【まとめ】若手フォトグラファーを中心に流行中!?シュール系ポートレイト写真

シュールなテイストのポートレイト写真が若いアーティストを中心に流行っているみたいですね。最近、海外サイトを見るとよく拡散されていますのでこの機会にまとめておきたいと思います。

アメリカの写真家ロバート&シャナ・パークハリソン夫妻(Robert and Shana ParkeHarrison)やシュールレアリスム画家、ルネ・マグリットの影響が色濃く見られますね。

紹介するのフォトグラファーの写真にはいくつかの共通した特徴があります。森の中、人物が浮きがち、夢の中のような不安定な世界が表現されています。






Oleg Oprisco(オレグ・オプリスコ)

ウクライナ・キエフの写真家Oleg Opriscoの写真です。

Trini Schultz(トリニ シュルツ)

カリフォルニアの写真家Trini Schultzの写真。かなりマグリットっぽいですね。

Kylie Woon(カイリー ウォーン)

夢の中のような世界観を見ることができます。このような写真の他に多くの人物が浮遊する写真も撮影しています。

Logan Zillmer(ローガン ジルマー)

アメリカのアーティストLogan Zillmerデジタル作品です。撮影した写真をレタッチすることでこれらの画像を制作しました。加工画像とわかっていても魅入ってしまうほど高い技術を見せています。

Mikael Aldo(ミカエル アルド)

インドネシアはジャカルタのフォトグラファーMikael Aldo(ミカエル·アルド)の写真。Mikael Aldoは1996年生まれの18歳のフォトグラファーです。(2014年現在)。14歳の時に初めて写真に触れ、2年間でセルフポートレイトを撮影し続けました。何かを予感させるような、物語が始まりそうな雰囲気、構図もシンプルながらこちらに訴えるものがあります。

Brian oldham(ブライアン オールダム)

Brian oldhamがFlickrに投稿した写真。とても不思議でシュールな雰囲気が印象的な写真群です。デジタル加工した写真と普通に撮影した写真とのバランスがとてもいいですね。

Ilya Kisaradov(イリア キサラドフ)

ロシアのフォトグラファーIlya Kisaradovの写真。森や草原など自然が溢れる屋外で人物をモチーフに撮影しています。

Fiddle oak(フィドル オーク)

マサチューセッツに住む14歳(制作当時)のFiddle oakが撮る幻想的なセルフポートレイト

Joel Robinson(ジョエル ロビンソン)

カナダのアーティストJoel Robinsonの作品。小人になったかのような写真が特徴的です。






Laura Williams(ローラ・ウィリアムズ)

イギリスの18歳(制作当時)の学生Laura Williams(ローラ・ウィリアムズ)の写真。鏡、ティータイム、うさぎなど「不思議の国のアリス」の世界観が意識されているのがわかります。

Audrey Simper(アンドリュー シンパー)

アメリカのシカゴに拠点に活動するアーティストAudrey Simperの写真

Kevin Corrado(ケビン コラド)

アーティストKevin Corradoはシュールでイリュージョン的世界を見せています。写真の他にデザインや絵画なども制作しています。

Kyle Thompson(カイル トンプソン)

シカゴの21歳(制作当時)のフォトグラファーKyle Thompsonの写真

調べてみたらかなりいたので自分でも少し驚きでした。それぞれのフォトグラファーに特色があるにしても、全体の雰囲気などが似ていますね。中には構図や色調などが相当酷似している写真もあります。

よくわかる!ポートレートレッスン (玄光社MOOK)
よくわかる!ポートレートレッスン (玄光社MOOK)

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【34選】芸術的な自画撮り写真。世界の有名フォトグラファー達のセルフポートレイト集... これらは写真史に名を残す有名フォトグラファーのセルフポートレイトです。直下の写真はドイツ出身の写真家Helmut Newton(ヘルムート・ニュートン)の作品です。セルフポートレイトとは思えないアングルがとても印象的です。顔を映すだけがセルフポートレイトではないことを教えてくれますね。自分を撮影する...
強烈な個性。ファッショナブルな東京の若者を紹介した写真シリーズ「Tokyo Adorned」... こちらはアメリカの映画監督Thomas cardの「Tokyo Adorned」という写真シリーズで東京の若者の個性的なファッションに注目したものです。 同じ日本人が見てもかなり驚きのファッションですね。スチームパンクやアニメや漫画、サブカルから強く影響を受けたファッションやカラフルでサイケ、...
ニューヨークにある様々な店舗のネオンライトを捉えた写真シリーズ「Light On」... ニューヨークのブルックリンで活動するフォトグラファーFranck Bohbotさんの写真シリーズ「Light On」をご紹介します。ニューヨークにある様々な店舗の夜の姿を捉えています。素敵ですね。魅惑的な夜の姿です。 以前ご紹介した「驚愕、これが映画館!?レベルが違い過ぎるカルフォルニアの映画...
魚の顔を真正面から眺めるとスゴく可愛い!写真集「The Fish Book」に癒される!... こちらはフォトグラファーErnest Gohの写真シリーズThe Fish Bookという作品です。 本当に愛らしい表情のお魚たちですね。白の背景に色鮮やかなお魚達がとてもポップで可愛らしく見えます。 以前ご紹介したこちらは逆に暗闇で泳ぐ金魚が撮影されています。ご参考にどうぞ。オフィシャ...
白昼の悪夢。Chris McKenneyの不気味過ぎる怖い写真シリーズ... Chris McKenneyの写真作品をご紹介します。確かにシュールで不気味な要素が多いのですが、そこまで怖がらせることはせずにとてもセンス良くまとまっていますね。 程よいグロさが絶妙です。個人的には、スペインの低予算SFサスペンス、イグナシオ・ビガロンド監督の映画「タイム・クライムス」を想起...
昭和シュールレアリスム。前衛芸術の草分け写真家・山本悍右の世界... 山本悍右(Kansuke Yamamoto)(1914-1987)の写真をご紹介します。 これらの写真は1940年代後半〜50年代に多く撮影され、日本におけるシュールレアリスム作品の礎、シュールレアリストの草分け的存在ともいえるアーティストです。セピア調の色調やシンプルで非現実感漂う世界、昭和の独...
     

SNSで更新情報を配信中!!