【34選】芸術的な自画撮り写真。世界の有名フォトグラファー達のセルフポートレイト集

これらは写真史に名を残す有名フォトグラファーのセルフポートレイトです。直下の写真はドイツ出身の写真家Helmut Newton(ヘルムート・ニュートン)の作品です。セルフポートレイトとは思えないアングルがとても印象的です。顔を映すだけがセルフポートレイトではないことを教えてくれますね。自分を撮影するというシンプルなテーマに対してそれぞれが取った方法が実に興味深いです。

セルフポートレートとはもともと「写真家自身を写した自写像」を指すようで、最初期のセルフポートレートはカロタイプを発明したイポリット・バヤールの「溺死者に扮したセルフポートレート」(1840年)という説があるそうです。

今回ご紹介した作品はどれも静謐さが漂っていますが、中でもMan Rayのセルフポートレートに関しては、まるで煙を描いた素描のような美しさを感じます。画面に表現された人物のアウトラインやぼかしたような雰囲気、白と黒を反転したかのような甘美さが特徴的ですね。

一方でJoel-Peter Witkinのセルフポートレートは獣の被り物を顔に身に着けた男性と、仮面舞踏会で身に着けるようなマスクをした少年が寄り添っていて、こちらを見つめています。私たちは写真と目が合い、その瞬間が非常に魅惑的でドキッとしますね。多様化された表現方法の1つ1つを紐解くのが面白いです。

よくよく考えてみると写真家は他の被写体、静物、風景、空間を撮影することはあっても自分自身にカメラを向けるということは意図しなければできない・しないという点で、今回の記事は貴重な作品群と言えそうです。自分の背中が自分で見られないような感覚と同じかもしれませんね。






ヘルムート・ニュートン(Helmut Newton)

アンリ・カルティエ=ブレッソン Henri Cartier-Bresson

Man Ray マン・レイ

イモージン・カニンガム Imogen Cunningham

リー・フリードランダー Lee Friedlander

Joel-Peter Witkin ジョエル=ピーター・ウィトキン

Diane Arbus ダイアン・アーバス

荒木経惟 Nobuyoshi Araki

Bill Brandt ビル・ブラント

Annie Leibovitz アニー・リーボヴィッツ

Robert Capa ロバート・キャパ

Erwin Blumenfeld アーウィン・ブルーメンフェルド

Ed van der Elsken エド・ファン・デア・エルスケン






Umbo(Otto Maximilan)

Sally Mann サリー・マン

Edward Weston エドワード・ウェストン

Richard Avedon リチャード・アヴェドン

Josef Sudek ヨゼフ・スデック

August Sander アウグスト・ザンダー

Gordon Parks ゴードン・パークス

Nick Veasey ニック・ビージー

Robert Mapplethorpe ロバート・メイプルソープ

Willy Ronis ウィリー・ロニ

Vivian Maier ビビアン・マイヤー

奇跡の写真家伝わる空気感と素晴らしい構図感覚。無名フォトグラファーが捉えた50年代のアメリカ

Nan Goldin ナン・ゴールディン

Irving Penn アーヴィング・ペン

Andreas Feininger アンドレアス・ファイニンガー

Cecil Beaton セシル・ビートン

Rondal Partridge ロンダル・パートリッジ

Lillian Bassman リリアン・バスマン

Arnold Newman アーノルド·アブナー·ニューマン

Robert Doisneau ロベール・ドアノー


パリを舞台に描かれるヒューマニズム。写真史上に大きな足跡を残したロベール・ドアノーの作品

Walker Evans ウォーカー・エバンス

Yousuf Karsh ユーサフ・カーシュ

Cindy Sherman シンディ・シャーマン






 
 
 

2014年5月27日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【まとめ】若手フォトグラファーを中心に流行中!?シュール系ポートレイト写真... シュールなテイストのポートレイト写真が若いアーティストを中心に流行っているみたいですね。最近、海外サイトを見るとよく拡散されていますのでこの機会にまとめておきたいと思います。 アメリカの写真家ロバート&シャナ・パークハリソン夫妻(Robert and Shana ParkeHarrison)や...
路上で客を待ち続ける売春婦を捉えた写真シリーズ「The Waiting Game 」... スペインの写真家Txema Salvansは路上で客を待つ売春婦の姿を捉えました。スペインでは若年層の失業率が高く、こういった道路の測道などで客を待つ娼婦が増えているそうです。 これらの写真シリーズ「The Waiting Game」はスペインの地中海沿岸に沿って、6年間という長期に渡って撮影...
官能的な空間。暗闇から浮かび上がる艶かしい女性を捉えた写真作品... 南アメリカで生まれ、オランダで育ったフォトアーティスト/デジタルアーティストMariska Karto(マリスカ・カルト)の写真作品をご紹介します。 強い明暗や深い色彩は16世紀末から17世紀のバロック絵画にインスピレーションを得ているようです。わずかな光源にある艶かしい女性の肢体がとても幻想...
着眼点が秀逸。シャボン玉の中に広がる世界を捉えたフォトグラファーの作品「World in a Bub... こちらはフォトグラファーTom Stormの「World in a Bubble」というプロジェクトの一連の写真作品です。アメリカ、ヨーロッパ、アジアの各国のランドマークを背景に多くのシャボン玉を撮影しています。 写し出されたシャボン玉はまるでシャボン玉の中にその風景が広がっているようでとても...
夢の中のよう。浮遊感溢れるガーリーでドリーミーな写真シリーズ「distorted gravity」... 女性が浮遊する写真と言えば、「本日の浮遊 Today's Levitation」の林ナツミが日本ではとても有名ですが、海外にも多くの浮遊する女性を撮影しているフォトグラファーがいます。 こちらはポルトガルを拠点に活動するフォトグラファーAnka Zhuravlevaの写真シリーズ「distor...
40年以上前に撮影された写真。子どもの夢にインスパイアされた作品がリアルにゾクゾクする・・・... こちらはアメリカのブルックリン生まれの写真家Arthur Tress(アーサー・トレス)(1940-)の「The Dream Collector」という写真シリーズです。 子どもたちの夢に触発されており、モノクロームであることやシンプルな演出がとてもリアリティを感じさせます。不安や焦燥感を掻き...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る