【まとめ】若手フォトグラファーを中心に流行中!?シュール系ポートレイト写真を集めたよ


シュールなテイストのポートレイト写真が若いアーティストを中心に流行っているみたいですね。最近、海外サイトを見るとよく拡散されていますのでこの機会にまとめておきたいと思います。

アメリカの写真家ロバート&シャナ・パークハリソン夫妻(Robert and Shana ParkeHarrison)やシュールレアリスム画家、ルネ・マグリットの影響が色濃く見られますね。上の作品はロバート&シャナ・パークハリソン夫妻の「Flying Lesson」(2000)という作品です。

紹介するのフォトグラファーの写真にはいくつかの共通した特徴があります。以下。

・森の中
・人物が浮きがち
・洒落ている
・夢の中のようなシュールな世界






ではさっそく見て行きましょう。

Oleg Oprisco(オレグ・オプリスコ)

ウクライナ・キエフの写真家Oleg Opriscoの写真です。

Trini Schultz(トリニ シュルツ)

カリフォルニアの写真家Trini Schultzの写真。かなりマグリットっぽいですね。

Kylie Woon(カイリー ウォーン)

夢の中のような世界観を見ることができます。このような写真の他に多くの人物が浮遊する写真も撮影しています。

Logan Zillmer(ローガン ジルマー)

アメリカのアーティストLogan Zillmerデジタル作品です。撮影した写真をレタッチすることでこれらの画像を制作しました。加工画像とわかっていても魅入ってしまうほど高い技術を見せています。







この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【34選】芸術的な自画撮り写真。世界の有名フォトグラファー達のセルフポートレイト集... これらは写真史に名を残す有名フォトグラファーのセルフポートレイトです。直下の写真はドイツ出身の写真家Helmut Newton(ヘルムート・ニュートン)の作品です。セルフポートレイトとは思えないアングルがとても印象的です。顔を映すだけがセルフポートレイトではないことを教えてくれますね。自分を撮影する...
【3選】今なお残る色濃い影響。20世紀アメリカの具象絵画を代表する画家・エドワード・ホッパーの絵画作... エドワード・ホッパーは20世紀アメリカの具象絵画を代表する1人としてとても有名なアーティストです。アメリカの風景や人物の中に不安や孤独を表現したかのような絵画作品は今でも多くの人に影響を与えています。そんなエドワード・ホッパーの絵画作品を「写真」、「映像」、「インスタレーション」という絵画とは異...
着眼点が秀逸。シャボン玉の中に広がる世界を捉えたフォトグラファーの作品「World in a Bub... こちらはフォトグラファーTom Stormの「World in a Bubble」というプロジェクトの一連の写真作品です。アメリカ、ヨーロッパ、アジアの各国のランドマークを背景に多くのシャボン玉を撮影しています。 写し出されたシャボン玉はまるでシャボン玉の中にその風景が広がっているようでとても...
夢の中のよう。浮遊感溢れるガーリーでドリーミーな写真シリーズ「distorted gravity」... 女性が浮遊する写真と言えば、「本日の浮遊 Today's Levitation」の林ナツミが日本ではとても有名ですが、海外にも多くの浮遊する女性を撮影しているフォトグラファーがいます。 こちらはポルトガルを拠点に活動するフォトグラファーAnka Zhuravlevaの写真シリーズ「distor...
40年以上前に撮影された写真。子どもの夢にインスパイアされた作品がリアルにゾクゾクする・・・... こちらはアメリカのブルックリン生まれの写真家Arthur Tress(アーサー・トレス)(1940-)の「The Dream Collector」という写真シリーズです。 子どもたちの夢に触発されており、モノクロームであることやシンプルな演出がとてもリアリティを感じさせます。不安や焦燥感を掻き...
自然の中で生きるインドネシアの村人たちの日常生活を捉えた写真... ジャカルタを拠点に活動するフォトグラファーHerman Damar(ハーマン ダマール)の写真をご紹介します。インドネシアの魅力的な島々を訪れ村人たちの日常生活を捉えています。 木漏れ日がスポットライトのような演出をしていて絵画のようなドラマティックな空間が切り取られています。 関連の記...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る