雰囲気を変えてしまうほど精密に描かれていますね。

これらの作品はestyショップで約20,000〜40,000円で販売されていますので、気になった方は是非。

LAPHILIE by Evelyn Bracklow











次ページ:拡大すると・・・




この記事に興味のある方はこちらもオススメです

欲しい!いや欲しくない!蛸をモチーフに作られたテーブルの存在感が凄い!!... アメリカの彫刻家ISAAC KRAUSSの制作した「Octopus Table」というテーブルをご紹介します。このテーブルはブロンズで作られています。 以前ご紹介した「海洋生物の造形を取り込んだグロテスクな陶芸作品「BOTTOM FEEDERS」」という陶芸作品もそうでしたが、海の有機的なモチ...
【BEST20】H・R・ギーガーの手掛けたアルバムワーク... 映画「エイリアン」のクリチャーデザインを手がけたスイスのクールで生まれた画家でイラストレーターのH・R・ギーガー(1940-2014)はグロテスクでエロティックな作品を制作することでとても有名なアーティストですね。過去に当サイトで紹介している作品をご覧ください。以下。 ・H・R・ギーガーの特異...
飛び出した肉片を連想させる。動物の剥製を使ったグロテスクなアート作品... トロント在住のアーティストRebecca Fin Simonettiの立体作品です。 奇形やキメラを思わせる剥製の他にポリマークレイ(樹脂粘土)や革などが素材として使われています。剥製の足下や体に付いているものは肉片や生皮を連想させますね。問題を投げかけるような意図や社会的なテーマ、抗議などは...
電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
強烈なインパクト。ゴミ同然の人形から作られる不気味な人物像... 以前ご紹介したオーストラリアのFreya Jobbins(フレーヤ・ジョブビンズ)のオフィシャルに新作の立体作品が加わったようですので、再度紹介したいと思います。 リサイクルのおもちゃや人形を使うというコンセプトは以前と同じで、半身像など大きさ自体やスケール感がより強くなっています。相変わらず...
     

SNSで更新情報を配信中!!