【アール・ブリュット】チェコのアウトサイダーアーティストLubos Plnyが描く解剖図的抽象絵画


アール・ブリュット」とは生の芸術、アウトサイダー・アート(特に芸術の伝統的な訓練を受けておらず、名声を目指すでもなく、既成の芸術の流派や傾向・モードに一切とらわれることなく自然に表現した作品のこと wiki)のことです。

Lubos Plny(ルボシュ・プル二ー)(1932-2003)さんは解剖図のような絵を多く残しています。幼少より解剖や死体に興味があり、人間や動物の死体解剖を見学していたそうです。

これらの作品にはペンの他に血液や毛髪、皮膚などを直接使っています。画像では分かりにくいですが、細かく数字や言葉が描かれています。かなり病的なものではありますが、重なり合う線や有機的で原始的なフォルム、色彩がとても美しいです。

ルボシュ・プル二ーは少年時代から人体とその有限性の問題に取り憑かれ、人間や動物の死体解剖をいつも見学していた。身体に穴を開け、あるいは液体の摂取量と尿の比率を比較したり、体の薬物反応を観察したりと身らの身体を実験台とする。これらの実験の結果が、彼の作品制作の前提なのである….

廃人と抽象」より
















解剖と変容 アール・ブリュットの極北へ―チェコの鬼才ルボシュ・プルニーとアンナ・ゼマーンコヴァー (Anatomia Metamorphosis)
解剖と変容 アール・ブリュットの極北へ―チェコの鬼才ルボシュ・プルニーとアンナ・ゼマーンコヴァー (Anatomia Metamorphosis)

アウトサイダー・アートの世界―東と西のアール・ブリュット
アウトサイダー・アートの世界―東と西のアール・ブリュット

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

独特の造形を模様にするスコットランドのアーティストCosmic Nuggetsのドローイング作品... こちらはスコットランドのアーティストCosmic Nuggets(コズミックナゲッツ)のドローイング作品、雑誌の切り抜きや写真、広告、ポスターなどにペンや絵の具を使って模様を施しています。装飾性がとても強く、民族的なマスクを感じさせる模様ですね。一見ユニークさを感じさせますがどこか威圧するよ...
身体の一部分だけで描いたChuck Closeの超リアルなポートレイト作品... こちらはアメリカのアーティストChuck Close(チャック・クローズ)(1940)の描いたポートレイト作品です。これらの作品は筆や鉛筆で描かれた作品ではなく、指のみで描かれた作品(フィンガーペインティング)です。1970年代に筆で描くことをやめて、様々な方法でポートレイトを描いています。この作品...
強いメッセージ性。象や動物たち鉛筆で描いた絵画作品「Elephants」... アメリカ人アーティストAdonna Khare(アドンナ・クヘア)の作品をご紹介。この作品は「Elephants」というタイトルで「ArtPrize 2012」で展示されたものです。鉛筆だけで象やオランウータン、コアラや鳥達など様々な動物たちがいきいきと描かれています。一見すると、みんなで肩...
人間の孤独と闇。認知症の老人などをモデルに皺の1本1本まで克明に描いた鉛筆画家・木下晋... 鉛筆画家・木下晋の作品をご紹介します。上の作品「ゴゼ小林ハル像」は瞽女(ごぜ)・小林ハルをモデルにした作品です。瞽女とは江戸時代から昭和の初めごろまで、三味線を手に有縁の村々を流し歩く目の不自由な女性のことで、小林ハルは102歳で吉川英治文化賞を受賞しており「最後の瞽女」と呼ばれた人物です。...
メメント・モリ。女性たちの背後に忍び寄る「死」を色鉛筆で描いた作品シリーズ... ドクロヘアーという名前が似合いそうな髪型の女性を描いたトロントをベースに活動するアーティストWinnie Truong作品です。色鉛筆で描かれており、描かれたすべての女性の髪の毛で髑髏を形作られています。色鉛筆の柔らかい印象とは裏腹に不吉なイメージを想起させます。ファッション的な要素というよ...
こんな風に描けたらいいな・・・旅の思い出を美しく記録した風景スケッチ... こちらはアーティストStefano Faravelliのスケッチ集です。エジプト、インド、イスタンブール(トルコ)、カイロ、ジェンネ(マリ)、中国などを訪れ多くのスケッチを残しています。日本にも訪れたようで、大阪や長野の松本城などがスケッチされています。何気なく描かれているようですが、描かれ...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る