昭和シュールレアリスム。前衛芸術の草分け写真家・山本悍右の世界


山本悍右(Kansuke Yamamoto)(1914-1987)の写真をご紹介します。

これらの写真は1940年代後半〜50年代に多く撮影され、日本におけるシュールレアリスム作品の礎、シュールレアリストの草分け的存在ともいえるアーティストです。セピア調の色調やシンプルで非現実感漂う世界、昭和の独特の空気感が印象的です。名古屋を拠点に活動し、「ナゴヤ・フォトアバンガルド」の結成メンバーの1人として活躍しました。

写真作品と新聞など切り抜きを使ったフォトコラージュをご覧下さい。

超現実は現実の中にあるという言葉とともに、新しい写真はたゆまない実験の中で新しい美しさを作っていく。

wikiより











シュルレアリスムとは何か (ちくま学芸文庫)
シュルレアリスムとは何か (ちくま学芸文庫)

 
 
 

2014年7月31日に投稿された記事を再編集しています。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る