植物たちが宇宙へ。盆栽を上空30000mに打ち上げ地球外生命体に進化させたプロジェクト「EXOBIOTANICA」


フラワーアーティストの東信(Azuma Makoto)さんのAMKK(東信花樹研究所)ではJP AEROSPACE社の協力の元、上空30000mに植物を打ち上げその様子を撮影することに成功しました。このプロジェクト「EXOBIOTANICA」はネバダ州のブラックロック砂漠で行われ、盆栽と世界各国の様々な品種約30種が花束となり宇宙に打ち上げられました。
以前も、盆栽を水中に浸けたり、LEGOにしてみたりとかなり様々なことにチャレンジしていましたがまさか宇宙に飛ばすとは・・・

大地に根を張り、重力の配下で生きる、地球上の植物たち。根と、土と、重力と。その、生命の繋がりを断つことで、生まれる「美」とは何か。上空30,000M、摂氏マイナス50°の過酷な”自然”の中で、植物たちは、地球外生命体(EXOBIOTA)へと進化する。地球の稜線に活けられる松。劇風に煽られながら太陽へと向かう花束。あらゆるものから解き放たれて、植物たちは、宙へ。

EXOBIOTANICA −BOTANICAL SPACE FLIGHT− Concept

なかなか考えつかないプロジェクトでもありますが、肝心なのはそのコンセプトのような気がします。「花は土の上に咲くもの」という概念を覆すというプロジェクトをするにあたり、安全面や倫理観などを悩みながら考えたり、相当な試行錯誤が必要だったのであろうと推測できます。例えばこのプロジェクトが1人の思考からスタートしていたとしても、とても1人ではできなかったプロジェクトだったのであろうと感じますね。

普段、大地に根付いている植物たちが、人間たちが住んでいる所よりもはるか高度の所へと運ばれていくという壮大なこちらの作品、「もし草花に人間のような精神的な側面があったら」という仮定の上では、空を飛んでいる鳥を見て、人間と同じように羨んだかもしれません。

見えないところに根付く、そんな“路傍の花”の想いのようなものを上手く汲み取れているコンセプトなだけに、個人的には少しだけ涙腺が緩みました。いつまでもその制作に対する姿勢を大切にしてほしいですね。

そして草花を空に向かって打ち上げてみることで普段土に根を張って生きている花は、一体どのような景色を見て、どのように感じたのか、少しだけ花の気持ちが知りたい気もします。











「EXOBIOTANICA」






東信 フラワーメソッド FLOWER METHOD AZUMA MAKOTO
東信 フラワーメソッド FLOWER METHOD AZUMA MAKOTO

 
 
 

2014年7月22日に投稿された記事を再編集しています。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る