ノスタルジックな世界に恍惚。ダンボールで作られた風景や建物が美しい


こちらはオーストラリア、メルボルン在住のDaniel Agdag(ダニエル・アグダグ)のダンボールで作られた作品です。

ダンボールの材質感や色味が生かされておりノスタルジックな世界になっていますね。実に細やかな手作業が伺えます。

「Lost Property Office(ロスト・プロパティ・オフィス)」(2017)という短編のストップモーションアニメーション(9分45秒)では、監督として制作し、全て手作業で制作され、2,500枚以上のリサイクル紙が使われています。

The Public Office of Daniel Agdag











すべての作品画像を見る

   
こちらが「Lost Property Office(ロスト・プロパティ・オフィス)」の予告編です。

Lost Property Office – Trailer from Liz Kearney on Vimeo.






 
 
 

2014年8月8日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト(15選... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。 かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。 シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出...
飛び出した肉片を連想させる。動物の剥製を使ったグロテスクなアート作品... トロント在住のアーティストRebecca Fin Simonettiの立体作品です。 奇形やキメラを思わせる剥製の他にポリマークレイ(樹脂粘土)や革などが素材として使われています。剥製の足下や体に付いているものは肉片や生皮を連想させますね。問題を投げかけるような意図や社会的なテーマ、抗議などは...
【押さえておくべき名作・23選】過去200年で歴史を揺るがした衝撃的で革新的な芸術作品... 美術史の中で名を残す革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。 Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。 ...
何かが生まれる瞬間!?それとも変身か・・・体内からパワーが噴出するような人間を表現した彫刻作品... こちらはPaige Bradleyの「Expansion」というタイトルのブロンズ彫刻作品です。 「Expansion」は拡大や拡張、発展といった意味があり、まさに1人の人間が内面から変化するような様が表現されています。とてもシンプルで分かりやすいですね。 彫刻作品自体に亀裂のようなもの...
事故!?フィアット(車)を厚さ12cmのペシャンコ状態にした芸術作品... こちらはイスラエルのデザイナーRon Aradの作品。潰された車6台は、イタリアを代表するカーブランド「FIAT(フィアット)」で、結果12センチの厚さの金属になったそうです。何年も前に彼の父親が乗っていたフィアットが車体が粉砕するほどの交通事故にあった時のことが由来しています。 車を丸ごと使...
繊細で妖しい。刺繍で華やかに彩られた手乗りサイズの蛾達... こちらはアメリカのアーティストのYumi Okitaさんの制作した刺繍作品です。綿やフェイクファー、布地、塗料、刺繍糸などが使われています。 蛾特有のワサワサした質感や粉っぽい感じがかなりリアルに表現されています。これらの蛾の作品以外にも、植物や昆虫などの彫刻のシリーズを多く制作しています。 ...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る