【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト(15選)


もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。






1.Ron Mueck(ロン・ミュエック)

ハイパーリアリズム彫刻といえば「Ron Mueck」というほど有名なアーティストですね。

2.Patricia Piccinini(パトリシア・ピッチニーニ)

オーストラリアの芸術家、人間のような怪物のような「生命」「自然」「人工世界」などをテーマに制作しています。一見グロテスクな表情にも見えますが、背景には科学への警笛に似たようなものを感じさせますね。

3.Sam Jinks(サム・ジンクス)

オーストラリアの彫刻家。メルボルンのアーティスト。等身大に近いスケールの作品群。

4.Carole A. Feuerman(キャロル・ファーマン)

人物に付いた汗や水滴など肌を滴る水分までも克明に表現することに成功しています。

濡れた肌が完全に本物。水着姿の美女達を超リアルに表現した彫刻作品

5.Jamie Salmon(ジェイミー・ソロモン)、Jackie K. Seo(ジャッキー・セオ)

カナダ人のJamie Salmonさんと韓国人のJackie K. Seoさんの制作する「アバター彫刻」

http://avatarsculptureworks.com/

6.Maurizio Cattelan(マウリツィオ・カテラン)

イタリア人アーティスト。上の作品は子どもの体を持ったアドルフ・ヒトラーのろう製の像。灰色のスーツを着て祈りを捧げるためにひざまずいています。

7.Duane Hanson(デュアン・ハンソン)

アメリカ生まれのDuane Hanson デュアン・ハンソン(1925-1996)の彫刻作品を。これが彫刻作品???と驚かされるほどリアルですね。これらの作品群は青銅やグラスファイバー樹脂によって作られています。しかもすべて等身大サイズです。

どう見ても本物の人間!?アメリカ人の日常を表現した超リアルな彫刻作品

8.Marc Sijans(マーク・シジャンス)

アメリカのミルウォーキーを拠点に活動するアーティスト。物語性の感じさせる人物像が特徴的です。

http://www.marcsijan.com/

9.Xooang Chois

韓国のアーティストです。リアルなだけでなく人間の暗い部分など決して明るいとは言えないすごいインパクトを持つ作品です。

10.Kazuhiro Tsuji

Kazuhiro Tsujiさんはハリウッドの特殊効果アーティスト。ここまで臨場感のある作品も珍しいものです。

嘘だろ??デジタルアートのような超リアルなリンカーン像に世界が驚愕。

11.Tony Matelli(トニー・マテッリ)

アメリカ人アーティスト。ウェルズリー大学(女子大)美術館の野外に設置され話題を呼んだ「夢遊病者」という作品。タイトルでタイトル通り屋外を彷徨い歩く男性を表現しています。作品はMOMAやホイットニー美術館、ベルリン現代美術センターなど多くの美術館に所蔵されています。

リアル過ぎてドン引き。雪の中を彷徨うパン一のおっさん彫刻作品「夢遊病者」が話題

12.Evan Penny(エヴァン・ペニー)

カナダのトロントで活動するアーティスト。リアルなのはもちろん、このアーティストの制作する人物は画像加工されたのように引き伸ばした極端に引き延ばしたりしています。非現実的大きさと圧倒的な存在感を放つ作品です。

http://www.evanpenny.com/

13.Sun Yuan&Peng Yu

中国人アーティスト。不気味さとコミカルさを併せ持つ作品。羽の生えた老婆、つまり天使。だれもイメージするあの天使の姿はどこにもありません。

14.Mu boyan

中国のアーティスト。作品は合成樹脂で作られており、ぬめぬめした質感がとても肌の生々しさを演出していますね。表情やポーズなどはとてもコミカルなのが印象的です。肥満気味の人物が造形されているのは体だけが巨大化していく中国人や貧富の格差などを表現しているのでしょうか?子供たちにはとても人気があるそうですよ(笑)

ムチムチ感が堪らない!?中国人のアーティストの作るぽっちゃり系オブジェ

15.Bobby Causey(ボビー・コージー)

アメリカ、ミシガンのアーティスト。「ダークナイト」のヒース・レジャー、「シャイニング」のジャック・ニコルソンなど映画のキャラクターを蝋で作っています。

16.Xiang jing

http://www.saatchigallery.com/artists/xiang_jing.htm

17.Anders Krisár

http://anderskrisar.com/

ある程度の知名度と芸術性を考慮して選びました。以前に当サイトで紹介したアーティストも含めていますので大体は網羅できているのではないかと自己評価しています。もし、他に抜けているアーティストがいましたら教えて頂けると助かります。

関連の記事

【まとめ】若手フォトグラファーを中心に流行中!?シュール系ポートレイト写真を集めたよ

【デロリの世界】一度見たら忘れられない異様な迫力。日本画壇の先駆者達の濃ゆ〜い近代絵画

【34選】芸術的な自画撮り写真。世界の有名フォトグラファー達のセルフポートレイト集

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

欲しい!いや欲しくない!蛸をモチーフに作られたテーブルの存在感が凄い!!... アメリカの彫刻家ISAAC KRAUSSの制作した「Octopus Table」というテーブルをご紹介します。このテーブルはブロンズで作られています。 以前ご紹介した「海洋生物の造形を取り込んだグロテスクな陶芸作品「BOTTOM FEEDERS」」という陶芸作品もそうでしたが、海の有機的なモチ...
流れる落ちるような艶かしさと美しさ。布の立体感が秀逸な彫刻作品「Ghosts Underground... イタリアの彫刻家Livio Scarpellaの作品をご紹介します。顔にまとわりつく布の表情が秀逸ですね。 イタリア、ヴェネツィアのロココ調の彫刻家Antonio Corradini(アントニオ・コッラディーニ)(1668〜1752)に触発されて制作されたシリーズです。 液体のような布は...
【押さえておくべき名作・23選】過去200年で歴史を揺るがした衝撃的で革新的な芸術作品... 美術史の中で名を残す革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。 Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。 ...
何かが生まれる瞬間!?それとも変身か・・・体内からパワーが噴出するような人間を表現した彫刻作品... こちらはPaige Bradleyの「Expansion」というタイトルのブロンズ彫刻作品です。 「Expansion」は拡大や拡張、発展といった意味があり、まさに1人の人間が内面から変化するような様が表現されています。とてもシンプルで分かりやすいですね。 彫刻作品自体に亀裂のようなもの...
[東京芸大]卒展に展示された山田勇魚の彫刻作品が話題... 東京芸術大学修了展、通称「卒展」に展示されている山田勇魚(Yamada Isana)さんの彫刻作品「輪廻」がTwitterで話題となっています。作品のモチーフとなっているのはクジラで、液体のような有機的なフォルムがとても美しいですね。 この東京芸術大学修了展は1月31日(日)まで、9:30〜1...
木から作られた驚くほどリアルな彫刻作品... こちらは、イタリアの彫刻家Peter Demetz(ピーター・デメッツ)(1969-)の作品です。サイズ的には約50〜120㎝という小さな人物像ではありますが、そのリアルさ、肌や衣服の表現には目を見張るものがあります。見た目の素材としての木は眼前にあるわけですが、木の木目がありながらも、肌の微妙な抑...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る