耽美で艶かしい女性たち。大正ロマンを現代に甦らせる画家・佃喜翔の美人画


大正ロマンを代表する画家や画家・イラストレーターでは竹久夢二、高畠華宵が有名ですが、現代にもその息吹を感じさせる作品を制作しているアーティストがいます。

熊本県出身の画家、イラストレータの佃喜翔(つくだ きしょう)(1955-)は歌舞伎・大正ロマンをテーマに美人画や懐かしい少女雑誌の口絵のような世界を描いています。
絹本着色という日本画技法で制作しています。

佃喜翔(つくだ きしょう)






すべての画像を見る






 
 
 

2014年8月4日に投稿された記事を再編集しています。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る