【江戸時代】小さくて可愛い見事な意匠。日本独自の小さな細密彫刻「根付」の世界

根付(ねつけ)」とは江戸時代に巾着などの帯から提げて携帯する時に紐の先に結わえて使用する滑り止めの留め具です。

その細密な彫刻は日本独自の文化から生まれました。海外でもその評価は高く装飾美術品として博物館や美術館に多くの日本の「根付」が所蔵されています。

携帯電話のストラップは「根付」が起源とされています。ガチャガチャのフィギュアなども想起させますね。大きさは小さいもので1cm程度とかなり小さいものもあり、素材は黄楊(ツゲ)(常緑小喬木)や象牙が使われています。

見事な意匠とユニークなキャラクターが彫られています。まさに日本文化が凝縮されたような小宇宙を感じますね。






以下は根付としては最高額約3,900万円で落札された和泉屋友忠「友忠の馬」






「形彫根付」、「饅頭根付」、「柳左根付」など形状にも様々な種類があります。詳しくはこちらに多くの情報が掲載されていますので、是非ご覧下さい→根付とは何ですか?






根付 (NHK美の壺)
根付 (NHK美の壺)

根付を楽しむ―掌の上のアート
根付を楽しむ―掌の上のアート

根付今昔 Past and Present (緑青 ROKUSHO vol.4)
根付今昔 Past and Present (緑青 ROKUSHO vol.4)

 
 
 

2014年4月25日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

超絶技巧の極致。伝説の彫刻家・安藤緑山の象牙彫刻が超リアル... 彫刻家・安藤緑山(あんどうりょくざん)(1885〜1955年)の象牙彫刻をご紹介します。 安藤緑山は象牙を使った彫刻作品である牙彫(げちょう)を主に制作した彫刻家です。江戸時代に始まった牙彫(げちょう)は、明治期に外貨獲得の国策として海外に輸出されはじめた、「牙彫ブーム」に安藤緑山も野菜や果物...
【超絶技巧】江戸後期から明治にかけて活躍した象牙彫刻家・島村俊明... こちらは島村俊明(1855・安政2年-1896・明治29年)(しまむらしゅんめい)の象牙彫刻作品です。上の作品は高さが約33㎝。豊かな表情とポーズの柔軟さ、細密に刻まれた衣服の文様など技術の高さが伺えます。 歴史上の人物をモチーフにした作品が多く、明治時代の象牙彫刻全盛期の一翼を担いました。 ...
光を当てると放つ強い存在感。ガラスを使って空間を演出する芸術作品が幻想的で儚い美しさ... 青木美歌(あおき みか)のインスタレーション作品をご紹介します。青木美歌(あおき みか)はガラスを使ってとても幻想的な空間を作り出しています。 1つ1つ繊細に作られた、まるで植物や微生物のような形態のガラス作品を空間に配置しています。光を当てることで輝きを増す透明で微細な造形は儚くもありますが...
内臓、脳味噌、頭蓋骨丸見え。グロテスク過ぎる可愛いお人形... こちらはイギリスのアーティストJessica Harrison(1982-)の陶芸作品シリーズ「Porcelain」です。 昔ながらの工芸的な置物のお人形かと思いきや、とんでもないことになっています。以前もこのアーティストの作品はご紹介したのですが、こういったグロテスクな表現を得意としています...
菱田春草の日本画。美しい日本の自然を描いた天才画家... 明治期に活躍した日本画家・菱田春草(ひしだしゅんそう)(1874年・明治7年〜1911年・明治44年)は、37歳という若さでこの世を去った日本画家です。美術行政家、美術運動家として近代日本美術の発展に大きな功績を残した岡倉天心の元で、横山大観、下村観山とともに日本美術院の一人として活躍しました。 ...
曽我蕭白の奇想世界。卓説した技術と強烈なインパクトで魅せる無頼の絵師... 伊藤若冲と合わせて人気の絵師・曽我蕭白は江戸時代を生きた絵師で、「異端」、「奇想」、「異様」、「破天荒」または「エキセントリック」などといった言葉で形容されること多いです。曽我蕭白の代表作「群仙図屏風」などにそれらの言葉が当てはまることだろうと思います。当時も「邪道に陥った者」、「画体いやし」などと...
     

SNSで更新情報を配信中!!