不穏でシュールな空気感。韓国のアーティストが描いたシンプルで美しいドローイング作品

こちらはソウル生まれのアーティストDaehyun Kim(1980-)のドローイング作品です。

ペン、マーカー、時折ブラシ​​などで描かれており、白黒で人物が登場するシンプルな構図ながら、とても美しいビジュアルを見せています。とても不思議な世界観です。

これの作品は「moonassi drawing(ムンサシ・ドローイング)」と名付けられており、2008年から制作されら一連のシリーズです。

アメリカのロックバンド、グリルリー・ベアーズの新アルバム「Painted Ruins」のビジュアルに使用されたり、雑誌や書籍の表紙、化粧品のパッケージなどに採用されています。

Daehyun Kim






すべての画像を見る






 
 
 

2014年5月7日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【薬物】LSDを摂取した女性が描いた自画像... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
【薬物】芸術家が実験台に。LSDを投与しながら描いた絵の結果が興味深い... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
【絵を描く】驚くべき進歩。上達の過程を年齢別に比較した画像に愕然... 絵の上達ぶりを年齢で追った画像を紹介。まさに見張る上達ぶり。それぞれで上達の過程や段階などはもちろん違いますが、好きで描き、惜しみない努力と苦労があったことは結果を見ればわかりますね。 結果と過程を見るとその年代でどんな作品が好きになって、どんな作品に影響されたのかがわかります。ただ上手になる...
「デューラーの再来」と言われた天才線描家ホルスト・ヤンセンの驚異のデッサン力... Horst Jansen(ホルスト・ヤンセン)(1929–1995)の作品をご紹介します。日本でも過去に何度か展覧会が開催されご存知の方も多いはずです。 1929年にドイツのハンブルグで生まれた時に、ホルスト・ヤンセンには、すでに父親がおらず、オルデンブルク出身の洋裁職人の母マーサ・ヤンセンと...
【驚愕】アルツハイマー病になりながらも自画像を描き続けた画家の記録... イギリス・ロンドンの画家ウィリアム・ウテルモーレン(William Utermohlen)の絵画作品をご紹介します。1933年生まれのウィリアムはアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)を患った画家として有名で、発病から晩年の作品変遷は驚愕の内容です。 ウィリアム・ウテルモーレンは、1933...
【遠近法】ワイヤーを用い2点透視図法で描く方法... ワイヤーを平行に固定し、そのワイヤーを引っ張るように針金でつまみ上げた線に沿って描くことで、遠近法、消失点が2つ存在する2点透視図法で建物を描いています。 二点透視方法とは? 動画でデモンストレーションされており、その描いている様子を見ることができます。ワイヤーにそって描くのでか...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る