雑然として散らかった室内。画家フランシス・ベーコンが30年以上描き続けたアトリエの写真


こちらは画家フランシス・ベーコンのアトリエ写真を集めたものです。改めて見るとやっぱり凄いですね。

よくこんな所であのような絵が描けたものですね。むしろ、この空間だったからこそあれらの絵が描けたのかもしれません。ベーコンはロンドンのサウス・ケンジントンのリース・ミューズ7番地にあったこのアトリエで1992年に没するまで制作しています。足の踏み場のないほど散らかった室内、部屋の壁やドアには絵の具が盛られています。

制作中にこの盛られた絵の具を布きれでこすり取り、キャンバスに押しつけて描いたそうです。また部屋に積もった埃を指ですくいとっり絵の具の中に擦りつけたりしていました。この部屋自体が画家のパレットだったということですかね。






すべての画像を見る






ここからカラー写真です。ダブリン市立ヒュー・レーン美術館内に復元されたアトリエも含みます。復元されたアトリエには元のアトリエにつもったホコリも一緒に箱詰めされたそうです。かなり徹底され復元されています。

すべての画像を見る






フランシス・ベーコン BACON
ルイジ・フィカッチ
タッシェン・ジャパン

   

 
 
 

2014年5月20日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

これが絵画!?ゴミみたいなボロボロ過ぎる絵画作品... ブルックリンを拠点に活動するアーティストValerie Hegartyの作品をご紹介します。なんともダイナミックな作品ですね。ボロボロになったり、額が枝になっていたりと、、、。もうなんだかよく分かりませんね。絵画というよりはインスタレーション、立体作品といったほうが適切かもしれません。 ズ...
奇怪で奇妙。ウィーン幻想派の代表的画家エルンスト・フックスの禍々しい絵画作品... 1950年前後、ウィーン幻想派というオーストリアのウィーンに集まって古典絵画技法(油絵の具とテンペラを併用した混合技法)を再建させた一派がありました。そのウィーン幻想派の中の1人で、Rudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)と並んで代表的な画家で、中心人物のErnst Fuchs(エルンスト...
鳩の侍姿が可笑しい。鈴木博雄の日本画作品「長篠鳩合戦豆鉄砲三段撃ち」... こちらは日本画家の鈴木博雄さんの作品「長篠鳩合戦豆鉄砲三段撃ち」(F6,410㎜×318㎜,2015年)です。ご覧の通り、慣用句の「鳩が豆鉄砲を食らう」と「長篠の戦い」での織田軍の三段撃ちをかけたユニークな作品になっています。 構えている銃は火縄銃ではなくもちろん豆鉄砲ですね。この作品はt...
懐かしさ漂う奇妙な世界。虎をモチーフにした絵画など多彩に活躍したタイガー立石... 立石大河亞、タイガー立石(TATEISHI Tiger)(1941-1998)さんは名前にも「タイガー」、「大河亞」と入っていたり、画集もそれにちなんで「TRA(トラ)」と名付けるなど、生涯を通して虎を描き続けました。描かれたのはただの虎ではなく、紐になった形態やロボットのような一風変わったシュ...
なんというリアリティ。大胆で的確な一筆一筆が雪山に変化した超厚塗り絵画... スイスの画家Conrad Jon Godlyによる絵画作品です。厚塗りの油絵の具の一筆一筆が絶妙に重なり合い雪山が描かれています。自身で撮影した写真をもとに描いているようです。豪快かつ正確な筆跡があるからこそ雪山として見ることができます。是非、目を細めて見て頂きたいです。...
享年30歳。飛び降り自殺した画家・深井克美の描く幻想世界... 深井克美(ふかいかつみ)という画家をご存知でしょうか?30歳(1948年~1978年)という若さで亡くなられた函館生まれの画家です。14歳の時、結核に感染し当時としては難病である脊椎カリエス(肺からの結核菌(けっかくきん)が血行性に運ばれて発症する結核性脊椎炎 出典:goo)を患っています。...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る