池永康晟

【現代美人画】絵に恋しそう・・・池永康晟が描く独特の色香を放つ女性たち


日本画家・池永康晟(やすなり)の作品をご紹介します。上の作品は「真美」という方がモデルとなっており作品のタイトルにもなっています。華々しい色使いではなく落ち着いたどこかノスタルジックな雰囲気さえ漂っています。

日本人女性らしさを出すためにこの色彩が生まれたのでしょうか?モデルとなった女性の仕草や角度、徹底された美意識の元に描かれていることがわかります。

ポーズの自然さ、視線の方向、顎の滑らかな輪郭線の美しさ、唇の艶やかさは必見ですよ。キャプションは作品のモデルになった女性の名前です。ではご覧下さい。

光沢するなめらかな肩に。
紅潮するすべらかな頬に。
愛した人の其れに触れる事がたとえ叶わなくとも。
画の中では唯一私のものになる。
愛した人の肉体が朽ち果てた後も。
私の画はあなたが存在した事を。
あなたへの賛美を。
私の情熱を宣言し続ける。
あなたの愛情と肢体が現世では私以外の誰のものであっても、
私は描く事で永遠の勝利を得たとは言えないのだろうか。
描く事は告白であり、ごく私的な出来事のように感じている。
表現などしない。
「あなたを愛した」ただそれだけの事である

池永康晟






 






池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福

 
 
 

2014年5月28日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

美人画の名手。日本画家・志村立美の描く艶やかな美女たち... 日本画家・志村立美(しむらたつみ)(1907〜1980)の作品をご紹介します。初期は挿絵画家として活躍し、美人画を制作し始めたのは晩年になってからです。志村氏の晩年に描いた美人画は非常に評価が高く点数も少ないため貴重なものとなっています。切れ長の目に発光するかのような白く美しい肌が日...
コロコロ、フモフモ!!江戸時代の絵師が描いたワンコたち(9選)... 江戸時代の日本画家・浮世絵師が犬をモチーフに描いた作品を集めてみました。コロコロ、フモフモしていて本当に可愛い犬たちです。ネット上では犬より猫のほうが人気な傾向があるようですが、犬もなかなか可愛いですよ!上の作品は山口素絢の「朝顔狗子図」(1792)という作品です。ではさっそくご覧下さい。 ...
簡素で的確な描写。日本画家・竹内栖鳳の描いた猫... 竹内栖鳳(たけうち せいほう)(1864〜1942)は戦前の日本画家で、「動物を描けば、その匂いまで描くといわれた達人」だったそうです。この簡単に描かれた猫からもその異名の由来がわかりますね。かなり、サクッと描かれていますが、的確に引かれた線に、ものすごい観察力と造形力を感じずにはいられませ...
鳩の侍姿が可笑しい。鈴木博雄の日本画作品「長篠鳩合戦豆鉄砲三段撃ち」... こちらは日本画家の鈴木博雄の作品「長篠鳩合戦豆鉄砲三段撃ち」(F6,410㎜×318㎜,2015年)です。ご覧の通り、慣用句の「鳩が豆鉄砲を食らう」と「長篠の戦い」での織田軍の三段撃ちをかけたユニークな作品になっています。 構えている銃は火縄銃ではなくもちろん豆鉄砲ですね。この作品はtum...
耽美で艶かしい女性たち。大正ロマンを現代に甦らせる画家・佃喜翔の美人画... 大正ロマンを代表する画家や画家・イラストレーターでは竹久夢二、高畠華宵が有名ですが、現代にもその息吹を感じさせる作品を制作しているアーティストがいます。熊本県出身の画家、イラストレータの佃喜翔(つくだ きしょう)(1955-)は歌舞伎・大正ロマンをテーマに美人画や懐かしい少女雑誌の口絵のよう...
奇想の天才絵師・河鍋暁斎の描いた幽霊画... 幕末・明治初期を代表する浮世絵師・河鍋暁斎の描いた幽霊画をご紹介します。以前も「処刑場を描いた河鍋暁斎の作品がかなり衝撃的」という記事でご紹介しましたね。今回は幽霊画です。こちらの作品もかなりインパクトがあって素晴らしい作品です。気持ち悪いほど幽霊の存在が際立っています。...

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る