再生工場。シドニーにある人形を修理する病院「Doll Hospital」の内部写真


こちらはオーストラリアのシドニーにある人形を直す病院「Doll Hospital」の屋内を撮影した写真です。

一見不気味な写真に見えるのですが多くの人形達を修理する職人達の姿や補修する光景、保存されている様子などとても興味深いものがあります。ボロボロだった人形達がこのような空間で生まれ変わることに神秘的なものを感じますね。芸術家のアトリエ同様、制作現場の裏側をみるのはとても面白いです。
















 
 
 

2014年9月8日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

亡骸となった人形。切なさ漂うモノクローム写真... Fabienne Rolland(1960-)は2013年から2014年の間に中古品や使い古された人形たちの姿を撮影しました。ボロボロになった人形たちは死体のような不気味な雰囲気はあるのですが、どこか悲しそうな表情や寂しそうな瞳はまるで生命を宿しているかように映り不思議な錯覚に陥ります。 ...
怪しいおかっぱ女。宮崎いず美のセルフポートレイトがかなりの中毒性... 宮崎いず美(Izumi Miyazaki)さんのセルフポートレイトがとても興味深いです。なんだろうかこのジワジワ来る感じ・・・なんとも不思議な魅力がありますね。日常?精神世界?宮崎いず美が何人も現れたり、独特の表情を浮かべたり、どこか歯車の合わない現実にいるような感覚を覚えますね。宮崎さんは...
日本の美しさを捉える写真家・保井崇志が撮影する心震える風景... 保井崇志はメディア「RECO」の運営や写真ワークショップなど展開するフリーランスのフォトグラファーです。 京都、大阪、東京を中心にした日本の風景を捉えた写真があまりに美しく、普段気付かない日本の素晴らしさを教えてくれます。奥行きを感じさせる構図、遠近法やシンメトリックな画面からダイナミックでありな...
メキシコの洞窟プール「セノーテ」で撮影された水中写真の透明感が凄すぎて感動するレベル... Christian Vizlさんの水中写真をご紹介します。メキシコにある「セノーテ」をご存知でしょうか?「セノーテ」とは何百万年もの間、降り続いた雨が石灰岩の大地を溶かし洞窟になったもの。メキシコのユカタン半島の世界遺産シアンカアン保護区には推定7,000個近い「セノーテ」があるようです。 その「...
まるで夢の中のような世界。女流写真家サラ・ムーン(Sarah Moon)が捉えた幻想的な情景... フランス、ヴァーノン出身のフォトグラファーSarah Moon(サラ・ムーン)の写真作品をご紹介します。1960年頃は人気ファッションモデルだったのですが、モデルの仕事をしつつ、写真を撮り始め70年から写真家に転向します。それ以降、ファッションだけでなく映画など制作も行い、1979年にはカン...
顔に酸を浴びせられた(アシッド・アタック)パキスタン女性たちのポートレイト集「Domestic Vi... スペイン出身の写真家Emilio Morenatti(エミリオ・モレナッティ)は報復により顔に酸を浴びせられたパキスタン女性たちを撮影しました。撮影された女性たちの顔は見るも無惨な状態になり何度も整形手術を受けてもなお、痛々しい表情を残しています。プロポーズを断ったら、離婚するように夫に言っ...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る