【乙女デコ】大正ロマン溢れるアール・デコスタイル。小林かいちの花開いた絵葉書が素敵


こちらは小林かいち(1896-1968)の作品群です。小林かいち(本名:小林嘉一郎)は主に木版絵師、図案家として大正後期から昭和初期に絵葉書や絵封筒などのデザインを多く手掛けました。京都を活動の拠点としており情緒溢れる風景や物憂げな女性たちを描いています。

当時若い女性を中心に人気があったようで多くの模倣品が出回ったそうですよ。弥生美術館で作品をみたことがありますが、絵葉書サイズにシンプルでロマンティックな構成と落ち着いた色味が風情を漂わせていました。
経歴も2008年2月に遺族であるかいちの次男の方が名乗り出るまで不明なことが多かったようで、「謎の叙情版画家」、「謎の画家」、「幻の画家」と称されていました。

「刺青」や「春琴抄」、「陰翳礼讃」などで知られる小説家・谷崎潤一郎の作品「卍」の中に小林かいちの絵封筒に関する記載があります。
群馬県渋川市伊香保にある保科美術館では、小林かいちの作品200~300点が常設展示されていますので、気になった方は足を運んでみてください。

伊香保 保科美術館 公式ホームページ






小林かいち

小林かいち

すべての画像を見る






  

 
 
 

2016年10月22日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【江戸〜明治】感染症への注意や健康を促す浮世絵・啓蒙ポスター集... カリフォルニア大学サンフランシスコ校に保管されている健康を促すポスターをご紹介します。これらは江戸〜明治時代初期に制作された木版画です。病気に対する予防法などがこのようなビジュアルで浮世絵として伝えられていたことが興味深いですね。当時は普通なのかもしれませんが、現在見るとユーモアと機...
知られざる木版画絵師。クリムトも魅了した小原古邨(おはらこそん)の描いた花鳥獣図... 「小原古邨」展が2019年2月1日(金)~3月24日(日)の期間に太田記念美術館で開催されます。こちらは明治時代から昭和時代にかけて活躍したの浮世絵師・木版画家の小原古邨(おはらこそん)の木版画作品です。生涯多くの花鳥画を残しています。海外での評価が高く、オランダ国立アムステルダム美...
悪い結果が出そうな雰囲気。H.R.ギーガーが手掛けたタロットカードが不吉過ぎる... こちらはスイス出身の画家、イラストレーター、造形作家で、映画「エイリアン」シリーズでお馴染みのH.R.ギーガーの手掛けたタロットカードです。このタロットは寓意画が描かれる大アルカナと呼ばれる22枚のカードで、タロットカードの為に特別にデザインされたわけではなく既存の絵画作品をタロットに合わせ...
画壇の悪魔派・北野恒富が手掛けた異様な存在感を放つ女性達が描かれたポスター集... 昭和初期に活躍した画家、北野恒富(きたのつねとみ)(1880-1947)は最初挿絵画家としてデビューしました。洋画の画法の研究にも精を出しており、1900年代頃から展覧会に出品し多くの賞を受賞しています。その後、大阪美術会を創設、画塾白燿社を主宰し、大阪画壇の重鎮として活躍しました。エロティ...
【世界遺産】ロシアにあるオモチャのような建築物。400年以上もの歴史がある寺院・聖ワシリイ大聖堂... こちらはロシアにある1555年に建築された聖ワシリイ大聖堂という寺院です。首都モスクワの赤の広場に立っている観光名所の1つです。ポスニク・ヤーコブレフという方が設計され、この色彩になったのは17世紀から19世紀からで当時は違った雰囲気の色だったようです。1990年には世界遺産にも登録されています。 ...
意外なアングルに驚き!?動物の○○○をフラットデザインしたシリーズ「FLAT BUTTS」... これらはニューヨークのデザイナーPeter Jostrandが制作したグラフィックで「FLAT BUTTS」というタイトルのシリーズです。「BUTTS」というのは「尻」のことで様々な動物や昆虫などのお尻をフラットデザインで表現しています。確かに動物のお尻って無防備でかわいらしいものがあるのですが...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る