人間の孤独と闇。認知症の老人などをモデルに皺の1本1本まで克明に描いた鉛筆画家・木下晋

鉛筆画家・木下晋の作品をご紹介します。上の作品「ゴゼ小林ハル像」は瞽女(ごぜ)・小林ハルをモデルにした作品です。

瞽女とは江戸時代から昭和の初めごろまで、三味線を手に有縁の村々を流し歩く目の不自由な女性のことで、小林ハルは102歳で吉川英治文化賞を受賞しており「最後の瞽女」と呼ばれた人物です。

皺の1本1本まで克明に描かれておりただならぬ存在感を放っています。肌の手触りまで感じられる精緻な画面ですね。小林ハルの他にホームレスや認知症の老人、ハンセン病患者などの人々を描いています。

この春、木下は一枚の大作に挑んだ。昨年末87歳で亡くなった詩人・桜井哲夫の肖像画。ハンセン病の療養所で生涯を過ごした桜井と木下は、長年交流を重ねてきた。亡くなる半年前、桜井が木下に言った。「自分が“合掌する姿”を描いてほしい」。木下から東日本大震災の話を聞いた桜井からの願いだった。これまで人間の深い闇を見つめてきた木下、しかし今回は“光”に浮かび上がる桜井の姿を描こうと決めた。 重い宿命を背負いながら生き抜いた桜井。木下は記憶をたどりながら、どう鉛筆を走らせるのか。制作の現場を密着ドキュメントする。

日曜美術館より(2012年5月27日放送 )



GALLERY NOW
木下晋の鉛筆画











祈りの心―木下晋画文集
祈りの心―木下晋画文集

生の深い淵から―ペンシルワーク
生の深い淵から―ペンシルワーク

 
 
 

2014年6月24日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

独特の造形を模様にするスコットランドのアーティストCosmic Nuggetsのドローイング作品... こちらはスコットランドのアーティストCosmic Nuggets(コズミックナゲッツ)のドローイング作品、雑誌の切り抜きや写真、広告、ポスターなどにペンや絵の具を使って模様を施しています。 装飾性がとても強く、民族的なマスクを感じさせる模様ですね。一見ユニークさを感じさせますがどこか威圧するよ...
身体の一部分だけで描いたChuck Closeの超リアルなポートレイト作品... こちらはアメリカのアーティストChuck Close(チャック・クローズ)(1940)の描いたポートレイト作品です。これらの作品は筆や鉛筆で描かれた作品ではなく、指のみで描かれた作品(フィンガーペインティング)です。1970年代に筆で描くことをやめて、様々な方法でポートレイトを描いています。この作品...
強いメッセージ性。象や動物たち鉛筆で描いた絵画作品「Elephants」... アメリカ人アーティストAdonna Khare(アドンナ・クヘア)の作品をご紹介。この作品は「Elephants」というタイトルで「ArtPrize 2012」で展示されたものです。 鉛筆だけで象やオランウータン、コアラや鳥達など様々な動物たちがいきいきと描かれています。一見すると、みんなで肩...
メメント・モリ。女性たちの背後に忍び寄る「死」を色鉛筆で描いた作品シリーズ... ドクロヘアーという名前が似合いそうな髪型の女性を描いたトロントをベースに活動するアーティストWinnie Truong作品です。 色鉛筆で描かれており、描かれたすべての女性の髪の毛で髑髏を形作られています。色鉛筆の柔らかい印象とは裏腹に不吉なイメージを想起させます。ファッション的な要素というよ...
日本画家・笹本正明が描く耽美で妖艶な幻想的世界... 日本画家・笹本正明さんの絵画をご紹介します。描かれている人物のほとんどが美しき女性や子どもであることは神話性や物語性などを感じさせます。一角獣や蝶、人形や黒猫など登場するモチーフは象徴的であり、意味深で優美な世界がその作品から見て取れます。全体を覆う煌びやかな表情はこの世ではない、非現実的な空間を描...
虚空間のエロティシズム。すべて手仕事で描かれたデジタル作品のような画家・三尾公三の絵画作品... こちらは画家・三尾公三(みおこうぞう)(1923-2000)の絵画作品です。三尾公三は合成写真やパソコンで描かれたような絵画を絵具を霧状に噴射するエアブラシを使って描く作品が有名です。1981年に創刊した『FOCUS』の表紙絵を~99年まで手がけたことで広く知られています。 なんと、43歳の時...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る