4歳の時に描いた絵をアーティストになった自分がもう一度描いたらどうなるか・・・


オランダのストリートアーティストTelmo Pieperは4歳の時に描いた自分の絵をPCで再度描き直しました。

作家はアーティストというよりも研究者のような制作をされている印象があり、また4歳の子供の視点で見た時の「生き物の形」と25歳という年齢で描いた「リアルさ」が相まっていて、本物同様の毛並みや表情だったりするのにどこか形が不可解で、制作のプロセスが結論として「見た物はこうあるべき」という大人の先入観や固定概念を覆すような仕上がりになっていました。

作品としても面白さは感じますが、研究的にも人の絵画における発達を伝える重要なコンセプトであると言えるのではないでしょうか。
何かを別の何かに喩える寓意のような比喩表現とはまた違う、けれども完全なるフォトリアリズムでもない絶妙なイメージ層の年齢ごとのコントラストで、また新たな作品を産出したということも、稀有な着眼点のように感じました。

先日「抽象的」な絵を描く人と「写実的」な絵を描く人とのコミュニケーション能力の違いを調べましたが、幼少期はどうして描写的にも記号的な絵を描くのかを調べるのも参考になるかもしれません。「記憶」や「イメージ」が自分の年齢を重ねるごとに、全く別のものになるのではなく、同じものが層になっていくということがイメージできる気がします。











Telmo Pieper






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

奇妙な非現実感。独特の雰囲気を持つ少年少女達を捉えたロレッタ・ラックスの肖像写真... ん?絵なの?写真なの?と首を傾げたくなるこの作品は、ドイツ・ドレスデン生まれで現在アイルランドを拠点に活動するlorrera lux(ロレッタ・ラックス)(1969-)の作品です。ジャンル的には「写真」に分類され、撮影した少年少女を切り抜き別で撮影した風景や描いたものをデジタル処理により合成...
これは驚き!!エクセルで絵画制作する堀内辰男の職人技... 「パソコン画」というジャンルが存在することをご存知でしょうか?堀内辰男さんはエクセルで絵画を作るという驚きの手法で絵画作品を制作しています。堀内辰男さんは定年退職を目前に「新しいことがしたい」とパソコンを購入。2000年頃からエクセルで「パソコン画」を描き始めました。 定年で趣味を増やす方...
ジャングルに佇む少年少女たち。デジタル処理によって生み出された奇妙な現実感のある作品... オランダの写真家Ruud van Empel(ルード・ファン・エンペル)のフォトコラージュをご紹介します。これらの写真に登場する子ども達は実際に撮影された子ども達ではなく、様々な人物などの素材を組み合わせ、フォトショップの加工によって生み出された子ども達です。背景も同様で画面からは写真のよう...
魔術的リアリズム。不思議な感覚に陥るロブ・ゴンソルブスのイリュージョン絵画... カナダのアーティストRob Gonsalves(ロブ・ゴンソルブス)の絵画作品をご紹介。画家としてだけでなく建築家としての経歴もあるようでそれが絵の中にも現れていますね。現実世界から非現実世界へ変貌遂げている作風はまるで魔法のようです。それにしても不思議な絵ですね。左右、上下、目が移動させる...
ノスタルジックな世界に恍惚。ダンボールで作られた風景や建物が美しい... こちらはオーストラリア、メルボルン在住のDaniel Agdag(ダニエル・アグダグ)のダンボールで作られた作品です。ダンボールの材質感や色味が生かされておりノスタルジックな世界になっていますね。実に細やかな手作業が伺えます。「Lost Property Office(ロスト・プロパ...
事故!?フィアット(車)を厚さ12cmのペシャンコ状態にした芸術作品... こちらはイスラエルのデザイナーRon Aradの作品。潰された車6台は、イタリアを代表するカーブランド「FIAT(フィアット)」で、結果12センチの厚さの金属になったそうです。何年も前に彼の父親が乗っていたフィアットが車体が粉砕するほどの交通事故にあった時のことが由来しています。車を丸ごと使...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る