現代的軽やさとガーリーなスタイルが特徴的。オーストリアの女性イラストレーターLisbeth Zwergerが描いた「不思議の国のアリス」

ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」が1865年に刊行された際はイギリスのイラストレータージョン・テニエルの挿絵でした。1907年に著作権が切れると、様々な挿絵画家やイラストレーターによって描かれることとなります。

こちらはオーストリアの女性イラストレーターLisbeth Zwerger(リスベート・ツヴェルガー)が1999年に描いた絵本作品です。現代的な雰囲気や女の子っぽいかわいらしさが漂うガーリーなテイストになっていますね。

Lisbeth Zwergerは1978年のボローニャ・グラフィック大賞を受賞。1979年BIB世界絵本原画展優秀賞、オーストリア政府賞、1990年に国際アンデルセン賞画家賞など、数々の賞を受賞している著名な絵本作家です。

日本語で翻訳されている絵本ですと「不思議の国のアリス」以外に「白鳥の湖」や「オズの魔法使い」、「くるみ割り人形」など多数ありますので、気になった方は調べてみてください。











すべての画像を見る






リスベート・ツヴェルガーの画集・絵本作品

 

 

 
 
 

2014年7月5日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

不機嫌なアリス。「不思議の国のアリス」をテーマとした写真シリーズ... こちらは1962年生まれモスクワのフォトグラファーVladimir Clavijoさんの作品シリーズ「ALICE」です。どこか不機嫌そうなモデルのアリスたちがとても印象的です。好奇心いっぱいの可愛らしい姿のアリスではなく、どこかだるそうな印象を受けますね。モデルのあるのママを撮影したのか、それとも演...
【ディズニー】これが舞台裏!?「ふしぎの国のアリス」の制作過程が実に興味深い。... ルイス・キャロル原作の「不思議の国のアリス」は現代でも多くのアーティストやクリエイターに多大な影響を与えていますね。1951年にウォルト・ディズニーが制作したアニメーション「ふしぎの国のアリス」では、ミュージカル形式にされた新たな魅力を作り出しました。 そのウォルト・ディズニーが制作した「ふし...
超スタイリッシュなグラフィック表現。ポーランドのグラフィックデザイナーKrzysztof Domar... これまでに多くのアーティストやデザイナーが制作した映画ポスターを紹介してきましたが、ポーランドのイラストレーター、グラフィックデザイナーのKrzysztof Domaradzkiが制作した映画ポスターもとてもスタイリッシュでかっこいいです。 「LEON」「ブレードランナー」「ヒート」などの映画...
見るのが辛い。現代社会を表現したアボガド6の風刺イラスト... イラスト、マンガ、映像を制作するアーティスト、アボガド6(@avogado6)さんがTwitterに投稿するイラスト作品は、現代社会における様々な問題をモノトーンを主体として無機的に描いています。 児童虐待や、家庭内簿力、自殺、暴力、不登校の他に、孤独や焦燥感、家族、友人、恋人などの関...
コカインやLSDなど。20種類の薬物を毎日使い続けて描いたデザイナーの自画像... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
一流アーティストたちが紐解く、制作秘話やデザイン、コンセプト、スケッチの数々「The Art of ... ボーンデジタルから「The Art of 塔の上のラプンツェル(ジ・アート・オブ 塔の上のラプンツェル)」が発売されています。見てもらえばわかると思いますが、「ラプンツェル」の世界を凝縮したようなページの数々に興奮しっぱなしです。細やかな設定やキャラクターの造形、ストーリーボード、カラースクリプトな...
     

SNSで更新情報を配信中!!