植物たちが宇宙へ。盆栽を上空30000mに打ち上げ地球外生命体に進化させたプロジェクト「EXOBIOTANICA」


フラワーアーティストの東信(Azuma Makoto)さんのAMKK(東信花樹研究所)ではJP AEROSPACE社の協力の元、上空30000mに植物を打ち上げその様子を撮影することに成功しました。このプロジェクト「EXOBIOTANICA」はネバダ州のブラックロック砂漠で行われ、盆栽と世界各国の様々な品種約30種が花束となり宇宙に打ち上げられました。
以前も、盆栽を水中に浸けたり、LEGOにしてみたりとかなり様々なことにチャレンジしていましたがまさか宇宙に飛ばすとは・・・

大地に根を張り、重力の配下で生きる、地球上の植物たち。根と、土と、重力と。その、生命の繋がりを断つことで、生まれる「美」とは何か。上空30,000M、摂氏マイナス50°の過酷な”自然”の中で、植物たちは、地球外生命体(EXOBIOTA)へと進化する。地球の稜線に活けられる松。劇風に煽られながら太陽へと向かう花束。あらゆるものから解き放たれて、植物たちは、宙へ。

EXOBIOTANICA −BOTANICAL SPACE FLIGHT− Concept

なかなか考えつかないプロジェクトでもありますが、肝心なのはそのコンセプトのような気がします。「花は土の上に咲くもの」という概念を覆すというプロジェクトをするにあたり、安全面や倫理観などを悩みながら考えたり、相当な試行錯誤が必要だったのであろうと推測できます。例えばこのプロジェクトが1人の思考からスタートしていたとしても、とても1人ではできなかったプロジェクトだったのであろうと感じますね。

普段、大地に根付いている植物たちが、人間たちが住んでいる所よりもはるか高度の所へと運ばれていくという壮大なこちらの作品、「もし草花に人間のような精神的な側面があったら」という仮定の上では、空を飛んでいる鳥を見て、人間と同じように羨んだかもしれません。

見えないところに根付く、そんな“路傍の花”の想いのようなものを上手く汲み取れているコンセプトなだけに、個人的には少しだけ涙腺が緩みました。いつまでもその制作に対する姿勢を大切にしてほしいですね。

そして草花を空に向かって打ち上げてみることで普段土に根を張って生きている花は、一体どのような景色を見て、どのように感じたのか、少しだけ花の気持ちが知りたい気もします。











「EXOBIOTANICA」






東信 フラワーメソッド FLOWER METHOD AZUMA MAKOTO
東信 フラワーメソッド FLOWER METHOD AZUMA MAKOTO

 
 
 

2014年7月22日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

動く紙コップ漫画にフードアート、灰皿アート!?仰天のクリエイティブを見せる「しんらしんげ」の作品... 「しんらしんげ」が各SNSで発表しているアート作品が既存の概念にとらわれていない自由な作品、かつ、素晴らしいクオリティがあり、その作品でSNSが賑わっています。モチーフとなっているのは「ドラえもん」「進撃の巨人」「ポケットモンスター」など人気漫画やアニメ、キャラクターたちです。動く紙コップ漫...
すべてを肯定する「YES」の1文字。ジョンとヨーコの出会いを決定付けた記念碑的作品「天井の絵」... こちらはオノ・ヨーコとジョン・レノンの出会いのきっかけとなった作品「天井の絵/イエス(YES)・ペインティング」です。1966年、前衛芸術家として活躍していたオノ・ヨーコはロンドンのインディカ・ギャラリーで個展「未完成の絵画とオブジェ」を開催します。その前日にジョン・レノンがギャラリーを訪れ...
水中でも美しい。アクアリウムで盆栽を表現した作品「Water and Bonsai」... こちらは日本人フラワーアーティスト、東信(あずま まこと)さんの作品です。盆栽を水槽に入れてしまうという斬新切り口で、日本伝統芸術である盆栽に新しい風を吹き込んだ作品です。海外での盆栽人気は年々高まりをみせ、各国で盆栽の出来栄えを競うコンペや展示販売フェアなども大人気です。この「Water...
【10人】男前。若かりし頃のイケメン過ぎる巨匠芸術家たち... イケメン、かっこいい、男前な巨匠クラスの有名な芸術家達を集めてみました。1800年代後期から現代まででセレクトしてあります。芸術家といっても作家や音楽家、作曲家、詩人、デザイナーなどは含まず、画家、彫刻家、写真家が中心になっています。「おい!○○○が抜けてるぞ!!やり直し!!」というご意見が...
雑然として散らかった室内。画家フランシス・ベーコンが30年以上描き続けたアトリエの写真... こちらは画家フランシス・ベーコンのアトリエ写真を集めたものです。改めて見るとやっぱり凄いですね。よくこんな所であのような絵が描けたものですね。むしろ、この空間だったからこそあれらの絵が描けたのかもしれません。ベーコンはロンドンのサウス・ケンジントンのリース・ミューズ7番地にあったこのアトリエ...
驚き!!壁に描かれた絵が一瞬でイリュージョンに変化するアート... アーティストRay Bartkusが建物の壁に描いた作品がとてもアイデアに溢れており、その完成度とクリエイティブが素晴らしいです。一見すると何を描いているのか訳がわかりませんが・・・・ある条件が揃うと驚きの視覚的な効果が現れます。本当に驚き。(adsbygoo...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る