【デザイン】こんなの見たことない・・・斬新過ぎて仰天する帽子


こちらはMAREUNROLというラトビアをベースに活動するファッションデザイナーMarite Mastina-PeterkopaとRolands Peterkopsによるファッションブランドのアートワークです。こんな斬新な帽子見たことないですよね。

帽子のつばが雲になったような、溶け出したような、表現し難いフォルムになっています。最初は画像加工かと思ったのですがそうではないみたいです。ウール、綿、デニム、ポリエステルなどの素材が使われています。

アメリカの画家エドワード・ホッパーの絵画作品に触発されたそうです。えっ、どこが?(笑)なんかの能力者みたいですね。






すべての画像を見る

MAREUNROL






 
 
 

2014年4月20日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【超クール】ポーランド生まれのデザイナーKatarzyna Konieczkaの過激でアバンギャルド... ポーランド生まれでロンドンを拠点にするファッション・コスチュームデザイナーKatarzyna Konieczkaの作品をご紹介します。 金属やワイヤーなどを使ってアバンギャルドなコスチュームをデザインしています。ゴシック、パンク、アバンギャル、ホラーなど様々要素が複雑に入り組んだようなとても刺...
強烈な個性。ファッショナブルな東京の若者を紹介した写真シリーズ「Tokyo Adorned」... こちらはアメリカの映画監督Thomas cardの「Tokyo Adorned」という写真シリーズで東京の若者の個性的なファッションに注目したものです。 同じ日本人が見てもかなり驚きのファッションですね。スチームパンクやアニメや漫画、サブカルから強く影響を受けたファッションやカラフルでサイケ、...
タイヤを大胆に使ったスタイリッシュでファッショナブルな作品「TREADWEAR」... デザイナーのCarl Gerard Elkinsはグッドイヤーのタイヤを使いとてもスタイリッシュな服「TREADWEAR」を制作しました。もちろん本物のタイヤを素材としては使ってはおらず、デジタルによる制作です。 (adsbygoogle = window.adsbygoo...
【乙女デコ】大正ロマン溢れるアール・デコスタイル。小林かいちの花開いた絵葉書が素敵... こちらは小林かいち(1896-1968)の作品群です。小林かいち(本名:小林嘉一郎)は主に木版絵師、図案家として大正後期から昭和初期に絵葉書や絵封筒などのデザインを多く手掛けました。京都を活動の拠点としており情緒溢れる風景や物憂げな女性たちを描いています。 当時若い女性を中心に人気があった...
【江戸〜明治】感染症への注意や健康を促す浮世絵・啓蒙ポスター集... カリフォルニア大学サンフランシスコ校に保管されている健康を促すポスターをご紹介します。 これらは江戸〜明治時代初期に制作された木版画です。病気に対する予防法などがこのようなビジュアルで浮世絵として伝えられていたことが興味深いですね。 当時は普通なのかもしれませんが、現在見るとユーモアと機...
カラフルで艶やか!5万個のグミで作られたドレス「THE GUMMY BEAR DRESS」... ファッションスタイリストのHissa Igarashi(ヒッサ・イガラシ)とSayuri Marakumi(サユリ・ムラカミ)は、5万個のグミベアを使ってこのドレス「THE GUMMY BEAR DRESS」を作りました。AlexanderMcQueen(アレグザンダー・マックイーン)の鮮やかなドレ...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る