4歳の時に描いた絵をアーティストになった自分がもう一度描いたらどうなるか・・・

オランダのストリートアーティストTelmo Pieperは4歳の時に描いた自分の絵をPCで再度描き直しました。

作家はアーティストというよりも研究者のような制作をされている印象があり、また4歳の子供の視点で見た時の「生き物の形」と25歳という年齢で描いた「リアルさ」が相まっていて、本物同様の毛並みや表情だったりするのにどこか形が不可解で、制作のプロセスが結論として「見た物はこうあるべき」という大人の先入観や固定概念を覆すような仕上がりになっていました。

作品としても面白さは感じますが、研究的にも人の絵画における発達を伝える重要なコンセプトであると言えるのではないでしょうか。
何かを別の何かに喩える寓意のような比喩表現とはまた違う、けれども完全なるフォトリアリズムでもない絶妙なイメージ層の年齢ごとのコントラストで、また新たな作品を産出したということも、稀有な着眼点のように感じました。

先日「抽象的」な絵を描く人と「写実的」な絵を描く人とのコミュニケーション能力の違いを調べましたが、幼少期はどうして描写的にも記号的な絵を描くのかを調べるのも参考になるかもしれません。「記憶」や「イメージ」が自分の年齢を重ねるごとに、全く別のものになるのではなく、同じものが層になっていくということがイメージできる気がします。











Telmo Pieper






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

奇妙な非現実感。独特の雰囲気を持つ少年少女達を捉えたロレッタ・ラックスの肖像写真... ん?絵なの?写真なの?と首を傾げたくなるこの作品は、ドイツ・ドレスデン生まれで現在アイルランドを拠点に活動するlorrera lux(ロレッタ・ラックス)(1969-)の作品です。 ジャンル的には「写真」に分類され、撮影した少年少女を切り抜き別で撮影した風景や描いたものをデジタル処理により合成...
これは驚き!!エクセルで絵画制作する堀内辰男の職人技... 「パソコン画」というジャンルが存在することをご存知でしょうか?堀内辰男さんはエクセルで絵画を作るという驚きの手法で絵画作品を制作しています。 堀内辰男さんは定年退職を目前に「新しいことがしたい」とパソコンを購入。2000年頃からエクセルで「パソコン画」を描き始めました。 定年で趣味を増やす方...
ジャングルに佇む少年少女たち。デジタル処理によって生み出された奇妙な現実感のある作品... オランダの写真家Ruud van Empel(ルード・ファン・エンペル)のフォトコラージュをご紹介します。 これらの写真に登場する子ども達は実際に撮影された子ども達ではなく、様々な人物などの素材を組み合わせ、フォトショップの加工によって生み出された子ども達です。背景も同様で画面からは写真のよう...
【色褪せない世界】幻想的昭和。砂丘を舞台に撮影された植田正治の写真作品... 写真家・植田正治(うえだ しょうじ)(1913-2000)の写真をご紹介します。 「Ueda-cho(植田調)」という言葉が広まるくらい植田正治の作品は世界でも認知されており、生まれ故郷である鳥取県の砂丘を舞台にした作品世界はあまりにも有名ですね。 これらの写真は1940年から1980年...
虚空間のエロティシズム。すべて手仕事で描かれたデジタル作品のような画家・三尾公三の絵画作品... こちらは画家・三尾公三(みおこうぞう)(1923-2000)の絵画作品です。三尾公三は合成写真やパソコンで描かれたような絵画を絵具を霧状に噴射するエアブラシを使って描く作品が有名です。1981年に創刊した『FOCUS』の表紙絵を~99年まで手がけたことで広く知られています。 なんと、43歳の時...
濃密な昭和の雰囲気。バルテュスの絵画を写真としてリメイクした作品「バルテュス絵画の考察」... 写真家の原久路の写真作品シリーズ「バルテュス絵画の考察」をご紹介します。バルテュスは少女をモチーフとした絵画作品がとても有名なフランスの画家ですね。原久路はこのバルテュス作品を写真に変換して作品制作しました。 スカートを履いた少女はセーラー服に。男性は同年代の学ラン姿の少年になっています。ただ...
     

SNSで更新情報を配信中!!