不穏でシュールな空気感。韓国のアーティストが描いたシンプルで美しいドローイング作品


こちらはソウル生まれのアーティストDaehyun Kim(1980-)のドローイング作品です。

ペン、マーカー、時折ブラシ​​などで描かれており、白黒で人物が登場するシンプルな構図ながら、とても美しいビジュアルを見せています。とても不思議な世界観です。

これの作品は「moonassi drawing(ムンサシ・ドローイング)」と名付けられており、2008年から制作されら一連のシリーズです。

アメリカのロックバンド、グリルリー・ベアーズの新アルバム「Painted Ruins」のビジュアルに使用されたり、雑誌や書籍の表紙、化粧品のパッケージなどに採用されています。

Daehyun Kim






すべての画像を見る






 
 
 

2014年5月7日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【アール・ブリュット】チェコのアウトサイダーアーティストLubos Plnyが描く解剖図的抽象絵画... 「アール・ブリュット」とは生の芸術、アウトサイダー・アート(特に芸術の伝統的な訓練を受けておらず、名声を目指すでもなく、既成の芸術の流派や傾向・モードに一切とらわれることなく自然に表現した作品のこと wiki)のことです。Lubos Plny(ルボシュ・プル二ー)(1932-2003)さんは...
【薬物】芸術家が実験台に。LSDを投与しながら描いた絵の結果が興味深い... 危険ドラッグやマリファナ、ヘロイン、覚せい剤、LSD、など、世の中には薬物があり、それらの服用した事件や犯罪が世界各国で多発していますね。本当に怖いです。今回、ご紹介するこれらの9つのドローイングはある芸術家がLSDの影響下で描いた変化の過程を記録したものです。描かれているモデルとなった人物...
悪夢的絵画世界。アーティストLaurie Lipton(ローリー・リプトン)のドローイング作品... ニューヨーク出身でロサンゼルスを拠点に活動するアーティストLaurie Lipton(ローリー・リプトン)の絵画作品をご紹介します。恐怖政治、セクシュアリティ、欲、無関心などを主題にしたモノクロームのドローイング作品です。高熱でうなされた時のような、現実ではありえない光景がリアルに描かれてい...
心地よい昭和の匂い・・・居酒屋の哀愁漂うおじさん達を描いたドローイング作品... 前田幸三さんの作品をご紹介します。これらの作品群は居酒屋でお酒を飲むおじ達が生き生きと描かれています。時間や日付、そのおじ達の特徴やプロフィールなども文字で書かれています。おじ達の描写も素晴らしいですが、居酒屋の内部の描写も素晴らしいです。細かく室内が描かれています。見ているだけで昭和の匂い...
【画像説明】リアルな瞳の描き方 海外のサイトでリアルな瞳の描き方の画像が掲載されていましたのでご紹介します。ここでは色鉛筆で描いています。ではさっそくやってみましょう!(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});下描き ここでは茶...
生々しく残る傷跡。戦争で顔面を負傷した傷痍軍人たちのポートレイト... 外科医でもあった英国の画家Henry Tonks(ヘンリー・トンクス)(1861-1937)は第一次世界大戦で顔面を大幅に損傷した傷痍軍人たちのポートレイトを描き続けた画家です。パステルという顔を描き込むにはには、多少不向きな描画材料ではありますが、顔の肉感や傷の生々しさが克明に描かれていま...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る