ゴミが芸術作品に。瓶の内側に絵を描くアーティストのノスタルジックな作品


アーティストJim Dingilianの作品をご紹介します。

瓶の内側をマッチの炎で炙りその黒く焦げた表面の上に風景などを絵を描いています。

森の中の風景や田園、鉄塔、車などが描かれており、記憶や思い出が封じ込められたような郷愁漂う雰囲気となっています。







©Jim Dingilian


©Jim Dingilian


©Jim Dingilian


©Jim Dingilian


©Jim Dingilian


©Jim Dingilian







©Jim Dingilian


©Jim Dingilian


©Jim Dingilian


©Jim Dingilian

展示風景。まさに芸術作品ですね。

©Jim Dingilian

こんな感じで描いています。

©Jim Dingilian






ゴミ分別の異常な世界―リサイクル社会の幻想 (幻冬舎新書)
ゴミ分別の異常な世界―リサイクル社会の幻想 (幻冬舎新書)

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

奇怪で奇妙。ウィーン幻想派の代表的画家エルンスト・フックスの禍々しい絵画作品... 1950年前後、ウィーン幻想派というオーストリアのウィーンに集まって古典絵画技法(油絵の具とテンペラを併用した混合技法)を再建させた一派がありました。そのウィーン幻想派の中の1人で、Rudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)と並んで代表的な画家で、中心人物のErnst Fuchs(エルンスト...
鳩の侍姿が可笑しい。鈴木博雄の日本画作品「長篠鳩合戦豆鉄砲三段撃ち」... こちらは日本画家の鈴木博雄さんの作品「長篠鳩合戦豆鉄砲三段撃ち」(F6,410㎜×318㎜,2015年)です。ご覧の通り、慣用句の「鳩が豆鉄砲を食らう」と「長篠の戦い」での織田軍の三段撃ちをかけたユニークな作品になっています。 構えている銃は火縄銃ではなくもちろん豆鉄砲ですね。この作品はt...
懐かしさ漂う奇妙な世界。虎をモチーフにした絵画など多彩に活躍したタイガー立石... 立石大河亞、タイガー立石(TATEISHI Tiger)(1941-1998)さんは名前にも「タイガー」、「大河亞」と入っていたり、画集もそれにちなんで「TRA(トラ)」と名付けるなど、生涯を通して虎を描き続けました。描かれたのはただの虎ではなく、紐になった形態やロボットのような一風変わったシュ...
なんというリアリティ。大胆で的確な一筆一筆が雪山に変化した超厚塗り絵画... スイスの画家Conrad Jon Godlyによる絵画作品です。厚塗りの油絵の具の一筆一筆が絶妙に重なり合い雪山が描かれています。自身で撮影した写真をもとに描いているようです。豪快かつ正確な筆跡があるからこそ雪山として見ることができます。是非、目を細めて見て頂きたいです。...
【デロリの世界】一度見たら忘れられない異様な迫力。日本画壇の先駆者達の濃ゆ〜い近代絵画... 明治から大正期にかけて描かれた画風や絵のテイストが濃く奇妙、奇怪、不気味な作品でビジュアル的にインパクトのある作品をご紹介します。これらの作品は「デロリ」という言葉で形容されることが多く、その言葉から作品の異様さが表現されています。もちろんいい意味で。「デロリ」というのは画家・岸田劉生が甲斐庄楠...
必見!?売れる絵の条件・6か条 売れる絵、売れやすい絵には特徴や条件があるみたいですね。artnewspaper誌の記事で、美術品オークションハウスの国際競売会社であるサザビーズの絵画担当者の証言です。どんな絵を描いたら売れんるんだ?と悩んでいる方は参考になるかもしれません。また、美術品の場合ということも念頭におかなくては...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る