圧巻過ぎる・・・パ、パンダだらけな風景。環境保全を訴え、世界各国のランドマークに1600体が集合。


パリ、ローマ、ベルリン、イタリア、スイス、台湾など世界各国の様々なランドマークに1600体のパンダの張り子のオブジェが設置されました。

この取り組みはWWF(世界自然保護基金)とフランス人アーティストPaulo grangeonのコラボレーションで行われています。なぜ1600体のパンダなのかというと、全世界に生息するパンダの数1600頭だからで、このイベントを通し世界的な環境危機を認知させるのが目的だそうです。1600体のパンダの中に絶滅危惧種の動物も混ざっているとのこと。












この記事に興味のある方はこちらもオススメです

電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...
【押さえておくべき名作・23選】過去200年で歴史を揺るがした衝撃的で革新的な芸術作品... 美術史の中で名を残す革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。 Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。 ...
小人のような土偶を何万個と敷き詰めたインスタレーション作品「Field」... こちらはアーティストAntony Gormley(アントニー ゴームリー)の「Field」というインスタレーション作品です。 1989年にロンドンのスタジオで制作した150体からどんどん増えていき、なんとこれらの作品に使われた粘土の総重量は125トン。アメリカやカナダ、スウェーデン、日本でも制作し...
金魚部による公衆電話に金魚を泳がせたアート作品「金魚電話ボックス」... こちらは金魚部というアーティスト集団のインスタレーション作品です。コンセプトに「金魚に関する研究や作品制作・発表を通して伝統的な文化感覚への尊重を現代に伝える。」を掲げています。 2014年、大和郡山市に設置されたこの作品は、現代美術家である山本伸樹(やまもと のぶき)の電話ボックスの内部に生...
【閲覧注意】無数の黒い蝶が壁を覆い尽くすインスタレーション... メキシコ在住のビジュアル・アーティストCarlos Amoralesのインスタレーション作品をご紹介。遠くで見ると黒い塊が壁に、、、近づいてみると、、!!!!一匹ならまだ可愛いもののこんなに大量の蝶がいるなんて思いもよりませんね。 もちろん紙で作られた蝶で、本物ではないですが近くで見るインパク...
本物の鳥の羽を使って作られたKate MccGwireによる芸術作品... イギリスのアーティストKate MccGwire(ケイト・マクグワイア)(1964年生まれ)のインスタレーション作品をご紹介します。 Kate MccGwireは本物の鳥の羽、鳩やサギ、カラスにアヒルなどを専門に収集してオブジェやインスタレーション作品を作っています。 ここまで美しく羽を...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る