気分が悪くなりそう!?無数の蠢きを感じる曲線で覆われた部屋の圧迫感が凄い


こちらはドイツのアーティストHeike Weberのインスタレーション作品です。

部屋中の壁や床に油性ペンで曲線が描かれており、一種、狂気とも言えるかなり圧迫感ある部屋になっています。全体で見ると山のような、部分で見ると芋虫のような・・・なんだか少し酔いそうですね。

















芸術と脳: 絵画と文学、時間と空間の脳科学 (阪大リーブル)
芸術と脳: 絵画と文学、時間と空間の脳科学 (阪大リーブル)

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

大人も遊べるボールプールが楽しそう!!アメリカ国立建築博物館に設置されたインスタレーション作品「Th... ショッピングモールなどにある親子連れが遊ぶボールプールを見て、「私も遊びたい・・・」なんて羨んだことはないでしょうか。 Snarkitectureがアメリカ国立建築博物館(National Building Museum)に展示したインスタレーション作品「The Beach」は、子供はもちろんのこ...
不要となったプラスチック製品から作られる幻想的な立体作品... こちらはカナダ出身のマルチメディア·アーティストAurora Robson(オーロラ・ロブソン)が制作した立体作品、インスタレーション作品です。 これらの作品は捨てられたゴミ同然のプラスティックが素材に使われています。海岸に漂流して流れ着いたペットボトルやゴミの集積場を訪れ素材収集をしています...
まるで夢の中のよう。光が反射し煌びやかな空間に演出されたインスタレーション作品... こちらはアメリカ人アーティストSoo Sunny Parkのインスタレーション作品「Unwoven Light」と「Capturing Resonance」です。 波形の鉄鋼フェンスにアクリル樹脂である半透明のプレキシグラスが埋め込んである立体物が天井に設置されており、照明の影響で反射し空間全...
電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...
小人のような土偶を何万個と敷き詰めたインスタレーション作品「Field」... こちらはアーティストAntony Gormley(アントニー ゴームリー)の「Field」というインスタレーション作品です。 1989年にロンドンのスタジオで制作した150体からどんどん増えていき、なんとこれらの作品に使われた粘土の総重量は125トン。アメリカやカナダ、スウェーデン、日本でも制作し...
【閲覧注意】無数の黒い蝶が壁を覆い尽くすインスタレーション... メキシコ在住のビジュアル・アーティストCarlos Amoralesのインスタレーション作品をご紹介。遠くで見ると黒い塊が壁に、、、近づいてみると、、!!!!一匹ならまだ可愛いもののこんなに大量の蝶がいるなんて思いもよりませんね。 もちろん紙で作られた蝶で、本物ではないですが近くで見るインパク...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る