現代的軽やさとガーリーなスタイルが特徴的。オーストリアの女性イラストレーターLisbeth Zwergerが描いた「不思議の国のアリス」

ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」が1865年に刊行された際はイギリスのイラストレータージョン・テニエルの挿絵でした。1907年に著作権が切れると、様々な挿絵画家やイラストレーターによって描かれることとなります。

こちらはオーストリアの女性イラストレーターLisbeth Zwerger(リスベート・ツヴェルガー)が1999年に描いた絵本作品です。現代的な雰囲気や女の子っぽいかわいらしさが漂うガーリーなテイストになっていますね。

Lisbeth Zwergerは1978年のボローニャ・グラフィック大賞を受賞。1979年BIB世界絵本原画展優秀賞、オーストリア政府賞、1990年に国際アンデルセン賞画家賞など、数々の賞を受賞している著名な絵本作家です。

日本語で翻訳されている絵本ですと「不思議の国のアリス」以外に「白鳥の湖」や「オズの魔法使い」、「くるみ割り人形」など多数ありますので、気になった方は調べてみてください。











すべての画像を見る






リスベート・ツヴェルガーの画集・絵本作品

 

 

 
 
 

2014年7月5日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

不機嫌なアリス。「不思議の国のアリス」をテーマとした写真シリーズ... こちらは1962年生まれモスクワのフォトグラファーVladimir Clavijoさんの作品シリーズ「ALICE」です。どこか不機嫌そうなモデルのアリスたちがとても印象的です。好奇心いっぱいの可愛らしい姿のアリスではなく、どこかだるそうな印象を受けますね。モデルのあるのママを撮影したのか、それとも演...
【ディズニー】これが舞台裏!?「ふしぎの国のアリス」の制作過程が実に興味深い。... ルイス・キャロル原作の「不思議の国のアリス」は現代でも多くのアーティストやクリエイターに多大な影響を与えていますね。1951年にウォルト・ディズニーが制作したアニメーション「ふしぎの国のアリス」では、ミュージカル形式にされた新たな魅力を作り出しました。 そのウォルト・ディズニーが制作した「ふし...
【アナ雪】壮大なアニメーション映画の舞台裏を多数掲載「The Art of アナと雪の女王」... 「アナ雪」と略して親しまれている「アナと雪の女王」(2013年公開)は、ウォルト・ディズニーによるアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画ですね。続編も2019年11月22日に日米同時公開予定されており、予告編は公開から24時間で1億1,640万回再生されるほど、公開が待ち遠しいアニメーション...
絵師に学ぶ刀と人物を魅せる描き方。「刀剣+ポーズ」のイラスト講座本が発売... 「デジタルで描く! 「刀剣+ポーズ」イラスト真剣講座 キャラクターに命を吹き込む、動き・表情・シーンの秘伝技」がSBクリエイティブから2015/8/29に発売されます。 本書は「イキイキとした、ダイナミックな動きのあるポーズ」や「一枚のイラストだけでキャラの特徴を最大限にアピールできる、顔やカ...
ダイナミックで細密!!ペンで描きこまれた生命感と迫力に溢れたイラストレーション... 日本画や浮世絵など日本風の絵画スタイルと西洋の絵画様式を組み合わせて絵画を制作するなど、異文化同士を同じ画面で融合して絵画やアート作品を制作するアーティストは多くいますね。 中国のイラストレーターであり、デザイナーのRlon Wangはペンを使って細密で迫力ある生命感に溢れた作品を制作していま...
【最新作】意味不明。スペインの漫画家が描く不条理な6コマ・イラストレーション集... 以前ご紹介したスペインの漫画家、イラストレーターJoan Cornellà(ホアン・コルネラ)の新作が公開されているようですので、再度ご紹介します。 相変わらずの、説明なしの意味不明な世界観。笑えるのもありますが、少し不安になるのもちらほらと・・・そしてなんと、Joan Cornellàの作品...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る