【10人】男前。若かりし頃のイケメン過ぎる巨匠芸術家たち


イケメン、かっこいい、男前な巨匠クラスの有名な芸術家達を集めてみました。1800年代後期から現代まででセレクトしてあります。芸術家といっても作家や音楽家、作曲家、詩人、デザイナーなどは含まず、画家、彫刻家、写真家が中心になっています。

「おい!○○○が抜けてるぞ!!やり直し!!」というご意見がございましたら教えて下さい。ドンドン追加していきます。






パウル・クレー Paul klee(1879-1940)

スイスの音楽教師の家に生まれ、キュビズムや、民族美術、幼児絵画などに触発された20世紀の画家です。
これはもうギャップにやられる感じですね。クレーといえば落ち着いたカラフルな色味の優しい絵を描いている人ですが・・・こんなワイルドで渋いの!?と。温かみある眼差しが素敵ですね。

イサム・ノグチ Isamu noguchi(1904-1988)

ロサンゼルス生まれの彫刻家。モニュメント、庭や公園などの環境設計、家具や照明のインテリアから、舞台美術までの幅広い活動しました。
父親が日本人の慶應義塾大学教授の野口米次郎で母親がアメリカ人作家・教師のレオニー・ギルモアというハーフかつサラブレッド。目鼻立ちがしっかりしていていかにも秀才タイプのルックスです。

アメデオ・モディリアーニ Amedeo Clemente Modigliani(1884-1920)

女性の肖像画がとても有名なエコール・ド・パリの画家です。
あご髭と無造作に生えた口髭、七三分け、服装も清潔感があってオシャレです。さすがイタリア人とも言うべきでしょうか。「モンパルナスの貧乏な貴公子」と呼ばれていたそうですよ。「貴公子」の名に相応しいルックスです。35歳という若さで亡くなっています。






ベルナード・ビュッフェ Bernard buffet(1928-1999)

黒く鋭く強い線の輪郭で多くの人物や風景を描いたフランスの画家。
若くしてデビューし高い評価を受けただけあって自信に満ちあふれていますね。無造作ヘアーと甘いルックス。健康的なイケメンですね。

オーギュスト・ロダン Auguste Rodin(1840-1917)

「近代彫刻の父」と称される19世紀を代表する彫刻家。「考える人」や「地獄の門」などが有名ですね。
眉間に寄せた神経質な表情やどこかミステリアスな雰囲気がいいですね。生前は多くの愛人がいるほどのプレイボーイぶりを発揮しています。






バルテュス Balthus(1908-2001)

バルテュスは生々しいエロチシスムを漂わせる艶かしい少女の絵を描いたフランスの画家。
なんとも横顔が好青年ですね。中性的な顔の作りは今で言うジャニーズ系にあたるのかもしれませんね。

こちらもバルテュス。まるで青年実業家。

エゴン・シーレ Egon Schiele(1890-1918)

表現主義による鋭い人物描画を得意としたオーストリアの画家。グスタフ・クリムトと活動時期が重なっていますね。
角度によってはイケメンに見えない写真もあるのですが、この写真はとても良い感じに収まっていますね。上目がちな母性をくすぐるような表情がとても印象的。オールバックを古臭く感じさせません。顎を引いたポーズが好きなようですね。

パブロ・ピカソ Pablo Picasso(1881-1973)

ピカソはキュビスムの創始者、生涯において何万点もの作品を残した多作の芸術家、本名が以上に長いなどで有名なピカソ(笑)。
とても有名な写真なのでご存知の方も多いはずです。23歳の時の写真のようですね。目力が凄い。眩しいくらいの若々しいオーラですね。実に男前です。

サルバドール・ダリ Salvador Dali(1904-1989)

お馴染みのスペインのシュルレアリスムの代表的な画家サルバドール・ダリ
正統派ではなく多少個性的なハンサムに分類されるかもしません。強い眼差しと溢れる情熱が写真からも伝わってきますね。シュッとしたあごのラインや口ひげ、とても凛々しい顔立ちです。伊達男って感じですね。

ルシアン・フロイド Lucian freud(1922-2011)

最後はルシアン・フロイド。祖父は精神分析医のジークムント・フロイト。イギリスの画家で量感をしっかり捉えた絵の具を厚塗りにした人物像やヌードを多く描きました。
個人的にはダントツの1位ですね。まさにイケメン。知的な雰囲気と整った目鼻立ち。俳優かよ!!

横顔が美しい。動物好きな所もまた魅力ですね(笑)

良い写真がなかったりなどの理由で選考外にしました。
・ピエト・モンドリアン Piet Mondrian
・ウィレム・デ・クーニング Willem de Kooning






 
 
 

2014年5月10日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【デロリの世界】一度見たら忘れられない異様な迫力。日本画壇の先駆者達の濃ゆ〜い近代絵画... 明治から大正期にかけて描かれた画風や絵のテイストが濃く奇妙、奇怪、不気味な作品でビジュアル的にインパクトのある作品をご紹介します。これらの作品は「デロリ」という言葉で形容されることが多く、その言葉から作品の異様さが表現されています。もちろんいい意味で。「デロリ」というのは画家・岸田劉生が甲斐庄楠...
【映像】絵画を動かしたいという欲求と実現する技術... ここ数年で、絵画が動くという記事や作品を見ることが多くなって気がします。てか多いです。様々なアーティストやグループが様々な方法で昔の絵画を動かすこと試みています。海外の有名なブログでも多く取り上げられムーブメントというほどではないですが動向として押さえておいてもいいかもしれませんね。ではさっそく。 ...
【江戸〜明治】感染症への注意や健康を促す浮世絵・啓蒙ポスター集... カリフォルニア大学サンフランシスコ校に保管されている健康を促すポスターをご紹介します。これらは江戸〜明治時代初期に制作された木版画です。病気に対する予防法などがこのようなビジュアルで浮世絵として伝えられていたことが興味深いですね。当時は普通なのかもしれませんが、現在見るとユーモアと機...
【7選】甘くて美味しそう!!ヨダレが出そうなほど超リアルなスイーツを描いた絵画作品まとめ... デザート、お菓子などをモチーフにしたリアルな絵画(フォトリアリズムペインティング)を制作している現代の画家を紹介したいと思います。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});Mary Ellen ...
すべてを肯定する「YES」の1文字。ジョンとヨーコの出会いを決定付けた記念碑的作品「天井の絵」... こちらはオノ・ヨーコとジョン・レノンの出会いのきっかけとなった作品「天井の絵/イエス(YES)・ペインティング」です。1966年、前衛芸術家として活躍していたオノ・ヨーコはロンドンのインディカ・ギャラリーで個展「未完成の絵画とオブジェ」を開催します。その前日にジョン・レノンがギャラリーを訪れ...
【34選】芸術的な自画撮り写真。世界の有名フォトグラファー達のセルフポートレイト集... これらは写真史に名を残す有名フォトグラファーのセルフポートレイトです。直下の写真はドイツ出身の写真家Helmut Newton(ヘルムート・ニュートン)の作品です。セルフポートレイトとは思えないアングルがとても印象的です。顔を映すだけがセルフポートレイトではないことを教えてくれますね。自分を撮影する...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る