パターンで表現された美しき風景。森村玲の版画作品に見る日本の四季。


版画家・森村玲の木版画作品をご紹介します。日本の風景を木版画で表現しており、その四季折々の変化に富んだ美しさには驚かされます。

雪の積もった屋根、ストライプ上の田圃、木造の家屋など形態を単純化しパターンとして繰り返すことで風景の美しさを強調しています。色彩も和を感じさせる渋さですね。

「アナと雪の女王」でおなじみのアンデルセン童話「雪の女王」の絵本を森村玲が手がけています。

MORIMURA Ray






すべての画像を見る






 
 
 

2014年7月18日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

日本の現代版画を世界に知らしめた人物。芥川賞作家としても有名な芸術家・池田満寿夫の版画作品... こちらは芸術家・池田満寿夫(1934-1997)の作品。ここでは版画作品をメインで紹介しますが、版画だけでなく挿絵画家、彫刻家、陶芸家、小説家、詩人、映画監督とかなり多彩な活躍をしていました。ニューヨーク近代美術館で日本人として初の個展、第33回ヴェネツイア・ビエンナーレ展版画部門の国際大賞受賞、1...
意外な切り口!?スーパーヒーローの戦闘シーンを木版画で表現した作品... こちらはアーティストBrian Reedyの木版画作品です。このアーティストは木版画で、X-メンやアベンジャーズのウルバリン、バットマンやスーパーマンなどのスーパーヒーローを描いています。いつも見ているビジュアルイメージではないのでとても新鮮であり、現代的で印象的なシーンをこういった手法で、見せられ...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト(15選... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
知られざる木版画絵師。クリムトも魅了した小原古邨(おはらこそん)の描いた花鳥獣図... 「小原古邨」展が2019年2月1日(金)~3月24日(日)の期間に太田記念美術館で開催されます。 こちらは明治時代から昭和時代にかけて活躍したの浮世絵師・木版画家の小原古邨(おはらこそん)の木版画作品です。 小原古邨は、明治10年2月9日現在の石川県金沢市に生まれています。本名は小原又雄...
鳩の侍姿が可笑しい。鈴木博雄の日本画作品「長篠鳩合戦豆鉄砲三段撃ち」... こちらは日本画家の鈴木博雄さんの作品「長篠鳩合戦豆鉄砲三段撃ち」(F6,410㎜×318㎜,2015年)です。ご覧の通り、慣用句の「鳩が豆鉄砲を食らう」と「長篠の戦い」での織田軍の三段撃ちをかけたユニークな作品になっています。 構えている銃は火縄銃ではなくもちろん豆鉄砲ですね。 この作品はt...
【乙女デコ】大正ロマン溢れるアール・デコスタイル。小林かいちの花開いた絵葉書が素敵... こちらは小林かいち(1896-1968)の作品群です。小林かいち(本名:小林嘉一郎)は主に木版絵師、図案家として大正後期から昭和初期に絵葉書や絵封筒などのデザインを多く手掛けました。京都を活動の拠点としており情緒溢れる風景や物憂げな女性たちを描いています。 当時若い女性を中心に人気があった...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る