牛久大仏や関羽像など。デカい超巨大彫像を撮影した写真シリーズ「Colosses」


フランスの写真家Fabrice Fouilletの写真シリーズ「Colosses(コロッセ)」をご紹介します。

この作品は世界各国の巨大な彫像を撮影した写真シリーズで、トルコ、ポーランド、中国、ウクライナにインドネシアなど、もちろん日本での撮影されており、茨城県の牛久市にある牛久大仏(120m)なども、シリーズの一部として撮影されています。

日本ですと、この牛久大仏の他にも宮城県の仙台大観音などが撮影されています。個人的には、中国の運城市にあるにある関羽像が圧倒的に好きです。ちなみに、運城市にある関羽像の他に、湖北省荊州市の関羽公園にも別の関羽像(58m)があります。

とはいえ、牛久大仏は、関羽像の58mをはるかに超える120m(台座込み)という高さを誇ります。

Fabrice Fouillet






母なる祖国像
ロシア、ボルゴグラード、1967年・86m

アフリカ・ルネサンスの像
セネガル、2010年・86m

アタテュルク・マスク
トルコ、2009年・40m

キリスト像
ポーランド、2010年・36m






白衣大観音
群馬県高崎市、1936年・42m

関羽像
中国、運城市、2010年・80m

牛久大仏
茨城県牛久市、1993年・120m

毛沢東像
中国、長沙、2009年・32m

マザーランドモニュメント
ウクライナ、キエフ、1981年・62m

キリスト像
インドネシア、マナド、2007年・30m

仙台大観音
宮城県、仙台市、1991年・100m






 
 
 

2014年5月7日に投稿された記事を再編集しています。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る