【父親を殺害した画家】約40年間、精神病院で絵を描き続けたリチャード・ダッドの作品

イギリスの画家リチャード・ダッド(1817-1886)の作品をご紹介します。画家としての才能は早熟で、20歳で入学した王立アカデミー・スクールでは素描でクラスの中で1位、才能が傑出したようです。

しかし26歳ごろに精神に異常をきたし始め、実の父親を散歩中にナイフで刺殺しています。「自分はエジプトの神オシリスの下僕であり、その命を受け父親に変装した悪魔を刺し殺した」というのが犯行の動機です。父親を悪魔と思い込んでしまいます。

ヨーロッパや中東に旅行に行った頃から妄想を抱くようになったと言われています。その後、フランスへ逃亡し、オーストリア皇帝を含む多くの人を殺さなければならないと信じ、殺人未遂で逮捕されることになります。

上は代表作とも言える「お伽の樵(きこり)の入神の一撃」(The Fairy Feller’s Master-Stroke)という作品の細部です。
逮捕後、王立べスレム病院付属犯罪者精神病院に収容され、病院の中で10年かけてこの絵を完成させたといわれています。

重厚感ある色彩と複雑に入り組んだ階層は見応えがあり、画面の隅々まで描かれた超密度の作品です。こんなに描かれているにも関わらず、未完成だそうです。






こちらが全体

対立・オベロンとティターニア






狂えるジェーン

バッカス祭の情景

バック

夕べ

1844年にべスレム病院付属犯罪者精神病院に入院した20年後、1864年にバークシャーのブロードモアに新設された犯罪者精神病院へ移送され、42年の間病棟で絵を描きながら過ごし、1886年肺結核で亡くなっています。享年68歳でした。






現在、日本国内で手に入る唯一のダッド画集。
ダッドの代表作「お伽の樵の入神の一撃」は小学館世界美術大全などにも入っていますが、水彩画やスケッチなどまとまった作例を集めている例は他にありません。
 ダッドは時代で言うと、19世紀後半・ロマン派が隆盛した頃のイギリス人画家です。アカデミーでは将来を熱望される最も優秀な学生の一人でしたが、1842年のエジプト旅行をきっかけにその精神に異常をきたし、自らの手で父親を殺害するに至ります。
以降、二度と正気を取り戻すことのなかったダッドは精神病院の中で人生をおくりました。作品の大部分は精神病院の中で制作されています。
 このような陰鬱な背景のため、ダッドの作品はどうしてもおどろおどろしい眼でみられがちです。なかなか一般の知名度が上がらないのもそのせいかもしれません。
 しかし、作品の魅力は抗いがたいものがあります。
独特の、生気が失われたまるで夢の中のような色彩。植物などに代表される精緻な描き込み。
その中で時間は止まり、人物たちは与えられた役を永遠に演じ続ける役者のようです。全集系の本で「お伽の樵~」等を見かけ、ダッドの世界に魅せられた人にはぜひお薦め。
Amazonレビューより

リチャード・ダッド (夢人館8)
小柳 玲子, リチャード・ダッド
岩崎美術社

 
 
 

2014年6月4日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

懐かしさ漂う奇妙な世界。虎をモチーフにした絵画など多彩に活躍したタイガー立石... 立石大河亞、タイガー立石(TATEISHI Tiger)(1941-1998)は名前にも「タイガー」、「大河亞」と入っていたり、画集もそれにちなんで「TRA(トラ)」と名付けるなど、生涯を通して虎を描き続けました。 描かれたのはただの虎ではなく、紐になった形態やロボットのような一風変わったシュ...
包帯を巻いた痛々しい子供達。超リアルでシリアスな光景を描いたゴットフリート・ヘルンヴァインの絵画作品... アイルランドとロサンゼルスの両方を拠点として活動しているオーストリア系アイルランド人の画家、写真家のGottfried Helnwein(ゴットフリート・ヘルンヴァイン)の絵画作品をご紹介。 彼の作品の中でも傷ついた包帯を頭部や手首全体に巻きつけた少女の作品は代表作とも言えるほど有名です。苦し...
まるで迷宮。画家・遠藤彰子が大画面に描く幻想的で異空間のような都市... こちらは日本の洋画家遠藤彰子さんの絵画作品です。縦横無尽に広がる都市空間、まるで生き物のようなうねり、空間の歪みを見せています。 人々の顔に落ちるはっきりと描かれた明暗は内面の不安定さを表現しているようにも見え、また、どこか希望を抱いているような表情にも見えます。 遠藤彰子さんは80年代...
奇怪で奇妙。ウィーン幻想派の代表的画家エルンスト・フックスの禍々しい絵画作品... 1950年前後、ウィーン幻想派というオーストリアのウィーンに集まって古典絵画技法(油絵の具とテンペラを併用した混合技法)を再建させた一派がありました。そのウィーン幻想派の中の1人で、Rudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)と並んで代表的な画家で、中心人物のErnst Fuchs(エルンスト...
なんというリアリティ。大胆で的確な一筆一筆が雪山に変化した超厚塗り絵画... スイスの画家Conrad Jon Godlyによる絵画作品です。 厚塗りの油絵の具の一筆一筆が絶妙に重なり合い雪山が描かれています。自身で撮影した写真をもとに描いているようです。 豪快かつ正確な筆跡があるからこそ雪山として見ることができます。是非、目を細めて見て頂きたいです。 ...
【7選】甘くて美味しそう!!ヨダレが出そうなほど超リアルなスイーツを描いた絵画作品まとめ... デザート、お菓子などをモチーフにしたリアルな絵画(フォトリアリズムペインティング)を制作している現代の画家を紹介したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Mary Ellen ...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る